2018年3月15日

女性の口説き方で大切なのは?上手な口説き方や方法まとめ

女性と男性の考え方は全く違うため、男性からしたら女性心理は理解しずらく、どうアプローチしたらいいか悩んでしまうものですよね。表面に出ている仕草や言葉だけでは気持ちを読みにくく、コロコロと感情が変わってしまうため、何を考えているかがわかりずらいです。

そこでここでは、女性心理を駆使してアプローチするための、上手な口説き方をご紹介していきます。今気になっている女性がいる方は、これを参考にして女性の心をぐっと掴みましょう!

女性の上手な口説き方

女性の気持ちは理解しにくいと思ってしまいがちですが、実は正しい言葉を選んだり、正しい行動をするだけですぐに気持ちが動いてしまいます。

「女性はイケメンが好き」と勘違いしている男性も多いのですが、実際にお付き合いを考える男性はもちろん外見ではなく、中身を尊重する方が多いです。少し太っていたり、背が小さかったり、頭皮にコンプレックスがあったとしても、自分を大切にしてくれる男性を素敵に思います。

上手な口説き方とは「自分の事だけを見てくれいる」「自分の事を大切に扱ってくれている」「気遣ってくれている」という点が満たされる話し方や仕草のことなので、この点をしっかりと意識してアプローチするようにしましょう。

これから6つの口説き方のポイントをお伝えするので、自分にできそうな事から取り入れて、気になっている人に自分からアプローチしていってください。

第一印象

まずは自分の第一印象をはずさないようにしましょう。女性が好むのはイケメンではなく「清潔感のある男性」です。清潔感とは、ワイシャツにシワがない、髪に寝癖がない、服や靴に汚れがない、体臭がきつくない、等が当てはまります。

お金をかける必要はないですし、おしゃれである必要もありません。何かを新しくする必要もないのですが、最低限上記の事は意識しましょう。
ワイシャツのシワがあれば朝アイロンをかけたり、汚れていればそれを落とすか、新しく買い換えます。寝癖や体臭が気になるのなら毎朝お風呂に入って清潔感を保ちましょう。そういった少しの心がけが、あなたの印象を決めます。

もちろんこれは第一印象だけでなく、今既にあっている人にも有効ですし、継続すればするほど好印象を持ってもらえるようになります。直接的な口説きにはなりませんが、準備段階としてかかせないのが、あなたの印象です。

連絡の取り方

口説く段階で一番難しいのが、連絡の取り方です。連絡の取り方は性格が出やすく、女性は連絡の仕方、言葉の選び方一つであなたの事を判断してしまいます。

まず連絡先を聞いて最初の連絡をするときは、連絡先を教えてくれたお礼と何か一つだけ質問をするようにしましょう。質問は相手の趣味や好み、仕事の事、もしくは会った際に気になった事が良いです。
あまり最初からプライベートに入りすぎるとびっくりされてしまうので、女性が簡単に答えられそうな質問を考えるようにしてください。その質問に答えてくれたら2往復くらいやりとりをして連絡は終わりです。

あまり最初から長く続けてしまったり、長文のやりとりが続くと、女性に気を使わせてしまいます。気を使わせないように、連絡頻度は週1〜2回、返信の速度は相手の女性と同じくらいを心がけると、あなたの気遣いも伝わるので、好印象となります。

相手の女性も楽しそうに連絡をしていたり、返信速度が速くなってきたら回数を増やして少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。

ほめ方

女性を褒める時は具体的な方が良いです。相手の髪型が可愛かったら「この前の髪型よりも今日の髪型の方が可愛いね」「そのワンピース◯◯さんにすごく似合ってるよ」等、細かい事に気付いてあげましょう。

男性からしたら「なんか雰囲気が可愛い」とか「全部可愛いと思うんだけどな」と思ってしまいがちな事でも、女性は準備に時間をかけている分、細かいところを見てもらえると嬉しいものです。

なので漠然と「可愛い」や「綺麗」と言われるより、何が可愛いのか、何が綺麗なのか、どう似合ってるのか、とより細かく言ってもらえる方が嬉しいです。少し言うのは恥ずかしく感じてしまうかもしれませんが、ここは女性を喜ばせるために勇気を出して言ってみましょう!

