2018年3月16日

ハッピーメールの評判は?メリット・デメリットを全部ご紹介します!

みなさんはハッピーメールというマッチングサイトをご存知ですか?ハッピーメールは、誰でも気軽に利用ができるマッチングサイトです。そんなハッピーメールについて、実際にどういうものなのか、お話していきます。

ハッピーメールって聞いたことがある。ハッピーメールは知っているけど、具体的に何がいいのか分からない。そんな人はぜひともこの記事を参考にしてみて、それから実際に始めてみてください。

ハッピーメールの特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

ハッピーメールのメリット

実際にハッピーメールと聞いても、悪質な出会い系サイトじゃないのか、といったマイナスなイメージをもたれる方も多いでしょう。また、マイナスなイメージをもっていなくても、他のマッチングサイトやアプリと何が違うのか、特徴は何なのか今一つピンときていない人もいるでしょう。そこで、まずはハッピーメールのいい所をご紹介していきましょう。興味のある方はぜひ読み進んでみてください。

会員数が多い

一番に挙げられるハッピーメールの長所と言えば、何と言ってもその会員数の多さです。日本全国に総登録者数は1600万人とも言われています。単純に計算すると10人に1人以上は登録していることになります。「登録者が多い」と具体的には何を意味するのでしょうか。

まず一つ目は、多種多様な人が集まるので、人の幅が広いということです。 会員数が少ないと、ある程度年齢層や利用者の傾向が絞られてしまいますが、1600万人もの総登録者となれば、例え自分と合う人がその中の1%しかいなかったとしても、なんと16万人もいることになります。「登録者が多い」ということは、それだけでも大きなメリットなのです。

二つ目は信頼の証であるということです。例えばサービスの悪かったり、トラブルが多発するコンテンツであれば、皆は会員登録はしません。反対に会員登録を皆がするということは、サービスの質は一定以上あるものと認識していいでしょう。10年以上もサービスを続けられているという点からみても、それは明らかです。

安心して使えるサポート・運営体制

ハッピーメールには、トラブルが起こらないように、サポート体制や運営体制を強化しています。例えば年齢認証システムでしっかりと会員の年齢を確認したり、売春や援助交際を斡旋する行為を発見した場合、そのアカウントは問答無用で利用停止処分となり、再登録はできないようになっています。

電話対応も24時間365日対応しているので、万が一なにかあっても迅速な対応が可能ですし、見えない所では、掲示板を巡回して、悪質な書き込みや誹謗中傷などをチェックしています。このような運営の努力と会員へのサポート体制があるため、皆が安心して利用できるサービスとなったのです。

機能・コンテンツが多い

ハッピーメールは利用できるコンテンツの多さも魅力の一つです。例えばハッピー日記という機能は、日々の事柄をつらつらと綴ることができます。この日記は他のユーザーからも閲覧が可能なので、メッセージのやり取りだけしか交流を深める手段がない、他の恋愛アプリなどとは違い、相手の日常を知って距離を縮めることができます。

また、各種掲示板も利用が可能で、様々なユーザーの書き込みをみたり、自分でも書き込んだりできます。相手のプロフィールを見て、メッセージを送り続けるという単調な作業ではなく、いろんな角度から相手にアプローチできるのもハッピーメールの魅力です。

ハッピーメールのデメリット

さて、ここまでハッピーメールの良い所をたくさんご紹介してきました。ハッピーメールはとても有効なマッチングサイトですし、安心安全なサービスなのですが、残念ながら全て完璧、という訳ではありません。

これはハッピーメールに限ったことではありませんが、運営側の努力や、体制の強化が行われても、その間をすり抜ける業者は必ずいます。また、いろんな目的をもったユーザーがいますので、必ずしも自分の求めるものと相手の求めるものが一致するとも限りません。ここでは、ハッピーメールのちょっと悪い部分についてお話をしていきます。

業者が混ざっていることも

よく恋愛アプリやマッチングサイトで聞かれる質問に、業者やサクラがいるのではないか、というものをよく聞きます。運営側は極力排除しようと尽力しているのですが、悲しいことに業者は存在します。主にデリヘル業者や風俗関係の業者です。

