2018年1月28日

カップルの喧嘩の原因は?カップルの喧嘩事情から仲直りの方法まで徹底解説!

仲がいいほど喧嘩する、というのは果たして本当なの?できることなら、喧嘩なんかしないでいつだってラブラブでいたい。というのが本音なのでは?

どうすれば喧嘩をしないでいられるのか、そして喧嘩をしてしまったときには、どうやったら上手に仲直りができるのか、カップルたちのいろんな事情を見ていきましょう。

カップルが喧嘩してしまう原因とは

カップルが喧嘩になってしまうのは、もちろんそれぞれ、いろんな理由や原因がありますが、大きくまとめると下にあげた4つの事情に分類されるのではないでしょうか。それらを一つ一つ見ていきながら、カップルがなぜ喧嘩になってしまうのかを紐解いてゆきましょう。

生活習慣の違い

お互いにまったく違った環境で育ってきた二人が出会い、恋に落ちてお付き合いを始める。最初は好き、という気持ちだけでいろんなことが許せたのに、段々と細かなことが気に障り始めて……。ということはよくあります。

相手の癖や、ちょっとした習慣に違和感を感じて、それを指摘したら喧嘩になってしまった。逆に相手の方から指摘されてカチンときてしまった。など相手のことを知れば知るほど、その違いに気づかされてしまうもの。

育ってきた環境が違うのですから、いろんな事が違うのは当然のこと。多少の違いには目をつむり、共通点を見つけ、それを広げてゆくことが、無用な喧嘩を減らすことになるのではないでしょうか。

嫉妬や束縛

愛しているから、嫉妬も生まれるし束縛もしてしまう。恋愛においては多少ならずとも、こういう悩みは付きまとうもの。それが喧嘩にまで発展してしまうのは、やはり行き過ぎてしまっているからでしょう。

嫉妬や束縛が全くない関係、というのも逆に味気ないもの。要はその度合いなのではないでしょうか?お互いがそれぞれに満足できる度合い、を見極めてそれを超えない程度の「嫉妬と束縛」なら、二人の関係にとっていいカンフル剤、になるのではないでしょうか。

連絡がない

付き合い始めは頻繁にあった連絡も、最近はあんまりなくなって……。という不満をもつカップルは多いのではないでしょうか?

どちらかと言えば、そういう不満は女性の方が多く抱いているようです。女性は男性よりも、相手が自分のことをどう思っているかを気にかける傾向にあります。

連絡の有無、というのもそれを判断するうちの重要な一つに含まれるでしょう。女性も男性もそうですが、恋愛において不安が募ると、それが苛立ちに発展してしまいます。当然喧嘩にもつながってゆくわけです。

相手を不安にさせず、しなくてもいい喧嘩をしないためにも、相手への気遣いの一つとして、連絡は定期的にするのがベストでしょう。

浮気

これは喧嘩を通り越して、カップルの別れる理由の第一位に上がっています。やはり、カップルにとって浮気は、何をおいてもアウトなことなのではないでしょうか。

浮気をしてしまった場合、もしくは相手の浮気を発見してしまった場合、その対処の仕方は、まさにカップルの関係の深さ、あるいは懐の深さ、といったものに寄るしかありません。

浮気、というカップルにとっては致命的なことを乗り越えてでも 、二人一緒にいたい、という強い思いがあるのなら、乗り越えられるかもしれませんね。でも、後々までしこりとして残れば、その後の喧嘩の種を生む原因にもなりかねないでしょう。

喧嘩ばかりのカップルは別れやすいのか?

離れていると合いたいのに、合えばいつも喧嘩になってしまう。というカップルも意外に多いのでは?これといった理由も見当たらないのに、なぜかイライラ。ついつい相手に日頃の不満をぶつけてしまう、なんていうことも……。

一番近い相手だから本音が出てしまうのは当然なこと、まったく喧嘩をしないラブラブなカップルもいるでしょうが、ほとんどのカップルが、何らかの喧嘩を乗り越えて今に至っているのではないでしょうか?そんなカップルたちの喧嘩にはどんな特徴があるのでしょうか。

すぐ別れるかどうかは喧嘩の仕方次第

喧嘩がエスカレートして、売り言葉に買い言葉で別れを告げる。そんな別れはぜひとも避けたいもの。どんなにカッカしていても、頭のどこか一部では常に冷静でいたいものです。

一時の感情ですべてをゼロにしてしまうのは、なんとももったいないこと。感情的になり、相手の悪いところばかりをついて、お互いにお互いを追い詰めすぎると元へ戻るのが難しくなります。

喧嘩をすれば、感情的になってしまうのは仕方のないことですが、頭の隅に、どこかしら喧嘩をしている自分を眺める自分、というのを置いておきましょう。そうすれば、決定的な一言を言う前に、それを抑えることができるかもしれません。

長続きするカップルの喧嘩の特徴

長く付き合ってゆけば、その分もちろん喧嘩も多くなるでしょう。たくさんの喧嘩をしてゆくうちに、喧嘩の仕方、というのもわかってくるものです。

最初のうちは相手を無暗に傷つけていても、そのうちにお互いそれほど傷つけあわずに、喧嘩を収めることができるようになってゆくでしょう。

それは喧嘩の引き際、というのをわかっているからではないでしょうか?喧嘩をするのは仕方がないとしても、それを終わらせる道筋をどこかに引いておくことが、喧嘩を無暗に長引かせず、相手を必要以上に傷つけない方法かもしれません。