ただ注意しなければいけないのが、他の女性もいた場合です。他の女性もいる時はあからさまに狙っている女性だけを褒めると、女性間の空気が悪くなってしまうので「狙ってる女性だけは細かく、他の女性はざっくりと褒める」と意識し、アプローチしましょう。

気遣い

気遣いをされると女性は「特別扱いされている」と感じ、異性としての意識が高くなります。それがさりげなければさりげないほどスマートな対応となり、女性をドキッとさせる事ができるんです。例えば、一緒に食事に行ったなら、次の飲み物を常に気にしてくれたり、自分から話しかけてくれるだけでも女性は嬉しいです。帰りにコートを着せてくれたり、歩く時に歩幅を合わせてくれるだけでも女性は「気を使ってくれてるんだな」と気づくものです。

反対にこれがないと、女性は不快感を感じる事があります。「私が頑張らないとこの人は何も気づいてくれない」と思ったら、その先には進もうと思えないんです。気遣いはその人の性格が出る事ですし、どれだけその人の事を考えられるかがわかります。

一緒にいる時は常に細かい事に注意し、相手の女性がその日1日を気持ちよく過ごせるよう考えてみましょう。

デートの場所

デートの場所も友達と行くような場所より、デートだからこそ行く場所が良いです。例えばカウンターで隣に座るバーや、L字のソファー席で正面よりも距離が近い個室、もしくは話題にも困らない映画や水族館などです。

デートはその場やお店を楽しみに行くのではなく、その人自身を知るために行きます。なので口説くと決めた時には少し薄暗い場所や、近い距離でいれる場所を選びましょう。ただ、場所選びに集中しすぎると、女性の家から遠くなってしまったり、行きにくい場所になってしまう可能性もあるので、女性が行きやすい場所を最優先で考えてくださいね。

その際の注意点としては、敷居が高すぎる場所は避ける事です。高級なイタリアンや料亭のような和食屋さんは行くだけで緊張してしまいますし、お金を気にしてしまいます。何より、女性は自分の見た目を気にするので、場違いな格好を嫌がります。

ある程度行きやすい場所や歩きやすい場所、敷居が高くなくともムードがある場所を厳選し、リサーチを怠らないようにしましょう!

自分に自信・余裕を持つ

余裕のない男性は何より「頼りなさ」を感じてしまいます。女性は男性に頼り甲斐や包容力を求めている方が多いので、おどおどした様子を見せたり、猫背になってしまう事は避けてください。

また、頼りなさは会話からも感じます。早口になってしまったり、自虐が多すぎたりすると「この人は自信ないのかな」と感じてしまうので、注意しましょう。そう感じさせないポイントは、「聞き役に徹する姿勢を見せる」という事です。

女性は話すのが好きな方が多いので、話したい内容を会話の中から聞き出してあげます。女性が話す事を楽しそうに聞いたり、その内容に興味を示して質問をしたりすれば、女性は楽しく感じますし、自分の自信のなさも目立たないので、一石二鳥です。

上手な口説き方のポイントは観察力

 

女性を口説くとなると少し敷居が高く感じてしまう方もいるかもしれませんが、実はとても簡単です。目に付いた可愛さを伝えて、今出来る限りの気遣いをして、女性が話したいであろう話を聞く。

こういった事は少し恥ずかしいだけで、相手をよく観察していれば誰にでも出来る事です。口説きたい女性がいるならまずはその人の事を徹底的に観察しましょう。そうすれば自然と求めている事がわかるようになるので、自信を持って話しかけてみてくださいね!