2018年1月22日

初心者必見!Pairs(ペアーズ)で「いいねありがとう」をもらってマッチングするコツって?

気になった人に「いいね」を送ったら、期待してしまうのは「いいねありがとう」ですよね!いいねありがとうをもらうということは、相手もあなたに興味を持っているということなので、マッチングが成立し、メッセージのやりとりをすることができます。

では、少しでもたくさん「いいねありがとう」をもらうためには、どんな事が必要なのでしょうか?そのコツやメッセージの送り方についてご紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Pairs(ペアーズ)でいいねありがとうをもらうためには


Pairs(ペアーズ)は、参加者の本気度が高い婚活アプリとして有名なので、マッチングが成立すれば、そこから関係性が発展し、デートしたりお付き合いできる可能性は非常に高いです。マッチングは、自分がいくら気に入っていいねを押したとしても、相手から「いいねありがとう」がないと成立しません。

これからできるだけ高確率で「いいねありがとう」をもらうための方法を4つご紹介していきます。

いいねをたくさんもらってる子は狙わない

Pairs(ペアーズ)は相手がもらっているいいねの数が見れます。いいねをたくさんもらっている人は人気がある人なので、もしかしたらあなたも惹かれてしまうかもしれません。ですが、いいねをたくさんもらっているということは、それだけライバルが多いという証です。

ライバルが多いと相手はたくさんの人の中から選ぶ立場にあるので、いいねありがとうはもらいにくいといえます。それだけでなく、仮にマッチしたとしてもマッチした数が多ければ多いほど、メッセージを見落としやすいです。

見てもらえないメッセージは意味がないので、すごく気に入った人でない限り、いいねをたくさんもらっている人は狙わないようにしましょう。

共通のコミュニティの子を狙う

Pairs(ペアーズ)には「コミュニティ」と呼ばれる、同じ趣味の人が集まる場所があります。ジムが好きな人はジムが好きな人が集まるコミュニティに、音楽が好きな人は好きなアーティストのコミュニティに入ることができます。

同じ趣味の人であれば話も合いやすいですし、「理解者」や「同じ時間を共有できる」という印象を与えられるので、非常にいいねありがとうがもらいやすいです。コミュニティの種類も豊富なので、自分に当てはまるコミュニティがないかを探してみてくださいね。

プロフィール写真にこだわる

人は中身で判断すると言っても、Pairs(ペアーズ)での最初の判断材料の一つが写真です。写真の枚数が少なかったり、顔がはっきりわからないものは、どんな人かが伝わらないので「いいねありがとう」はもらいにくいといえます。

なので、写真は最低4枚以上、自分の顔や雰囲気、服装などがわかるものを選び、自分をしっかりとアピールしていいねありがとうがもらえるようにしましょう。

プロフィールはしっかり書く

Pairs(ペアーズ)でのもう一つの判断材料が、プロフィールです。プロフィールが短かったり、アピールができていないものは、いいねありがとうがもらいにくいといえます。

いいねありがとうをもらうためには、できるだけ自分がどんな人間かをわかりやすく書くようにしましょう。例えば趣味が映画であれば、映画のタイトルやジャンルまで書いたり、休日の過ごし方やよく行く場所を書いたりするなど、なんとなくでも人間性が伝わるように書くと、いいねありがとうがもらいやすくなります。

自分が相手のページを見たときに、どんなことが書かれていたら好感が持てるかを考え、恥ずかしがらずに記載することがポイントです。

最初のメッセージは何を送る?

気になった人から「いいねありがとう」が返ってきたら、それはマッチしたということなので、メッセージのやりとりが始まります。メッセージのやりとりで大切なのは、最初のメッセージです。最初のメッセージは印象を決めることなので、ここでミスをしてしまうと、そのまま返信が返ってこないこともあります。

やりとりを続けるためには、好感を与えつつも気軽にできる内容が重要になってくるので、そのコツについてお伝えしていきます。

どんな内容を書くべきか

最初のメッセージで書く内容は、自分の名前と簡単な自己紹介、あとは相手のプロフィールで気になったことです。自己紹介はある程度プロフィールでしていると思うので、できれば相手と共通点があることがいいです。例えば同じ地域に住んでいるのならその名前を、同じ趣味ならその趣味を書いておくと、相手も反応しやすくなります。

共通点がなかったら、自分の自己紹介は省いても大丈夫です。ただ、相手のプロフィールで気になったことは省かないようにしましょう。趣味のことでもいいですし、仕事のことでもいいです。「◯◯って書いてあったんですけど、私もそうなんです!もしかして××ですか?」等、共感をいれて質問できると、話が続きやすいのでオススメです。

例文

最初に送るメッセージの例文は

「初めまして!◯◯です。
同じ××趣味でお話ししたいなと思っていたので、いいねとても嬉しかったです^^
ぜひこれからよろしくお願いします^^

お仕事営業ですよね?私も今営業やっているんですけど、何の営業ですか?」

このような内容だと、共通点も含んでいるし、相手のプロフィールにも触れているので「ちゃんと見てくれてる」「話が合いそう」という印象を与えられます。ポイントは、明るさを出すことと、長くなりすぎないようにするということです。あまり長いと返信が億劫になってしまうので注意しましょう。

いいねありがとうはキャンセルできる?

Pairs(ペアーズ)ではいいねを相手に送るとすぐ通知されてしまうので、キャンセルはできません。なので、迷っている人には送らず、「この人だ!」と思う人にのみ送るようにしましょう。

マッチしてから「間違えていいね押しちゃった」と思っても、メッセージのやりとりが開始してしまいます。もちろん返信するかどうかは自由ですが、自分もマッチしたのに返信がなかったら悲しい気持ちになりますよね。

なので、「いいね」も「いいねありがとうも」ボタンを押す前にもう一度考え、間違った人を選択していないかよく確認してから送るようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)ではマッチするほど恋人候補が増える!

Pairs(ペアーズ)は本気で婚活や出会いを目的として参加している人が多いので、マッチすればするほど、恋人候補が増えていきます。そのために必要なのが、「いいねありがとう」なんです。いいねありがとうをもらうということは、自分が選んだ人と距離が縮まっていくということなので、いいねをもらうよりも嬉しいことですよね!

いいねありがとうをもらったら、必ず自分からメッセージを送り、関係性を築いていくようにしましょう。恋人候補が増えればそのままカップルになれる日も近いので、最初に送るメッセージにも十分注意して恋愛に発展させていきましょう。