ハッピーメールでは様々な目的をもった人が登録をしています。中にはセフレを探している男性もいます。そういう人を捕まえて、商売にしようと考えている業者がいるので、プロフィールや写真、メッセージから判断して、怪しいと思ったら関わらないようにしましょう。また、運営に報告することもおすすめします。

結婚前提の真剣な出会いではないことも

これまでにも度々お話に出たように、ハッピーメールは、様々な人が登録しています。もちろん、真剣な恋愛や結婚を意識して登録している人もたくさんいます。その一方でセフレを探したり、一夜限りでいいと考えている人も大勢います。

せっかく登録して色んなメッセージをやり取りしても、実は「セフレが欲しくて」、「大人の関係」などと言ってくる人もいます。真剣な出会いのみを求めて登録をすると、予想とは違った人からもメッセージやアプローチが来るため、幻滅して嫌になることもあるので、自分の目的と手段をしっかりと考えて登録をしましょう。

ハッピーメールの会員層は?

ハッピーメールは総登録1600万人と言われるだけあって、いろんな人がいます。当然、年齢層も偏りはあるものの、実に様々です。主な年齢層は20代前半~20代後半といったところです。まれに18歳や19歳の登録者もみられます。その一方で何と60歳以上での登録の方もいるというのですから、驚きです。

ただ、高齢の方だと恋愛と言うよりメール友達のような落ち着いた関係を望む人もいます。この幅広い年齢層こそハッピーメールの一番の特徴です。いろんな人と出会って楽しむには、幅広い会員層がいるという点はおすすめです。

ハッピーメールに向いている人のタイプ

さて、実際にハッピーメールをやってみると分かると思いますが、ハッピーメールには向き不向きがあります。しかし実際にやってもいない人からすると、どういう人が向いていて、どういう人が不向きなのかも分かりません。そこで、ここでは向き不向きな人の特徴について、なぜそうなのかという解説も加えてお話していきたいと思います。

メール慣れした人

「ハッピーメール」というサービス名からも分かりますが、ここではいかにマメにメールのやり取りができるか、というのが大事です。

相手と知り合ってからは出会うまでは完全にメッセージでのやり取りになってしまいます。マメにメッセージのやり取りができる人でないと厳しいでしょう。どんなに遅くても1日以内には返信をするよう心がけましょう。とは言え、どんどんメッセージを送るのも逆効果です。ゴリゴリにアプローチしても相手に嫌われてしまうでしょう。程よいメッセージのやり取りができるメール慣れした人は向いています。

割り切れる人

ハッピーメールは沢山の人との出会いがあります。上手く進展すればいいのですが、現実はそれほど甘くありません。場合によっては、関係が途切れてしまうこともありますし、メッセージが返ってこなくなることもあるでしょう。

そんな時に、よし次にいこう。次はどんな出会いが待っているんだろう。出会いもあれば、別れもある。割り切って前進できる人。攻めの気持ちでどんどんアプローチできる人には向いているサービスと言えます。

ハッピーメールに向いていない人のタイプ

ハッピーメールに向いている人がいる、ということは、向いていない人もいるということです。こればかりは相性とも言うべきもので、決して向いていない人の人間性に問題があるという話ではありません。ここでは先ほどとは逆に向いていない人というのはどんな人か、理由と一緒にお話していきます。

失敗を引きずる人

ハッピーメールはたくさんの出会いで溢れています。会員数も多いので、自分の好みにぴったりな人もいるでしょう。そのため、「これだ!」と思い入れの強い人と仲良くなれるととても嬉しいです。

一方で、ハッピーメールで得たたくさんの出会いは、たくさんの別れの裏返しでもあります。自分の好みにぴったりな人と音信不通になったり、ブロックされることもあります。

その時に「あの時は何がいけなかったんだろう」「何で連絡してくれないの」そんな風に考えて、次の人へのアプローチに身が入らなくなる人には向いていません。気持ちは分りますが、出会いと別れは1セットと考え、サービスをフル活用して次の人をさがしましょう。