上手なカップルは、喧嘩になりそうだな、と思ったらそこでその会話を止める、など事前の対処もうまいもの。どちらかが感情的になりやすいタイプなら、もう片方の人がそれを理解してあげることが必要になってきます。

負けるが勝ち、という言葉がありますが、自分が引かなくては収拾がつかない、というときは、勇気を持って一歩引くことも大事かもしれません。

すぐに別れるカップルの喧嘩の特徴

喧嘩で感情的になっていいことは何もありません。そうはいっても好きだからこそ、喧嘩の時にはお互いに感情をぶつけあってしまう、ということもあるでしょう。

喧嘩することがすべてダメ、というのではありません。さっきも言ったように、喧嘩をすることでお互いがもっと理解し合えるようになる、そのきっかけとなることもあるのです。

でも、必要以上に感情的になってしまうと、今思っている、感じていることで頭がいっぱいになって、自分の思いを一方的に相手へ投げつけてしまい、結果、相手もそれに対峙する形になるり、無益な一方通行のやり取りが続く……。ということになってしまうのです。

言ってもどうにもならない、個人的な中傷を口走ってしまうのもアウト、喧嘩の幕引きが出来なくなり、泥沼化してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。

どうしたら円満に仲直りできるのか

では、喧嘩を泥沼化させないで、円満に仲直りするためには、どうしたらいいのでしょうか?謝ったり、態度で示したり、人それぞれやり方があると思いますが、喧嘩を上手に終わらせて、それ以上後を引かないような仲直りの仕方には、ちょっとしたコツが必要かもしれません。

素直に謝る

どんなに激しい喧嘩になってしまったとしても、それを収める魔法の言葉が「ごめんね!」なのではないでしょうか?直ぐにでもこの喧嘩を終わらせたい、もう仲直りがしたい。と思ったなら、どちらかが素直に謝るしかありません。

自分は悪くない、と思っていても、嘘でもいいのです。あなたのついたその嘘が、二人のこれまでと、これからの未来を守ることにつながるのですから。どちらかが大人になり、冷静になってその場を収めるのが、手っ取り早い仲直りの仕方でしょう。

愛情表現

「ごめんなさい!」を言いそびれてしまった、もしくはそれでも喧嘩が終わらないのなら、喧嘩の波が少し収まるのを待って、お互いの物理的な距離を縮め、ちょっとした愛情表現をしてみてはどうでしょうか?

例えば相手の手に触れるとか、目を見つめるとか、それだけでも空気はガラッとかわるはずです。今はこんなに言い争っているけれど、心の底ではあなたを思っています、ということが、それとなく相手に伝わるのではないでしょうか?

デリケートに優しく愛情表現をすれば、相手の気持ちもきっとほぐれるはず。言葉では直接謝れなくても、あなたが仲直りをしたい、という気持ちは、ちゃんと伝わるのではないでしょうか。

適度に距離感を保ってから謝る

喧嘩が長引き、なかなか仲直りするきっかけがつかめないのなら、ここはいったん距離をとって、お互いの頭が覚めるまで待ってみるのも得策です。

怒りの気持ちが鎮まるのは、人によってや、喧嘩の内容によっても違うもの。すぐに仲直りしたいと思っていても、相手や自分の気持ちが本当に収まるのを待った方が、結果的には良かった、ということもあります。

自分たちだけでは仲直りが難しいと思ったときは、友達など第三者に仲介を頼むのもいいかもしれません。友人の冷静な仲介が、お互いの目を覚ましてくれるでしょう。

その他、電話やメールなど、二人がよく使うツールで謝罪の言葉をつぶやいてみるのもいいかもしれません。感情的な喧嘩の後には、適度な距離感を保って謝るのも、相手に対する配慮かもしれませんね。

反省を態度で示す

 

本当に自分が悪いと思っているのなら、とにかく謝るしかありません。すぐには許してもらえなくても、冷たくあしらわれても、この関係を壊したくないのなら、真摯に反省の気持ちを態度で表すことです。

謝罪を態度で表す方法はいくらでもあります。例えばプレゼントをあげるのもその一つでしょう。要は相手のご機嫌が直るようなことをする、とうのが大事なのです。相手が欲しがっているもの、して欲しいと思うことをしてあげる、そうして相手の気持ちがほぐれるのを待つということです。

カップルで喧嘩をしたら仲直りをしよう!

カップルの喧嘩にはいろんな事情があります。時にはこじれて取り返しがつかなくなってしまうことも……。けれども喧嘩の仕方を学んで、冷静に対処できるようになれば、喧嘩もそれほど怖いものではなくなるはずです。

長く付き合ってゆけば、そういつでもラブラブ、というわけにもいかなくなってきます。お互いの気持ちがすれ違ったとき、ぶつかり合ったときにどう向き合うかが、息の長い素敵なカップルになるための、大事なレッスンになってくるのではないでしょうか。