2018年1月22日

ペアーズのブロック・非表示機能は、スムーズで安心なマッチングの味方!

ペアーズには、ブロック機能、非表示機能というものがあります。ペアーズをより安心に快適に利用するためには、これらの機能を上手に活用していくことも大事なのです。

ペアーズにはたくさんの会員がいるので、中には自分とは合わない、どうも苦手、なんて思わせる人もいるでしょう。そういう相手からメッセージがきたり、LINE交換を求められたりした場合に、役に立つのがブロック機能、非表示機能です。

ここでは、その使い方、違いなどを詳しく紹介してゆきます。快適なマッチング、メッセージ交換を実現させるためにぜひ参考にしてみてください!

ペアーズのブロック機能とは

ブロック機能とは

ブロック機能は、一言でいえば相手に自分の存在を確認できなくさせる機能です。公式サイトでは「不快を感じた場合などに、相互に連絡できなくするための機能」とあります。ブロックをした相手の画面には自分のプロフィールなどは一切表示されなくなります。

ここで大事なのは、相手はもちろん自分からもブロックした相手のプロフィールが見れなくなるということです。プロフィールだけでなく、今まで交わしてきたメッセージの履歴なども一切表示されなくなります。

つまり、お互いの存在をサイト上では全く知ることができなくなるのです。マッチング中でもそうでなくても使うことができます。

非表示機能とは

ブロックを使うとお互いに相手のプロフィールを見れなくなるわけですが、非表示機能はちょっと違って、自分だけが相手のプロフィールなどを見られなくなるというものです。自分が興味のない相手を自分の見える範疇から消してしまうということなのです。

ペアーズの会員数はとても多いので、この機能を使えば、この人はパス、という相手をどんどん省いてゆくことができ、効率的に好みの相手を探すことができます。

例え非表示にしていたとしても、相手からは自分のプロフィールは見えるので、もちろん「いいね」などは来ることがあります。ブロックよりは気軽に使えますね。

ブロック方法

では具体的なブロック方法を紹介します。

スマホアプリでは、相手のプロフィール画面を表示して、右上の設定マークをタップします。

メニューが出てくるので【非表示・ブロックの設定】というボタンをタップします。

設定画面で【自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい】という方を選択してください。

【設定内容を変更する】をタップして完了です。

パソコンからは、相手のプロフィール画面を表示して右下にある【表示設定】ボタンをクリックしてください。

非表示・ブロックの設定が表示されるので、ブロックを選択します。

【自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい】という方を選択してください。

「設定する」をクリックして完了です。

非表示方法

非表示方法は、基本的にはブロックと同じ操作をします。

スマホアプリでは、ブロックと同じ手順で【非表示・ブロック設定】をタップします。

ここでは【自分の画面にお相手が表示されないようにしたい】を選択してください。

【設定内容を変更する】をタップして完了です。

パソコンからは、ブロックと同じ手順で、非表示・ブロックの設定が表示されたら、非表示を選択してください。

ここでは【自分の画面にお相手が表示されないようにしたい】という方を選択してください。

「設定する」をクリックしてください。以上で完了です。

ブロック・非表示したら解除できるのか?


一度してしまったブロック、非表示は解除することができるのか。ということについて、結論から言えば、

ブロックは解除できない。
非表示は解除できる。

です。非表示を解除するには、メニュー画面から「非表示ユーザーリスト」を選択すると、非表示中のユーザーが表示されるので、その中から解除したい人を選んで【非表示を解除】ボタンをタップしてください。解除はスマホ、パソコンのどちらからでもできます。

ブロックは、一度設定してしまうともう取り返しがつかないので、それをよく踏まえたうえで使ってくださいね。

ブロックはどんな時に使うのか?

ではどういう時にブロック機能を使ったらいいのか、使うべきなのか。さっきも言ったように一度使ったら取り返しがつかないので、よくよく考えてから使うべきですが、中には明らかにブロックすべき!というユーザーもいます。

会員数がとにかく多いので、その中にはもちろんいろんな人がいます。自分に興味を持ってメッセージを送ってきてくれる人の中にも、自分とは価値観が合わなかったり、どう考えても恋愛、結婚対象にならない、という人もいるでしょう。

そういう人たちをブロックするかしないか、はもちろん自分次第なのですが、発展する見込みが完全にないのであれば、無駄な時間や気遣いを重ねるよりは、ブロックしてしまう、という選択もアリなのではないでしょうか。

または明らかに不快なメッセージを送ってきたり、誹謗中傷を言ってくるような悪質な人がいたら、迷わずそうするのが得策です。そんな相手に1分1秒でも貴重な時間を割きたくはないですよね。

ブロックは、自分が快適にサイトを活用してゆけるように、してくれるためのものでもあるので、本当に嫌だと思ったときには、躊躇せずに使いましょう。

それ以外にも、ペアーズ上で知り合いを見つけてしまった、というときなどにも使えます。その人に自分の存在を知られたくない場合には、すぐにでもブロックをしてしまえば、もう見つかることはありません。

ブロックする相手にはどう表示されるの?

自分がブロックした相手には、自分は一体どういうふうに表示されるのか、というのも気になるところです。ペアーズ上では、あたかも退会してしまったかのように「退会済み」と表示されるようになっています。

なので実際にサイト上では、ブロックされたのか、退会したのかは見分けがつかないようになっているのです。

自分がブロックされているのかどうかを確認する方法


でも、もしも自分がメッセージをやり取りしていた相手が、急に「退会済み」になってしまったら、脳裏には「ブロック?」という文字が否が応にも浮かんできますよね。

確かに「退会済み」と出てくると、もうそこで納得するしかありませんが、もしどうしてもブロックされたのか、そうでないのかを突き止めたい、というのなら方法がないわけでもありません。サイト上で「退会者を表示」に設定すれば、それを見分けることができます。

本当に退会していれば、写真やプロフィールなどはもちろん出ませんが、名前や年齢などは出てきます。ブロックしている場合はもちろんそこに名前はないはずですから、もしも消えた相手がいたのなら、本当に退会したということです。いなかった場合は、残念ながら……ということになります。

でも、もしブロックをされてしまったらのなら、その相手と自分は基本的に合わない、ということですから、時間の無駄が省けた、ぐらいに構えて早めに消化してしまって、次に進んでいきましょう。恋活、婚活は前向きになればなるほど、運が開けてゆくものですから。

ブロック機能を賢く使ってより良いマッチングを

ブロック・非表示とペアーズには利用者が安心して使える機能も、ちゃんと備わっています。真剣に自分に合った相手を探したい、と思っているなら、こういう機能も利用しつつ、賢く使っていきたいですね。

また他の恋活・婚活サイトにも、これに似た機能があり、それぞれ違った特色があるので、自分に使いやすい機能を備えたサイトを、探してみるのもいいかもしれません。