2018年3月15日

Omiaiのブロック機能を知って安心・安全・快適なマッチングを実現!

マッチングアプリのOmiaiには、ブロック機能というものがあります。これは会員同士が安心・安全・快適にOmiaiを活用するために、とても大事な機能なのです。今回は、ブロック機能が実際にどんなものなのか、どんな時に使えばいいのか、などの基本的なことから、一歩進んだ応用編までを詳しく紹介していきます。

Omiaiを始めてみたい、と思っている方、もう使っているけれどもっと有効に活用したい、と思っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ブロック機能がリリース!ブロック機能の特徴


Omiaiには、以前は会員同士のリスクを減らすための機能として「非表示機能」というものがありました。それが2017年12月に廃止され、新たにブロック機能としてリリースされたのです。どういった機能なのか、詳しく見ていきましょう。

プロフィールの閲覧ができない

ブロック機能を使うと、ブロックしたお相手はブロックユーザーリストに入ります。リストに上がったお相手の検索には自分は反映されなくなり、たとえお気に入りにしていたお相手でも、プロフィールを閲覧することができなくなります。もちろんお相手からの「いいね」や「足跡」なども一切表示されません。

マッチング後は相手に退会済みと表示される

マッチングした後に、この人とは合わないかも、と感じることもあるでしょう。ブロック機能を使えば、お相手のメッセージリスト上に自分は「退会済み」と表示されます。以後メッセージなどを送ることはできなくなります。お相手には、自分がブロックしたことはわからないようになっているので、気兼ねなく使えますね。

一度設定すると解除ができない

困ったお相手にはとても有効なブロック機能ですが、一つ気をつけたいのが、一度使ったら二度と解除できない、ということです。なので、使うときは十分に考えてから決断した方がいいでしょう。けれど、この人とは絶対に合わない、この人は怪しい人だ、と確信した場合には迷わず使ってみることをおすすめします。Omiaiを快適に活用するために、ブロック機能はとても有効な手段なのです。

非表示機能との違い


新しく生まれたブロック機能、今まであった非表示機能とはどういったところが違うのか、使いやすさはどうか、などを見ていきましょう。

相手がメッセージを送れなくなる

従来の非表示機能では、マッチングしているお相手に対して、もうメッセージ交換などをしていたなら、お相手のメッセージ一覧には自分が記載されたままでした。なので、そこからプロフィールを検索され、メッセージを送ることもできました。

けれどもブロック機能では、お相手のメッセージ一覧からも、完全に自分を消去することができるので、メッセージを送ることは絶対にできません。これまで非表示にしていても、しつこくメッセージを送ってくるお相手などは、ブロック機能で完全にシャットアウトできるので安心ですね。

再登録してもブロックは解除されない

一度ブロック機能を設定してしまうと、そのお相手が退会したあとにもう一度再登録をしても、解除はそのまま反映されます。ですので、そのお相手とはブロック以降は一切接触を断つことができます。お相手がブロックされたのか、本当に退会したのかを突き止めたくても、できないような仕組みになっているのですね。

どんな場合にブロックするの?


では、実際にどういった時にブロック機能を使えばいいのか、考えられるシチュエーションをいくつかあげてみました。少しでも当てはまるものがあれば、ブロックを使うことを検討してみてください。

気が合わない時

Omiaiは、累計会員数が250万人を超えるなど、マッチングアプリの中でも最大級を誇る、恋活、婚活サイトです。なので会員も千差万別、年齢から趣味、性格に至るまでいろんな人がいます。その中で自分に合うお相手を探していくわけですが、合う人もいればもちろん合わない人もいます。

プロフィールを見て気に入っても、実際にメッセージをやり取りしているうちに合わないな、と感じてしまったり、もしくはプロフィールを見た段階で自分の好みではないのに、お相手からいいね、が来てしまったり、頻繁に足跡をつけられたりしたのなら、Omiaiを快適に使うためにも、ブロックするのが賢明です。

本命1人にしぼりたい時

Omiaiを利用していく上では、複数の会員と同時にマッチングすることもあります。それぞれのお相手の良いところ悪いところ、気の合うところ合わないところなどを、ちゃんと見極めるのは大事なことです。その中で、この人が一番いい、私には合う、と一人のお相手が決まったのなら、他の人たちには申し訳ないけれどもブロック機能を使う、という手段もあります。

もちろんその旨を、メッセージなどで伝えてもいいのですが、お相手が諦めてくれなかったり、ストーカー的な存在になってしまうかも、というリスクを考えれば、ブロックも有効な選択肢と言えます。

友人や会社の同僚を見つけた時

OmiaiはFacebookを活用したマッチングアプリなので、Omiai上で万が一友人や同僚に出会ってしまった場合は、直ぐに自分だと分かってしまいます。それを避けたいのなら、友人や同僚を見つけた時に、直ぐにその人たちをブロックしてしまえば、もう見つかる心配はありません。

こういった問題は、Omiaiだけでなくマッチングアプリを利用する際には常に付きまとうことなので、ブロック機能があるとより安心して利用できますね。

足跡がしつこい時

Omiaiの足跡機能とは、プロフィールを閲覧した時に、そのことをお相手に知らせるための訪問履歴を言います。これを残すことによって、自分のプロフィールを見てくれた人にも自分の足跡を付けたり、いいねを送ったりすることができるのです。

とても有効な機能なのですが、あまり気に入らないお相手から頻繁に付けられたら、不快にも思えますね。また明らかに嫌がらせ?と感じる場合もあるでしょう。そんなときには迷わずブロックすることをおすすめします。

MLMや業者を見つけた時

MLM(マルチ商法など)や業者は、Omiaiなどのマッチングアプリを使う上で、一番気をつけなければならない存在です。彼らはとても悪質で、実際に被害に合う会員も少なくありません。ですので、こういった者を見つけたらすぐにブロックして、なおかつ速やかに運営に通報するのが得策です。

相手をブロックする方法

具体的なブロック方法は下記のとおりです。

・まずはomiaiにログインします。
・次にブロックしたいお相手のプロフィールを検索しアクセスしてください。
・プロフィールの右上にある…をクリックします。
・確認画面で、ブロックする、をクリックします。

以上で終了です。

ブロック数で規約違反判定される事はある?


結論から言えば、そういったことはないでしょう。誰がどんなお相手をブロックしたのかは、運営側には通知されないので、一人が複数の会員からブロックされたとしても、規約違反になることはないでしょう。Omiaiには別に「イエローカード」という規約違反者を通報するための機能があるので、もしも悪質なユーザーを見つけたのなら、そちらの機能を使って、運営に連絡してください。

まとめ

Omiaiのブロック機能をいろいろと見てきましたが、いかがでしたか?ブロック機能は安心、安全にOmiaiを使っていく上で、とても大事な機能です。少しでも快適に、有効に恋活、婚活を続けるために、ぜひ活用してみてください。