2018年3月13日

告白されたらどうすればいい?OKの時とNGの時の返事の仕方

気になっている人に告白されたら嬉しさのあまり言葉に詰まってしまい、なかなか良い返事ができないことがあります。反対に断る時は勇気がいりますし、少し罪悪感も感じてしまうものですよね。

告白された時の返事は、あなたの言葉一つで相手が喜んだり、落ち込んだりしてしまうものなので、慎重に考える必要があります。そこで、相手に嫌な気持ちをさせない告白の返事の仕方をご紹介していきます!突然の事態に備えて、ぜひ今から参考にしてくださいね!

告白の返事をするときのチェックポイント

告白の返事をする時、自分の気持ちが定まらなくて悩んでしまったら、どんな風に考えて返事をしたら良いのでしょうか?

悩んでしまう時は自分の気持ちに整理がついていない時なので、その気持ちの整理を後回しにしてしまいがちです。なので、そんな時はこれからお伝えするチェック項目を参考にしてみてください。

彼ともっと仲良くなりたいと思う?

告白されたということは、相手があなたとこれまで以上に深く関わっていきたいと思っているということです。「もっと仲良くなりたい」「もっと親密になりたい」という気持ちの表れなので、あなた自身も同じように考える必要があります。

今目の前にいる相手と「もっと連絡をとりたい」「もっと一緒の時間を過ごしたい」こんな風に思えれば、それは相手の告白をOKすべきです。反対に、現状で満足していたり、今がちょうど良い関係だと思うのであれば、お付き合いしてもあまり盛り上がらない可能性が高いので、お断りすることを視野に入れていきましょう。

彼が他の人に取られたらイヤ?

「好き」という気持ちには、どんな人でも少なからず独占欲が生じます。「自分のもの」とまではいいませんが、告白してきた相手が自分ではなく他の人と付き合ったらどうなるでしょうか?

あなたとのこれまでの時間は減っていきますし、優先順位もかなり下がります。今までとっていた連絡もしにくくなりますし、うかつにプライベートに入ることもできなくなります。

それに対して寂しさを感じたり、「他の人に取られたくない」と感じるようであれば、告白の返事はOKする方向で考えていきましょう。

告白されたとき嬉しかった?

自分の心は自分にしかわかりませんし、とても正直です。なので「好き」と言われた瞬間にドキッとしたり、素直に嬉しいと感じたら、それは本能で相手を求めている証です。そうなったら断る理由を一生懸命探すよりも、もっと良いところや好きなところを見つけるようにして考えてみましょう。

告白の返事の伝え方

告白の返事は伝え方次第で相手を喜ばせたり、落ち込ませたりしてしまいます。告白するというのはとても勇気がいることですし、一生懸命気持ちを伝えようと考えて告白をしています。

なので、どんな答えになろうと誠実な対応で返事をすることを心がけましょう。そのために必要なのは言葉選びなので、OKの場合とNGの場合、それぞれの返事の仕方をご紹介します。

OKのとき

OKの時は両思いになるということなので、それだけで相手も幸せな気持ちにすることができます。なので、ここは恥ずかしがらず、言葉に出して「好き」という気持ちを伝えましょう。

「これからよろしくね」や「あたしもそう思ってた」などの曖昧な言葉だけでは、告白してくれた相手に対して誠実とは言えないですし、最上級を喜びを与えることはできません。

「相手にも幸せな気持ちになってほしい」と思うのであれば、自分の感情をしっかりと言葉で話すことを心がけるようにしてください。余裕がある時は、相手の好きなところを伝えるのも良いです。できるだけストレートな言葉が鍵となるので、この点を意識して返事をするようにしましょう。

NGのとき

残念ながらNGの時は、そのまま保留にして返事をすることから逃げたくなってしまうものですが、これをしてしまうと相手のトラウマになってしまいますし、あなたに告白したことや好きになったことを後悔してしまうようになります。

なので、必ず返事をすることから逃げないようにしましょう。その中で傷が浅くなるような言葉、告白してよかったと思ってもらうような言葉を選ぶ必要があります。そこで有効なのが、相手の良いところを言ってから返事をすることです。

例えば「私も◯◯くんの××なところにすごく思いやりを感じるし、何度も助けられたから、こうやって好きになってもらえたことがすごく嬉しい。でも今はまだ余裕がなくて誰かと付き合うってことを考えられないんだ」

こんな風に、相手には好感を抱いていることを伝えた上でNGの返事をすると、相手は残念な思いはしますが、嫌な気持ちにはなりません。相手の良いところをたくさん伝えつつ、お断りをするようにしましょう。

返事を保留したいとき

返事の保留は悪いことではありませんが、保留されている間相手は常に緊張していますし、気が気じゃないはずです。なので保留したい旨を伝える時は「1週間返事待ってもらってもいいかな」等と期限を設けるようにしましょう。

1週間というのはあくまで例なので、自分の好きな期間を選んで良いです。ただ、その期限は必ず守るようにし、期限が過ぎる前に自分から返事の連絡をするようにしましょう。

好きかどうか分からないときはどうしたらいい?

好きかどうかまだわからないけど、気になってはいる。こんな状態の時はどのように返事をしたら良いのでしょうか?選択の仕方を4つご紹介するので、自分に合う選択を選んでみてくださいね!

一旦付き合ってみてから考える

まだ気持ちが安定していなくとも、悩むということは相手のことを気にしている状態です。なのでまずは付き合ってみて、この気持ちが好きなのかどうかを確かめるのも一つの手段です。

付き合うと一緒にいる時間が長くなるので、そばにいるうちに相手の良いところが見えて好きになることは多いです。なので相手のそばで前向きに考えながら付き合っていくのも良い方法と言えるでしょう。

素直な気持ちを伝えて待ってもらう

素直な気持ちを伝える時は、ネガティブな表現にならないように気をつけましょう。まだお互いに希望はある状態なので、ポジティブな言葉で気持ちを伝える方が、相手もよりアピールをしてくるようになるので良いです。

例えば「あなたのことを気になっているのは確かで、一緒にいたら楽しいと思う。でもまだ本当に好きなのかわからないから、もう少しまってもらってもいいかな?付き合うならちゃんと気持ちを整理して付き合いたいんだよね」このように、ポジティブな言葉で誠実な気持ちを伝えるようにしましょう。

友達として何回かデートしてみる

友達としてデートをすると、自分も気楽な気持ちで楽しめるので良いです。デートをするうちに「この関係を終わらせたくない」と思ったらそのまま付き合えば良いですし、恋人ではなく友達だと思ったら、素直にその気持ちを伝えるようにしましょう。

はっきり断る

自分の性格上「好き」となるまでは中途半端な行動はしたくない、と思うようであれば、この気持ちの時点で断るようにしましょう。人の気持ちは変わりますが、それが明日かもしれないですし、1年後かもしれません。

そうやって相手を振り回したくない、という気持ちが出てきてしまったら、その思いを伝えて断ると、自分も相手もスッキリしますし、前を向けるようになります。

告白された時の返事は誠実に!

告白されたら、何よりも考えなければいけないのは誠実に返事をすることです。好きな人からでない告白だとしても、相手にとっては一大決心をして告白しているので、その気持ちには応えるようにしましょう。

言葉選び一つで相手の気持ちは変わってくるので、慎重に言葉を選びつつ、今後も関係性をよくできるような決断をしていきましょう。