2018年3月2日

【男女別】されて嬉しい告白場所がどこ?選び方や、告白を成功させる秘訣を大公開

告白はされるだけで嬉しいものですし、好きな人から告白されたらこれからのことで胸がいっぱいになりますよね!ですが、もし好きな人からロマンチックなシチュエーションでムードたっぷりに想いを伝えられたら、一生の思い出に残ると想いませんか?

告白をする側になったら、そんな一生の思い出を残せるようにするために、場所選びが非常に大切になってくるんです。そこでここでは告白されて嬉しい場所や反対にがっかりされる場所を男女別でご紹介していきます。

告白に場所は重要?

告白は言うことで精一杯になってしまい、言葉選びに必死になりがちです。もちろん最も重要なのは自分の気持ちを伝えることなので、一番時間をかけて準備するのは、どんな言葉で告白するか、ということになります。

ですが、もし自分が告白されるのであれば、理想のシチュエーションはありませんか?ドラマや漫画の影響を受けている方も多いと思いますし、特別扱いしてほしいと思う方もいるかもしれません。墓地や廃墟で告白されたいという方がいないように、誰しも理想があるんです。

なので、告白は滅多にされることがない分、こだわればこだわるほど印象にも記憶にも残りますし、胸がいっぱいになります。告白の場所は「2人の思い出の場所」ともなるので、しっかりと選んでおけば後々大きな意味を持つ場所になるんです。

【女性版】嬉しい告白場所とは

女性が告白されて嬉しい場所は、「自分だけが特別扱いされているような場所」や「ムードがあるロマンチックな場所」を好む方が多いです。女性の方が男性より映画やドラマの影響を受けているので、女性が好きな恋愛映画などを参考にするとわかりやすいです。

夜景の見える場所

鉄板で人気なのは、夜景です。やはり夜景のようにキラキラしたものを女性は好みますし、夜暗い中で2人でいると、それだけでドキドキするものです。夜景が綺麗な場所は友達とはなかなか行かないですし、年に1度行くか行かないかです。

そんなムードたっぷりな場所で告白されたら、ムードに押されてOKをだしてしまう女性もいます。心に残る思い出として友達に自慢したり、記念日には毎回訪れる場所にもなったりするので、夜景がきれいな場所が近くにないか、今から探しておきましょう。

デートの帰り道

デート中は緊張もしていますが、お互いにたくさん話しをして緊張もほぐれ、あなたのことを気にかけている状態です。そこでしっかりと好印象が伝わっていれば、その熱い気持ちのまま告白すると、熱が冷めないのでOKをもらいやすいです。

デートの帰り道は「今日は楽しかったな」「もう少し一緒にいたいな」と思っているタイミングですし、一緒にいることに心地よさを感じている状態です。なのでこのタイミングを逃さないよう、デート開始前から告白のセリフを準備し、最後は少し歩きながら人気のいないところにいって告白をしましょう。

車の中

車の中は距離が近く、2人きりになれる密室です。そんな状況でドキドキしているのはあなただけでなく、女性も同じです。車の中で告白するときは夜を選び、できれば女性を家まで送った後にそのまま告白しましょう。

家の前まで着いたら「もうこれで終わりか」と少し残念な気持ちになります。その少し残念な気持ちのタイミングで告白をすると、落ち込んでいた分嬉しさも跳ね上がり、さらにドキドキ感を演出できます。

【男性版】嬉しい告白場所とは

男性は女性と違ってロマンティックなムードより、何気ない日常の中でふとした瞬間に告白されることを好みます。なので男性の場合は場所を選ぶよりも「タイミング」を重視して告白をするようにしましょう。

部活や会社の帰り道

部活や会社の帰り道は1日の疲れがたまり、最も「癒し」を欲してる瞬間です。男性は外では「頼られたい」という願望が強く、本心を隠して過ごしている方が多いです。なので肉体的だけではなく、精神的にも癒しを求めているんです。

そんな瞬間に好きな人から告白をされたら、疲れも忘れて本当の自分になることができます。好きな人には甘えたいものですし、最も癒しを感じる瞬間でもあるので、なかなか告白の場所が決まらない人は帰り道を選びましょう。

駅・バス停などの別れ際

駅やバス停は「離れがたい」という気持ちが最も強い瞬間です。少し寂しさを感じているタイミングで告白をすると、その嬉しさは倍増します。

また、そのままお互い家に帰ることで、帰り道を余韻に浸れますし、次に会うのが楽しみで仕方なくなります。男性の気持ちを高められる数少ない瞬間なので、勇気を出して別れ際に告白をしてみましょう。

花火などのイベント

イベントごとを一緒に過ごすと、その日1日を楽しく過ごしたことであなたの好感度がぐっと上がっています。「この人といたら楽しいだろうな」と思っているタイミングで告白することで、OKをもらえる可能性が高くなります。

楽しい時間は過ごせば過ごすほど、離れがたい存在になるので、告白のタイミングで迷っているのであれば、一緒に出かけられるイベントがないかを探してみましょう。

ここはNG!がっかりされる告白場所は?

喜ばれる告白場所がある一方で、がっかりされる告白場所があります。それは大衆の前やガヤガヤした居酒屋等です。告白は真剣に相手と向き合う場ですし、ドキドキした気持ちで話を聞くのが醍醐味となります。

ですが、そういった場所では声がなかなか聞こえない可能性がありますし、ムードもないです。多くの人の前よりも2人の思い出にしたい方が多いので、なるべく人気のない場所を選ぶようにしましょう。

告白する場所の選び方・ポイント

ポイントとしてはやはり、相手の趣味嗜好に沿っている場所が良いです。お酒が好きな人なら、カウンターで落ち着いて飲めるようなバー、ドライブが好きな人なら海沿いを走って夕焼け刻に告白するなど、喜ばれる場所と相手の趣味を考慮することが大切です。

先ほどもお伝えしましたが、相手が人混みの多い場所が好きであっても、告白になったら人がいない場所に移って告白をするようにしてくださいね。

告白の可能性を上げるポイント

告白の可能性をあげるためには、1日の終わりに告白をすることです。デートの半ばで告白してしまうと、ダメだった時に気まずいですし、OKだったとしてもどう接したらよいかわかりません。不安や焦りから早く口に出してしまいたいものですが、ここは1日の終わりまでグッとこらえて、告白の可能性をあげましょう。

それに夜の方が自分の表情もある程度隠せますし、恥ずかしさも軽減します。相手も周りがよく見えない分、告白に集中してくれるようになるので、成功する可能性が高くなります。

告白の場所は一生の思い出になる

告白する場所は一見あまり関係ないように感じますが、そのままその人と結婚するとなれば、2人の一生の思い出となります。プロポーズよりも大切な「2人の始まりの場所」と考える方も多いので、この告白が一生を左右するかもしれません。

なので、恥ずかしいからといって電話やメール、LINEで済ませてしまうと、2人の思い出の場所が1つなくなってしまいます。どんなに勇気が出なくても、1言でもよいので直接好きな気持ちは伝えるようにしましょう。

2人の思い出は特別な場所でなくても構いません。2人の馴染みの場所やいつも一緒になる駅等、ありふれた場所で大丈夫なので、顔を見て告白はするようにしてくださいね。