2018年3月31日

「好き」は重要じゃない!?お見合い結婚での決め手とは!

昨今の婚活ブームから改めて価値が見直されている「お見合い」。始めから両家公認のお付き合いができ、様々な現実的なメリットがあります。
昔ながらの仲介者がいるものではなく、結婚相談所でのお見合いも盛んです。

しかし、時間をかけて相手を見極める恋愛結婚とは違い結婚までのお付き合い期間が短いお見合い結婚。多くの結婚相談所はお見合い後の交際について、3ヵ月や6ヵ月など一定の期間を設けています。そんな短期間でどうやって決めるの?と疑問に思う方も多いのはないでしょうか。
そこで今回はお見合い結婚の決め手となるポイントをまとめました!

お見合い結婚は恋愛感情が決め手ではない


お見合いは相手のことが「好き」だから結婚するのではありません。「嫌いじゃない」から結婚を決めるのです。
通常のお付き合いのように恋愛感情からではなく、「害がない、一緒に暮らしていけそう」のような漠然としたイメージを描き結婚するお見合いカップルが大半です。結婚をしてから恋愛が始まるスタイルなのです。ここが大きく恋愛結婚と異なる点です。

冒頭で紹介したように、お見合いや結婚相談所では交際期間が設定されています。それにはお互いに結婚への判断を促す狙いがあるのです。
お見合いをする方や結婚相談所に入会している方は結婚を目的としています。そんな2人が相手のことを見極めないままだらだらとお付き合いを続けても不必要に時間がかかり、本来の目的から遠ざかることも。

このようにお見合いでは「相手を好きなこと」がよりも「一生をともに過ごせる相手かどうか」という点に重きを置いています。恋愛は結婚して一緒に暮らし始めてからするものということです。お見合い後の交際期間では、相手の良いところを探すだけでなく具体的に結婚について話し合うことが重要となります。

お見合い結婚を決める前に確かめること

借金があるかどうか

奨学金や車のローン、クレジットのリボ払いの残高などを含めて仲介人または結婚相談所を通してしっかりと確認しましょう。

奨学金や車のローンは許容の範囲内という方でもその残高や毎月の支払金額を把握しておく必要があります。返済に毎月いくら必要なのか、生活費を決める上で大事です。
趣味や服などで借金をしている人は要注意。今後も借金を繰り返す可能性があります。

借金があるなんてありえない!という方はその旨を相手のご両親を含めしっかり伝えておきましょう。結婚する前に伝えておくことで牽制することができます。

生活や金銭の価値観に大きな差がないか

まずは相手の現在の生活費を知ることが大事です。携帯代や保険料など毎月必ず発生する支払いについても把握しましょう。
そこであなたと大きく違う価値観を持って入れば積極的に話し合いましょう。

食費はいくら、結婚したら生活費はいくら必要だと思っているか、そういった細かい金銭感覚を合わせることが重要です。

浮気をしないか

前の恋人といまだに連絡を取っている、夜のお店に行く習慣があるなど、異性関係にだらしなくないですか?それぞれ許容範囲があると思いますので、自分の考えをしっかり伝えていくことが大事です。それと同時に自分の交友関係も伝えておきましょう。

心理学にはミラーリング効果というものがあり、好意を持っている相手の行動を真似るというものがあります。あなたが自分の情報を話すことで、相手も自分のことを話しやすくなります。

お見合い結婚の決め手になること

一緒にいて心地良い

日本における離婚の原因の第一位は「性格の不一致」です。数年お付き合いしたあとで恋愛結婚したカップルでも性格の不一致での離婚が多いのはなぜでしょうか?それは「好き」という気持ちが先行して「居心地の良さ」が見えていなかったことが考えられます。

それに対し恋愛感情が先行しないお見合い結婚では「恋は盲目」状態にならずに、本質的に一緒に居られるか、ということに注意が向きます。相手から「悪意を感じない」という安心感が居心地の良さにつながります。

収入や仕事が安定している

今だけでなく将来的な収入の安定さも考慮しましょう。転職の希望や独立の意思がある場合は、しっかり経済的な展望を聞いておきましょう。
同じく借金を抱える可能性にも触れておきましょう。友人の借金の保証人になっていないか、負の財産を相続する可能性はないかなど。

相手の両親とのトラブルがなさそう

嫁姑問題という言葉がりますが、本当に大事です。あなたが義理のご両親とうまく付き合っていけるか、両家の関係性が良いか、が大事です。
結婚するということは相手のご両親に対しての義務も生じます。老後のことや相続の時にも揉めることの無いように、お相手と先に話し合うことをおススメします。

誠実で優しい

当たり前の項目ですが、なかなかそういったお相手には出会えないもの。誠実さとは「まじめで、真心があること」。
具体的なポイントとしては以下のような点が挙げられます。

■ 嘘をつかない
相手を傷つける嘘をつかないことが重要です。

■ 思いやりがある
相手の心情に配慮した言動ができる人のことです。

■ ものを大事にする
感情に任せてものに八つ当たりするなどもってのほかです。

誰にでも優しいのではなく、家族に対してどう接するかというポイントが大事です。ご両親に対してどう接しているかが参考になります。
はじめから完璧な人はいません。2人で過ごす間にお互いに成長していくことができます。

価値観に似ているところがある

特に大事なお見合いの決め手はお金の価値観。浪費しないのはもちろん必要以上に倹約家ではないかもチェックするべき点。
また、余暇の過ごし方も居心地のよい関係を作るにも理解しあう必要があります。

共通の趣味があるとさらに良いですね♪

結婚の決め手に迷ってしまったら

どうして結婚したいのかを思い出す

現代では珍しいお見合い結婚ですが、なぜお見合いしてまで結婚するのか?それぞれ理由があるはずです。
お見合い結婚でも大事なのは当事者たちの想い。好き!とはいかなくても、悪い人ではない、と感じたなら良いサイン。

不安に思うことは思い切って話し合いましょう。場合によっては相手のご両親に相談するのも◎

相手との結婚生活を想像してみる

一緒にいて「楽しい」ことはもちろん重要ですが、一緒に住んで生活していくことを考えましょう。
例えば今の生活スタイルや金銭的価値観。一緒に住むとなると細かいところが気になるもの。2人でどんな結婚生活にしたいのか具体的に話し合いましょう。

どんなインテリアが好きなのか、どんな料理が好きなのか、子どもが何人ほしいかなど、具体的なイメージをすることで現実味が出てきます。
一緒にスーパーに買い物にいってみるのも効果的です。お金の使い方や思わぬクセが見つかるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
お見合い結婚では恋愛感情よりも現実的に一緒に生きていけるかどうかが大事です。お見合いでの決め手となるのはやはり、「居心地の良さ」。
夫婦といえど血のつながりはありません。そんな2人がこの先長く一緒にいるためにはお互いに居場所に感じ、尊重しあえることが大事です。

そして結婚前に金銭感覚や将来の展望や夢を話すことは必須。お互いに譲れない部分があれば事前に話し合って妥協点を見つけることができるのがお見合い結婚です。
通常の出会いが相手のいいところを先に見つけてどんどん嫌なところが見えてくる減点方式なら、お見合いはある程度のラインを超えたお相手のいいところをだんだん見つけていく加点方式です。