2018年3月15日

Pairs(ペアーズ)はなぜバレない?気になるその理由と仕組みを徹底解説!

婚活がアプリを利用したネット上でできるようになり、婚活も従来のお見合いの様な狭い空間ではなく、開かれたオープンな場で行われるようになりました。とはいえ、今でも大っぴらに「婚活アプリやってます」とは言いにくいもので、中には絶対に知られたくないと思っている人もいるでしょう。

そこで、今回は婚活アプリの代表ともいえるPairs(ペアーズ)を例にして、婚活アプリが他の人に知られず安心して利用できるという事を説明していきます。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Pairs(ペアーズ)が知り合いにバレにくい理由

Pairs(ペアーズ)に登録する前に頭をよぎる不安、それは友達や知り合いにバレないのかというところでしょう。
結論から先にお話しますと、Pairs(ペアーズ)に登録しても、友達にはまずバレないと考えていいです。Pairs(ペアーズ)はより多くの人に利用してもらうように、そういったデリケートな部分にもしっかりと対応しています。

ではどんな仕組みでバレにくいようになっているのか、具体的に運営側が取り組んでいることをいくつかご紹介してみましょう。

facebookの友達は自動的にブロック

これはPairs(ペアーズ)がバレにくい最大の理由と言ってもいいでしょう。Pairs(ペアーズ)はfacebookと連動して利用するアプリなのですが、会員登録すると自動的にfacebook上の友達からは閲覧できないように自動ブロックを施します。

つまりかなりの確率で知り合いからはバレないのです。実際に自分も使ってみて、一度も知り合いにバレたことはありません。facebook上の友達限定なので100%とは言い切れないものの、まずバレないでしょう。

名前はイニシャル表記

これもありがたい機能です。facebookと連帯しているものの、いざPairs(ペアーズ)の自分のプロフィールをみると、名前が本名表記ではなく、イニシャルになっています。そのため、当の本人かどうか分かりにくくなっています。

facebookのタイムラインには表示されない

facebookをやると、〇〇さんが「いいね」しました、という通知が来ることがあります。Pairs(ペアーズ)に登録すると、「〇〇さんがPairs(ペアーズ)に登録しました」とfacebook上のタイムラインに通知されるのではないか。そう不安になる人もいるでしょう。

しかし、Pairs(ペアーズ)を始めても、その通知がタイムラインには流れないようになっています。もちろん、友達に直接通知もいきませんので安心してください。

Facebookの友達じゃない人にはバレる可能性が!

ここまで、Pairs(ペアーズ)を始めてもバレませんよというお話を、実際の仕組みを説明しながらおこなってきました。しかし、残念ながらここまでお話した内容は、「100%」ではありません。facebookで友達になっていない人からは、本人のプロフィールは閲覧可能なのです。

もちろん、友達がfacebookからPairs(ペアーズ)のプロフィールページへ訪問するのは不可能です。ただ人生何があるか分かりません。何十万人の人がPairs(ペアーズ)にログインする中で、たまたま奇跡的に知人が見かける場合も万が一、いえ億が一あるのです。

では、Pairs(ペアーズ)に登録したら、後は見つからないように神様にお祈りするだけなのでしょうか。いいえ。運任せではなくきちんと自分で対策を立てて見つかりにくいプロフィールを作りましょう。

よりバレないようにする対策方法

ここではPairs(ペアーズ)をより安心して利用できるように代表的な対策を項目ごとに紹介していきましょう。

ニックネームの付け方

まずはプロフィールの名前をイニシャルからニックネームに変えてみましょう。イニシャルだと苗字と名前の頭文字のヒントになってしまいます。「あれ?このイニシャル友達にいるな。趣味も似てる・・・」などと怪しまれないようにしましょう。

しかし、何も考えずにニックネームを入力するのも危険です。友達にしか言われたことのない特殊なニックネームは、むしろ個人を特定する最大のキーワードです。普段は言われない自分の特徴などを参考に登録時に新しいニックネームをつけましょう。

Facebookの画像とは別の画像を

これも大事なポイントです。facebookは公開を制限しない限りアカウントを持っていない人でも閲覧ができてしまいます。つまりfacebookのアイコン写真は不特定多数の人が見ているのです。その写真をPairs(ペアーズ)のプロフィールの写真に設定したらすぐにバレてしまいます。Pairs(ペアーズ)のプロフィール写真は、普段人に見せない写真にしましょう。

Facebookで友達になっておく

もし、相手のfacebookアカウントを知っているのであれば、こちらからfacebookで友達になるのも一つの方法です。それは、Pairs(ペアーズ)に登録した時点から、自動でブロックされるからです。手間もかからず、運営のブロック機能にお任せする効率の良い方法かもしれません。

「Facebookの友達更新」をする

実は、facebookの友達をブロックするといっても、それは「Pairs(ペアーズ)登録時のfacebookの友達」になります。Pairs(ペアーズ)登録以後、facebookで友達になった人は別個に対応する必要があります。そんな時に役に立つのが、ペアーズの友達更新です。

facebookの友達情報をPairs(ペアーズ)で更新すると、後から友達になった人をブロックします。ついつい忘れがちなので、地味ですがとても重要な作業です。定期的に更新をしていきましょう。

ブロック機能の活用

facebookの友達を自動でブロックするだけではなく、Pairs(ペアーズ)上でも相手をブロックすることができます。相手のプロフィールページの右上のメニューから、「非表示・ブロックの設定」を押してもらえれば簡単に行えます。これは最終手段になりますが、確実な方法ではあります。

プライベートモードとは

ここまで、でき得る限り知人と出会わないよう対策を紹介してきましたが、実は知人に知られたくないという人に向けたサービスがPairs(ペアーズ)内ではあるのです。そちらを先に教えて欲しいと思ったかもしれませんが、やはり本命は最後に紹介するものです。その本命が「プライベートモード」です。

名前のまんまの機能で、不特定多数の人やfacebookで、友達になっていない知人から見つからないようにする機能です。このモードは有料なのですが、使ったら下記のユーザーしか閲覧できなくなります。
・自分がいいねをした相手
・自分と相手が両想い(両方いいねをつけた)の相手

いかがでしょう。この条件であれば、知人が偶然見つけてしまう、ということはありませんね。

しかし、互いにfacebookで登録していなくて、何十万人の交流が行われる中で、たまたま知人と知らずに「いいね」をして、相手もたまたま知人と知らずに「いいね」を返したら、マッチングされてしまいます。本当に知り合いじゃないかを自分でもチェックしてからいいねをするようにしましょう。

自信をもって婚活を

ここまで、Pairs(ペアーズ)がいかにバレにくいのか、お話してきました。運営側の不断の努力と工夫の結晶とも言うべき機能の数々です。ですので、もしもPairs(ペアーズ)の利用がバレるとすれば、意外にもあなた経由でバレることの方が可能性が高いです。つい口が滑ってしまった、Pairs(ペアーズ)を開いたまま席を立つ等、リスクは思いもよらない身近なところにあります。

安心安全な出会いを実現するためにも、アプリだけではなく、自分自身も用心しながら自由な恋愛を楽しんでくださいね。最後まで読んでくださりありがとうございます。