選り好みをする人

ハッピーメールでは色んな人のプロフィールを見る機会があります。そのため、どうしても自分の理想の人を探そうとしてしまいます。もちろん、自分の好みをしっかりもって探すのは大事です。しかし、あれも欲しいこれも欲しいと、細かく条件を探して、無いものねだりをしてしまうと、いつまでたっても相手が見つかりません。

理想の相手が見つからない限りはいくら利用しても出会い0では、ハッピーメールの意味がありません。かといって、妥協して探した相手とはメッセージは長く続かないことが多いです。そこで、最初にきちんとした現実味のある設定をしてから探しましょう。

キャッシュバッカーや業者もいるの?

ハッピーメールをやる前に一番多いのは、業者やサクラがいるのか、という点です。マッチングアプリ全般に言えることですが、これは信用問題でもあるので、事前に調べて確認することをおすすめします。

ハッピーメールにはサクラはいません。ただ、前にもお話したとおり、業者はいます。運営が厳しく取り締まっても、取り締まってもちゃっかり登録してくるのです。また業者ではなくキャッシュバッカーという存在もいます。最後にハッピーメールを利用する上で一番、注意すべき業者とキャッシュバッカーについて解説をしていきます。

キャッシュバッカーとは

キャッシュバッカーとは男性とのメッセージなどに与えられるポイントを換金して稼ぐ女性を指します。
実は女性は男性と料金体系が違い、完全無料で利用ができます。そればかりでなく、女性は男性にメール送信で2円、メール受信で2円のキャッシュバックがあります。その他、電話やボイスチャットでは1分あたり20円~30円のキャッシュバックがあるのです。

これを利用して、出会う気がないのに男性にアプローチして、お金稼ぎをする人が残念ながらいます。こんな相手とはいくらメッセージ上で親密になっても、会えることはありません。そして、男性ばかりがポイント購入に大枚をはたくことになります。

業者とは

ハッピーメールの業者は主にデリヘルや風俗関係の業者になります。一般ユーザーを装って近づいてくるので要注意です。また、この他にも怪しげなサイトへメッセージを使って誘導する業者もいます。そうして利用者の個人情報を集めようとするパターンもあります。とにかく手口が千差万別なので、挙げるとキリがありません。

キャッシュバッカーや業者に引っかからないようにするためのポイント

 

キャッシュバッカーや業者に引っかからないようにするにはどうしたらいいでしょうか。残念ながら、運営にお任せするだけでは不十分です。きちんと自分の身は自分で守りましょう。ここではそのためのヒントになるような情報を提供したいと思います。当てはまるユーザーを見つけたら、でき得るだけ関わらないようにしましょう。

◆キャッシュバッカーの特徴
・メッセージのやり取りばかりで、直接会おうとしない
・メッセージの長さが短い。相槌程度
・すぐに電話やボイスチャットを使おうとする

◆業者の特徴
・すぐに会おうと切り出す
・こっちでの連絡は運営に監視されているからと、別アプリのURLを送ってくる
・ホテルに誘われる(デリヘルの可能性あり)

キャッシュバッカーの場合は、ハッピーメール内のアクションが換金の対象になるので、メッセージや電話・ボイスチャットを使おうとします。特に電話・ボイスチャットは単価が高いので、こちらに切り替えたがるユーザーは怪しいです。また、業者の場合は誘導系であれば、何かしらのサイトやアプリをすすめてきます。それぞれの特徴を覚えて、引っかからないようにしましょう。

人を見る目を養おう

ハッピーメールをやっていると、可愛い顔写真やスタイルのいい体の写真が掲載されたりで、ついつい、「人との会話」に目がいかなくなることもあります。そんな人の弱みに業者やキャッシュバッカーはつけこんできます。あなたの幸せな恋愛のためにも、写真ではなく人を見る目をつけていきたいですね。最後まで読んでくださりありがとうございました。