2018年3月25日

Pairsで出会った人とデートしたい!そんな時はどうしたらいい?

parisに登録したのはいいけれども、実際にどうやって会ってデートまでもっていくのか、そのイメージができない、そんな人のためにここでは、両想いになったユーザーがどんな流れでデートまで行きつくのか、簡単に説明をしながらデートの方法を詳しくお話していきます。

Pairsでのマッチングからデートまでの流れ

マッチングからメッセージのやり取りまで

まずparisでお互いにいいねをして、初めてメッセージのやり取りができるようにならなければなりません。それまでは単純にちょっと気になるくらいのポジションでしかないのです。メッセージを送る段階に至って初めてあなた個人に目を向ける様な関係が成立します。

メッセージのやり取りからLINE IDの交換まで

さて、メッセージでの連絡ができるようになるといよいよ会話の中からアプローチを行います。最初は互いの趣味や仕事の話になることが多いです。

得体のしれないアプリ上の人物から、ここで現実味のある人間なんだという実感を持ち始めます。会話の回数は5往復くらいが多いですが、盛り上がるようであればもう少し続けても構いません。互いにどんな人物か具体的なイメージがついてきたら、いよいよLINEを交換してもっと深く掘り下げた会話をする準備をします。

LINEでのやり取りからデートまで

LINEを交換したら、あと少しでデートです。この時点で既に相手はあなたのことを気になっています。LINEはこれまでのparisと違い、個人情報をある程度相手に与える格好になります。

なので、parisと比べて、より親密な相手にしかLINEのIDは教えません。ここではparisで行っていたやり取りよりも少し砕けたプライベートな話や、日常の話を展開して安心感や親近感を与えましょう。

PairsからLINE交換までの目安はどれ位?

parisでのLINE交換の目安ですが、これは期間ではなく、メッセージのやり取りをどれだけ行ったかで判断しましょう。なぜなら個人個人によってメッセージをする頻度に差が出るからです。

メール無精な人もいますし、送ったそばからすぐ返信、なんて人もいます。両者だと例えば同じ3日間でもメッセージの量は天と地の差です。一つの目安としては、最初に一つの話題で盛り上がって、その話題がひと段落したタイミングでLINEの交換を打診してみましょう。

互いに盛り上がって、一息つくと次の話題やもっと深く話したいという気持ちが芽生えるからです。そう考えると、最低でも5往復程度はメッセージのやり取りが行われるはずです。場合によってはもっと長くなるかもしれません。

LINE交換後からのデートの誘い方

LINEを交換してメッセージをやり取りするようになったら、今度はデートへ誘う流れが大事になります。

LINEを交換したとは言え、まだ互いのことはよく知らない顔見知り程度の関係です。唐突にデートしようと言うと場合によっては連絡がとれなくなってしまいます。ここでは、主な誘い方や流れを紹介していきます。参考にして上手く流れの中から切り出していきましょう。

よく行く場所や普段遊んでいる場所の話題から

LINEで趣味や好きなものの話をすると、当然どういう所で遊んでいる人なのか、大まかな傾向が見えてくると思います。映画が好きな人は映画館に行くでしょう。絵画が好きな人は美術館に行くでしょう。お酒が好きであれば、Barや居酒屋に足を運びます。

相手の好みに合わせて、デートを切り出します。「へ~〇〇が好きなんだね。今度〇〇に行ってみようよ」という感じであくまで目的は〇〇を楽しむためとして、デートを成立させます。

話が合いそうだと思ったタイミングで

これは前提としてLINEの会話が盛り上がっていなければなりません。レスポンスも早く、往復回数も多く、相手からも積極的に連絡が来ることが条件です。それだけ楽しい会話ができれば、相手もきっとあなたに会ってみたいと思っているはずです。

「いやー楽しいね。もっと色々話したい!今度お茶でもして〇〇の話しようよ!」あまり真剣に誘うのではなく軽くライトに切り出してみましょう。楽しいあなたとの会話をしたいときっと受け入れてくれるでしょう。

美味しかったお店や好きなメニューの話題から

これは、お店の話題性や相手の好みから判断して切り出しましょう。表面上はそのお店に行って楽しむことです。

「この前〇〇ってお店の前通ったけど、凄い人が並んで人気だったよ」「〇〇って人気のお店、凄いいい感じなんだよね。(写真を送って)美味しそうじゃない?」そんな会話を挟んでみると、じゃあ一回行ってみる?という流れができることがあります。

ポイントは如何にそのお店をアピールするかです。事前にしっかりとリサーチして提案しましょう。

Pairsで知り合った人との初デートはどこに行くべき?

初デートの場合は、可能な限りライトな場所を選びましょう。ネット上で出会うというと、今でこそマイナスなイメージは無くなってきましたが、まだまだ抵抗があるという人も多いです。

そこで、ライトなデートをすることで、私は下心がありませんという意思と誠実さを伝えることができます。間違ってもホテルなんかには誘わないでください。

明るい雰囲気のお店

暗いお店だと、どうしても相手に何か意図があるのではないか、と思われてしまいます。夜のBarやクラブなどは論外です。お店ではありませんが、プラネタリウムなどムードがある場所は選ばないようにしてください。初回のデートでは相手が引いてしまいます。

静かすぎないお店

静かなお店というのは、相手とじっくり話がしたいという時に使ったりします。もちろん、じっくり話したいのですが最初から二人きりで話そう、という空気を出してしまうと、露骨なアプローチと感じてしまう人もいます。まずは、適度に雑音があるお店を選びましょう。

女性好みのメニューが豊富なお店

これは単純な話ですね。相手が好きな食べ物や好きなものが選べるメニュー豊富なお店を選びましょう。好きな食べ物はとても嬉しくなりますし、テンションも上がります。そして、あくまで食べ物で盛り上がるのでライトな空気感を作り出せます。

「この〇〇美味しい!」「美味しいよね~。こっちの△△も美味しいよ!食べてみて」こんな会話をすると相手の好みも分かりますし、これが好きなら今度こういうお店があって、と次のデートにも誘いやすいです。

初デートまでにしておきたいこと

ここでは初デートまでに準備しておくことを紹介します。当日に会話が続かない、なんてことのなよう対策を立てていきましょう。

身だしなみを清潔に

人は見た目じゃないとは言いますが、限度があります。最低限のマナーは守りましょう。服はヨレヨレになってないか、肩にフケが落ちてないか、鼻毛が出てないか。細かくチェックしてから出かけましょう。

相手のプロフィールを熟読する

これまで会ったことのない相手です。デート中はプロフィールを見ながら話すわけにもいきません。しっかりと相手の情報を頭に入れ、当日は相手の好きなもの、興味のあるものを把握した会話を心がけましょう。

LINEのやり取りをしすぎない

これも意外と大事になります。話が盛り上がり、相手もどんどん連絡をすると色んな話題になると思います。

しかし、話題をLINEで使い果たして、デートでは無言、などは本末転倒です。保険のためにも、一番話したいことや聞いてみたいことは残してデートに臨むといいでしょう。

会った時の話題を考える

これも上記の内容と少し重複しますが、デートで相手と会った時の会話をある程度シミュレーションしておきましょう。一言一句対応を考えると失敗するので、イメージ程度で問題ありません。如何に具体的にイメージできるかが大事です。

小さなことから確実に

parisというアプリとは言え、ネットでの出会いは立派な出会いです。せっかくきっかけができたのであれば、それを発展させるに越したことはありません。そのためにも、あなたという人間をより知ってもらい、相手と良好な関係を作れるようにしていきましょう。この記事を読んで、少しでも参考になれば幸いです。