2018年4月5日

Pairs(ペアーズ)のメッセージ付きいいねの活用法は?例文とNGを紹介!

Pairs(ペアーズ)の「いいね」は、相手に自分の存在をアピールする上で、とても重要な役割を果たします。「いいね」を制する者がPairs(ペアーズ)を制すると言っても過言ではないかもしれません。

しかし、一口に「いいね」と言っても、facebookやTwitterの「いいね」とは訳が違います。実はPairs(ペアーズ)には「いいね」の他に「メッセージ付きいいね」があるのです。では「メッセージ付きいいね」とは何なのでしょうか。今回はその使い方と、具体的な例文について解説紹介し、より効率のいいPairs(ペアーズ)の利用方法についてお話していきます。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Pairs(ペアーズ)のメッセージ付きいいねとは

「メッセージ付きいいね」とは、読んで字のごとくなのですが、「いいね」に好きなメッセージ(200文字以内)を書き込んで相手に送ることができる機能です。これはPairs(ペアーズ)独自の機能なので、他のアプリをやった経験がある人でもあまり馴染みがないかもしれません。通常の「いいね」では相手には「〇〇さんからいいねがきました」という通知しか来ません。

一方の「メッセージ付きいいね」ではその人に合わせて自分のメッセージを添えられるので、「いいね」よりもマッチング率を上げることができます。しかし、必ずマッチング率が上がる訳ではありません。当然ながらどんなメッセージを送るかによるからです。変なメッセージを添えてしまうと逆効果になるでしょう。では、実際に添えるメッセージは何がいいのでしょうか。次にみていきましょう。

どんな内容のメッセージを送るべきか

「メッセージ付きいいね」は自由にメッセージを入れて構いませんが、一回送るごとに3ポイントが消費されます。ポイントは無料で手に入れる場合、3日で5ポイントですから、易々とメッセージ付きいいねは送れません。そして、送る場合はしっかりと内容を考えて、相手にどう感じてもらえるか想定して作りましょう。

入れるべき内容

メッセージの内容を考えるポイントとしては、次のようなものがあります。

・相手のプロフィールを把握してメッセージを作る
・相手にだけ送っていることが分かるような内容
・礼儀正しい言葉遣い
・「メッセージ付きいいね」を送った理由
・少し面白い内容を含ませる
・相手への質問をして終わる

上記の様に相手への特別感を出しつつ、質問で終わることで返信を促すようにしましょう。相手に興味があることをしっかりとアピールして、まずは自分のプロフィールを見に来てもらうとベストです。

例文

さて、これで「メッセージ付きいいね」を送る準備は完了です。しかし、いざ送るとなると具体的な文章を考えなければなりません。ここではポイントを抑えつつ、例文をいくつか紹介していきましょう。

(例文1)
「はじめまして、都内で営業をしている〇〇といいます。プロフィールのお写真を見て素敵な笑顔だなと思い、お話をしてみたいとメッセージしました。□□さんは△△が好きなんですね!私も△△が大好きで、休日は△△のイベントに行ったりしています。この前のイベントは□□さんは行きましたか?もし気になったら、いいねのお返しをおねがいします(^^)」

(例文2)
「突然のメッセージ付きいいねで失礼いたします。〇〇といいます。コミュニティから来ました。△△が好きというので、お話をしてみたいとメッセージしました。私も△△が大好きで、その中でも☆☆が好きです。□□さんは△△のどんな所が好きですか?△△のお話がたくさんできればと思います。おねがいします(^^)」

以上、簡単なメッセージ内容の例文を紹介しました。内容に質問を含ませたり、相手のプロフィールにある好きなものから切り込むのがいいでしょう。また、最初のやり取りになるので、丁寧な言葉遣いをしましょう。ユーモアもまぜる余裕があれば、入れて構いませんが入れすぎて馴れ馴れしくならないように注意が必要です。

NGなメッセージの特徴

「メッセージ付きいいね」には、送るべきポイントや盛り込むべき内容があります。しかし、反対に言ってしまえば、盛り込んではいけない内容もある訳です。特に何も考えずに送ると、「メッセージ付きいいね」は相手を不快にさせる場合もあり、諸刃の剣とも言えるでしょう。そのため、今度は相手に送ってはいけないメッセージ内容を考えていきましょう。

挨拶のみ

まずは、無難にいきすぎて、挨拶だけになってしまった「メッセージ付きいいね」です。「メッセージ付きいいね」はポイントも使いますし、相手に自分をアピールする機能ですので、挨拶だけですと、アピールにもなりません。ポイントの無駄遣いになり、送られた相手も「この人は挨拶のためだけにメッセージ付きいいねを送ったのか?」と訝しがります。

「メッセージ付きいいね」を送る際に、挨拶しか思い浮かばない場合は、通常の「いいね」に切り替えて送るといいでしょう。何事もアクションをすることの効果を考えて行いたいですね。

定型文そのままコピペ

Pairs(ペアーズ)は将来のパートナーをじっくりと探すツールでもありますが、探す段階では効率的に探すことが重要になります。しかし、効率を重視するあまり、肝心の所で手を抜いてしまわないように注意が必要です。「メッセージ付きいいね」も注意を要する所で、最初に定型文を作ってしまうと、送るのは楽ですが、肝心の効果が薄れてしまいます。

何故かというと、先ほどの「入れるべき内容」で説明したその人にだけ送っていると、分かるメッセージでなければ相手も返信をしないからです。

「きっと他の人にも同じメッセージを送ってるんだろうな」と相手にされません。あなただけに送っているという気持ちを相手に伝えることが大事なので、面倒かもしれませんが、ここには時間を使って対応しましょう。

マッチ率は普通のいいねよりも高くなるのか?

では、実際にこれらの注意点を守って、メッセージ付きいいねを送ると、マッチング率はどれくらい変わるのでしょうか。Pairs(ペアーズ)では費用対効果も大事なので、これで0.1%マッチング率が上がりましたとかだと、利用価値はほぼないと考えていいでしょう。

ただ「メッセージ付きいいね」を送ると返信率が通常の3倍という話もあります。もちろん、「メッセージ付きいいね」はそれだけで効果を発揮するものではありません。

送ってから相手が自分のプロフィールを閲覧して、この人ならと思ってもらうツールに過ぎません。ですが、一定の効果が見込めるのは間違いなく、継続して行えば、結果は歴然でしょう。

メッセージ付きいいねに必要なポイント

先に少し触れましたが、「メッセージ付きいいね」は、無料でいくらでも使える機能ではありません。利用するには費用が必要になるツールです。具体的には1回の「メッセージ付きいいね」を送ると3ポイント消費されます。

どういう形でポイントを入手するかによりますが、ポイントは1ポイント100円程度と考えて大過ないです。つまり3ポイントとは300円相当になります。コンビニでおやつを買うくらいの金額にはなるので、やはり送信する前に多少なりとも検討が必要になるアクションです。

Pairs(ペアーズ)で素敵な出会いにつなげよう

これまで「メッセージ付きいいね」の送り方について、具体的な事例を踏まえながらご紹介してきました。ここまで読んできて分かるように、メッセージには相手の人物像や背景をイメージし、内容に盛り込んでて送らないと響きません。

相手のことを考えるというのは、恋愛において大前提の思考でありアクションです。そして、そのアクションが楽しくもあるのです。Pairs(ペアーズ)の「メッセージ付きいいね」で楽しい恋愛、結婚活動につなげてもらえれば幸いです。