2018年8月18日

ハッピーメールでブロックする方法は?「無視機能」と「見ちゃいや機能」を解説!

出会い系アプリを利用していると出てくる問題…そう、しつこい人や嫌がらせをしてくる人の対応です。

そんなときに安心・快適に利用するのに活躍するのが「ブロック機能」です。安心な出会い系アプリとして有名な「ハッピーメール」のそんなブロック機能について解説します!

ハッピーメールの特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

ハッピーメールにはブロック機能があるのか?


ハッピーメールのブロック機能としては、「無視機能」と「見ちゃいや機能」の2つがあります。

無視しているのに毎日メールを送ってきたり、日記や掲示板にいつも反応してきたり、悪口を言ってきたり、援交の誘いをしてくる人がいたり…出会い系アプリには様々な人がいます。そうするとただアプリを楽しみたいだけなのに嫌な気持ちになったり、ストレスを感じたり、不安になってしまいますよね。

他にも、検索したら知り合いが出てきてしまい、焦った経験がある人もいるんじゃないでしょうか?出会い系を利用してることを知り合いにばれたくない人もたくさんいると思います。

それでは。「無視機能」と「見ちゃいや機能」は何が違うのでしょうか?その違いを詳しく説明していきます。この2つの機能を駆使して、より安心・快適にハッピーメールを楽しみましょう!

無視機能とは

無視機能とは

無視機能とは、嫌な相手との関わりを無くす、相手を完全に拒否できる機能です。
想像しやすいもので例えると、LINEのブロック機能と同じようなものです。

無視リストに登録した相手はどうなるかというと
・相手が書いた掲示板が表示されない
・自分のプロフィールや日記、投稿した画像や動画が見えない
・自分の書いた掲示板が相手から見えない
・相手からのメッセージが届かない

のようになります。これは、もしも相手がニックネームを変えても有効なのでその人自体を完全に拒否できる機能です。

どんな人に使えばいいのか

この無視機能はどんな人をブロックしたいときに向いているかというと、ズバリ「全く関わりたくない相手」です。先ほど述べたように、無視機能は相手と自分の関わりを切ることができます。

なので
・しつこくメッセージやコメントをしてくる人
・嫌がらせをしてくる人
・ばれたくない知り合い

など、自分の存在を隠したい、関わりたくないと思う人に使うと有効です。

例えば、毎日メールしてきたり日記や掲示板にいつもコメントしてきてストーカーのような人、援交の誘いメールをしてくる不愉快な人、すぐに会いたがる人、LINEをしつこく聞いてくる人、悪口を言ってくる人など、様々な人がいますよね。

迷惑で不快に思うなら、この無視機能を是非使ってみましょう。

使い方

無視機能の使い方は簡単です!

まず無視機能を使いたい相手のプロフィール詳細ページを開きます。そのプロフィールページの一番左下にある「その他」→「無視する」を選択します。これで無視登録完了です。

嫌いな相手を無視リストに登録しましょう。無視リストに登録する時に「カテゴリ」と「メモ」という欄が出てきます。この欄では、相手を無視リストに登録する理由などを書いておくと後から見てもわかりやすくなります。

ただ、無視リスト登録できる相手の上限は200件までなので人数には気をつけてください!

また、無視リストを確認したいときは「マイページ」→「無視リスト」で確認できます。解除したい時は、リストのゴミ箱マークをタップして選択するか、解除したい相手を左へスライドして削除を選択すると解除できます。

相手にはどう表示されるのか

無視機能を使ったのはいいものの、相手にはどう表示されるのか気になりますよね。

ハッピーメールでは無視リストに登録しても、相手にその通知は届きません。しかし、前まで見ることができたプロフィールや投稿したものが突然見れなくなったり、メールを送れなくなるので、相手も気付いてしまいます。それを踏まえた上で無視機能を使ってみてください。

逆に、無視機能を使ったことを相手に気づかれるのは嫌だ!という人もいますよね。そんな人には次に説明する「見ちゃいや機能」がオススメです。

見ちゃいや機能とは

見ちゃいや機能とは


見ちゃいや機能とは、無視機能より”かなり”緩いブロックの仕方になります。
見ちゃいや機能に登録した相手はどうなるかというと
・それ以降の自分の掲示板メッセージが見えなくなる

だけです。今までの掲示板は見ることができます。また、見ちゃいや登録した後もプロフィールや投稿した動画・画像は見れますし、メールのやり取りもできます。

もしも相手がニックネームを変えても有効なので、その点は無視機能と同じです。では、何のために見ちゃいや機能はあるのでしょうか?

どんな人に使えばいいのか

こんなに緩いブロックはどんな人に使ったらいいのでしょうか?嫌な人に使っても意味ないですよね。つまりその逆です。見ちゃいや機能はズバリ「いい関係にある人」に使うのです!

ブロック機能を気になってる人に使うなんて想像できないですよね。これには出会い系アプリ特有の理由があります。ではその気になる使い方を説明します。

使い方

見ちゃいや機能への登録は、まず相手のプロフィール詳細ページを開きます。そのプロフィールページの一番左下にある「その他」→「見ちゃいや」を選択します。これで見ちゃいや登録の完了です。

見ちゃいやリストの確認や削除は、無視機能と同様にできます。マイページの見ちゃいやアイコンをタップしたらリストが出てくるので、そこで確認・整理しましょう。

先ほど述べた、見ちゃいや機能は「いい関係にある人」に使うとはどういう意味か。それは、他の人への掲示板でのアプローチを隠すために使うのです!

出会い系では1人に相手を絞ってアプローチするよりも、複数の相手に同時進行でアプローチする人がほとんどでしょう。その際に掲示板で出会いを探していると思いますが、それをいい関係にある相手が見たら関係が崩れてしまうかも知れません。特に女性は、自分以外にアプローチして出会いを求めている男性を嫌います。

つまり、いい関係にある人を見ちゃいや機能に登録し、その人には”あなただけに本気です。”と見せかけておきながら引き続き他の人との出会いを掲示板で探すことができるとういうことです。

相手にはどう表示されるのか

このように浮気バレ対策である見ちゃいや機能ですが、相手にバレる心配はないのでしょうか?結論からいうとほぼ確実にバレません!

見ちゃいや登録された通知は相手へ行きません。掲示板は以前のものは閲覧できるので、最近は投稿しなくなったのかな?と思うだけです。むしろ新しく出会いを求めてないなんて、自分に本気なのね!と思ってしまいます。

他の機能は全て使えますし、閲覧も出来ます。

まとめ


いかがだったでしょうか。無視機能は「嫌いな人」、見ちゃいや機能は「いい関係の人」に使います。

無視機能は
掲示板・画像や動画の投稿・メールのやり取り・プロフィールの閲覧・日記投稿
が全て不可能になります。そのため相手には気づかれてしまいます。

見ちゃいや機能は「掲示板の閲覧だけ」不可能になります。そのため相手には気づかれません。

どちらの機能も通知は直接行くことはありません。ただ、相手が「アカウントを2つ持っている場合」には注意が必要です。見ちゃいや機能は基本的にはバレませんが、アカウントを2つ持っていたら掲示板を確認することができてしまうのでリストに登録されたことがバレてしまいます。

これらのブロック機能を使って楽しいハッピーメールライフを送りましょう!