2018年1月29日

男性がキスしたいのはどんな時?男性にキスをしたいと思わせるテクニックを教えます!

「あーキスしたいな」と思っても、やっぱり男性からきて欲しい気持ちと恥ずかしさで、なかなかおねだりできないものですよね。相手の気持ちがわからず、結局そのままキスしないで帰ってしまったことはないでしょうか?そんな寂しい想いをしないために、男性がキスをしたくなる心理や、可愛いおねだりの方法をお伝えしていきます。

男性がキスしたいと思う瞬間・心理

 

男性がキスしたくなる瞬間は、大きく分けると3つあります。もちろんこれだけではないですし、好きな人にならいつでもしたいという男性もいますが、やはり気持ちが高まる瞬間はしっかりとあるんです。

このポイントと心理を押さえておけば、相手がキスしたい瞬間がわかる分、女性からもキスしやすくなりますよね!

女性はいざキスしたいと思っても、タイミングを図っているうちに時間が過ぎてしまい、その気持ちを伝えられないことが多いです。自分の気持ちよりも相手の気持ちを気にし過ぎてしまうので、確信が持てるまではなかなか行動に移せないものです。

だからこそ、男性の心理を知っていれば、キスのタイミングを図ることもなくなりますし、相手の顔色を必要以上に窺うことがなくなります。知っているか知らないかだけでチャンスの数も変わってくるので、このポイントを逃さないよう意識してくださいね!

デートの終わり

楽しかったデートが終わった後、心の中に残るのは「まだ帰したくない」「寂しい」という恋しさです。離れたくないという気持ちが最も高まるので、その分キスしたい気持ちや触れていたい気持ちも強くなります。

特に男性は女性よりも「理性」を保つことに我慢が必要です。その我慢もデートの後であれば解放されるので、キスするには絶好のタイミングと言えます。

デートはどんなデートでも大丈夫です。水族館デートでも食事デートでも映画デートでも、同じ心理が働きます。キスしたい気持ちを高めるためには、その日1日をお互いが笑顔で楽しむことが大切です。

「今日は本当に楽しかった!」そんな気持ちが、デート後は喪失感に変わり、キスしたい気持ちに繋がります。

お酒を飲んだとき

お酒を飲むと男女問わず本音がでやすいです。本音でしっかりと話しながら食事をすることにより、距離感もグッと縮まるんです。お酒が苦手でない限り、デートにはお酒が飲める場所や、お食事デートがオススメです!

距離が縮まった後は、相手に心を開いているので、自分の全てを受け入れて欲しくなるものです。人肌にも敏感になっているので、キスが盛り上がるシチュエーションと言えます。

お酒を飲んだ後にキスするためには、お店を出たら「少し酔っ払っちゃったから、ちょっとだけ歩かない?」といって、外に連れ出すと、相手もタイミングを窺うようになるので、試してみてくださね!

2人きりになったとき

2人きりでいるということは、お互いの親密度が増しているということ。そういった時男性は、常にチャンスを窺っているものです。ですので、2人しかいない空間にいる時は少しだけ隙を見せるようにしましょう。

例えば、少しだけ露出がある服を着たり、普段よりも近い距離に座ったり。話している中で腕や肩を触るなどの軽いボディタッチも効果的です。あからさまな行動でなく、少しだけ距離をこちらから近づけるだけで、男性は「相手も同じ気持ちなんだ」と思うので、キスしてもらえる可能性が高まります。

最初から2人になるとわかっている時は、スカートやヒールを履いて女性らしさを出したり、普段とは違う髪型やメイクで行くようにしましょう。外見に関しては大きな変化をつけると「今日のために気合いれてくれたんだ、嬉しい」という気持ちに変えることが出来ます。

例えば、普段髪を結んでいるなら、デートの日は巻いて下ろしてみたり、普段とは違う口紅やチークにしたり、思い切って短めのスカートを履いてみたりと、おしゃれを楽しんでみてください!

男性にキスしたいと思わせるポイント

では、シチュエーションに関係なく男性に「キスしたい」と思わせるには、どうすれば良いのでしょうか?女性ならふとした時にキスしたくなるものですよね。

どんなシチュエーションであっても、男性に「キスしたい」と思わせるために重要なことをお伝えするので、ぜひ実践してみてくださいね。

唇の保湿は忘れずに

唇の潤いは、男性の心をくすぐります。リップを塗っているつもりでも乾燥しがちな季節もあるので、潤いを保つためにも、夜は化粧水でパックするようにしましょう。

唇専用のものもありますが、もしない場合は、肌の化粧水でも代用可能です。コットンに化粧水を含ませて、そのまま唇にのせます。その上からラップをすれば蒸発せずに保湿できるので、おすすめです。敏感肌の方は注意して保湿するようにしてくださいね!

また、デートの時はリップだけでなく、グロスや口紅などで潤いを見せることも大切です。それが女性らしさにも変わり「キスしたい衝動」を掻き立てることが出来るので、最後の仕上げを忘れないようにしましょう。

いつもよりちょっと甘えてみる

女性から嫌われる「ぶりっ子」ですが、なぜか男性からは受けが良いですよね!それは甘え方をわかっているからなんです。これは「ぶりっ子になれ」ということではなく、甘え方を真似してほしいということです。

例えば、「もう少し一緒にいたいな」や「こっちの席だと隣に座れるから、こっちがいい」など、少し恥ずかしいような言葉も甘えながら伝えると、男性は「可愛いな」と思うものです。普段は絶対に言わなくても、好きな男性の前では勇気を出して甘えてみてください!

女性からキスしたいって言うのはあり?

 

女性から「キスしたい」というのは、言う側はハードルが高いかもしれませんが、言われた側はとても嬉しいものです。男性に「キスしたい」と言われたら、急にドキドキして体が熱くなりませんか?それが、普段滅多に言わない女性から言われるとなれば、その何倍もの衝撃を与えることができるんです。

人が少ない場所やロマンチックな場所、もしくはふとした瞬間に言うと男性の気持ちも高まっているので、嬉しさは倍増します。勇気を出して口に出してみましょう!

かわいいキスのおねだり方法

 

では具体的に、どのようにキスをおねだりすると成功しやすいのでしょうか?簡単な方法を3つご紹介していきます。

口に出して言ってみる

先ほどもお伝えしたように、口に出して言えたら一番効果的です!恥ずかしさもあると思うので、明るい場所よりも夜道やバーなどの暗い場所がオススメです。

ハグして目を合わせる

ハグをした後に目を合わせると、好きな人を目の前にしているので、グッと男性の気持ちが高まります。この時、上目遣いで見るのを忘れないようにしてください。上目遣いで見ながらニコッと笑うととても愛らしい表情になるので、そのままキスできる可能性が高いです。

ほっぺにキスしてみる

ほっぺにキスなら比較的ハードルが低く、明るい場所でもしやすいですが、男性からすれば「可愛いな」という気持ちが高まる瞬間になります。少し背伸びして肩に手を置きながらすると、距離も縮まっているし、ボディタッチもあるので、そのままキスしたくなる瞬間です。

勇気をだしてキスしてみよう!

女性が思っている以上に、男性は女性からキスされることに抵抗はありません。そこに可愛らしい仕草や言葉を付け足せば、癖になってしまう男性も多いはずです。こちらのサインを出すことで、男性からのキスも増えてくるので、距離感もグッと縮まりますね!

なので、緊張してしまう気持ちを少しこらえて、勇気を出してキスしてみましょう!