2018年2月22日

もう一度やり直したい!元カノ復縁のためにすべきこととは?

出会いや別れなど、男女に関する歌はいつの時代でも人気です。その歌詞に共感したり、励まされたりする人もいるのではないでしょうか。また、男女の縁は大変不思議です。新たな出会いで幸せになれる一方、復縁から結婚に至る場合もあるからです。

今回は、元カノ復縁に関する話題をまとめました。元カノに未練があり、もう一度やり直したい男性のみなさんは、ぜひともヒントにしてくださいね。

元カノと復縁できる可能性はあるのか


まず、元カノと復縁できる可能性があるのかどうかについて考えてみましょう。別れた原因や、そのときの言動などは個々によって異なるので一概にはいえません。

相手が自分との別れをどう受け止めているのか、その後はどう思っているのかにもよります。どちらから別れ話を切り出したかによっても、復縁可能かどうかは変わってくるでしょう。

女性500人を対象にしたある調査では、復縁の可能性は58%あることがわかりました。内訳は、自分から振った場合:26%、どちらから振った場合でも:21%、相手から振られた場合:11%です。こちらの結果からは、よほどひどい別れ方をしない限り、復縁の可能性はある様子がうかがえます。

また、僅差とはいえ、自分(女性)から振ったケースがもっとも多い点にも注目されます。このようなことから、振られた男性には復縁のチャンスが大きいのかもしれません。
(参考サイト)https://gateway.rakuten.co.jp/journal/kanojo-fukuen/

もちろん、元カノに新しい恋人がいる、あるいは、結婚している場合も少なくありません。そのような事態を避けるためには、復縁のために動くタイミングも大事です。しかし、自分の言動によっては、却ってマイナスになることも知っておきたいですね。

元カノと復縁するコツ


男性が元カノ復縁を考える背景には、「その女性に未練がある」という共通点が考えられます。もちろん、復縁を望むタイミングは人それぞれ。別れた直後なのかどうかかは個々によって異なります。

大変不謹慎な話ですが、別の女性と交際したものの、元カノの魅力に気付いた男性もいるでしょう。振られた側から復縁を迫ると、迷惑がられるかもしれませんね。

男女が別れる原因はカップルの数だけ存在します。そのため、これからお話する「元カノ復縁のコツ」すべてが自分に当てはまるかどうかは微妙なところです。しかし、これを機に自分自身を見つめ直してはいかがでしょうか。

がつがつ復縁を迫らない

このような言動は、もっとも避ける必要があります。元カノ復縁を考えるのは、元カノのことが好きだからですよね?もちろん、その気持ちは痛いほどわかります。しかし、こちらから追いかければ追いかけるほど、元カノは距離を置くようになっていきます。

もし、携帯電話の着信拒否などをされた場合は、その現実を受け止めることが大切です。ましてや、執拗なストーカー行為は絶対するべきではありません。元カノ復縁が可能かどうかは、自分に対する好意的な気持ちが残っているかどうかがポイントになります。

相手の状況・都合を尊重する

自分と別れた後、相手がどのような状況にいるのかを知ることも大事です。自分と別れた後、ほかの男性と付き合っている場合もあるでしょう。もしかしたら、結婚話がでているかもしれませんよね。そのようなとき、相手の都合を度外視してしゃしゃり出ると迷惑を掛けてしまいます。

もちろん、復縁の可能性はゼロではありません。元カノが交際中の男性と別れたときに、チャンスが訪れるかもしれません。

元カノの状況や都合を把握するためには、元カノとの共通の友人がいる人はラッキーです。その友人から、元カノの情報を提供してもらう方法があるからです。ただし、自分の気持ちを元カノに伝えてもらうのは止めましょう。

しっかり冷却期間を置く

男女の別れに「涙」は付きもの。そういえばキレイですが、実際のところ、大きなストレスをともなう別れも少なくありません。自分が相手を振るなど、別れ方によっては相手が大きく傷つくことも避けられませんね。

このような理由から、元カノ復縁に動くときは、慎重にする必要性がでてきます。少なくとも、別れた直後に復縁を迫るのはよくありません。自分から振ったのに復縁を切り出すと「軽すぎる男」だと思われてしまいます。

一方、相手から振られた場合は、「未練がましい男」と取られても仕方ないでしょう。相手がどのように感じるかは、自分が逆の立場になったときをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

自分の悪いところと向き合う・直す

交際中のカップルが別れるきっかけは人それぞれです。また、複数の要因が絡むこともあるため、その原因の絞り込みは難しいかもしれませんね。

しかし、相手から振られた場合、自分の言動に原因があることも少なくないのです。もちろん、相手に好きな人ができるケースもあります。そんな場合でも、自分との交際に満足していれば相手が「浮気」に走らないかもしれません。

好きな女性と別れたときは、自分の悪いところと向き合うことが大切です。また、それを直すための努力をしていきましょう。

そのためには、親しい友人から率直な意見を聞き出すことも大切です。自分のマイナス面を指摘されると腹が立つこともありますが、しっかり受け止めることで前へ進むことが可能になります。

冷却期間はどれくらいとるべきか


元カノ復縁のための冷却期間はどれくらい必要でしょうか。別れの原因はもちろん、元カノの現在の状況にもよります。相手と別れた後、その人のことを懐かしく感じるときもでてきます。そのためには、これまでの交際期間との関係も見逃せません。

このような理由から「3カ月」がひとつの節目になるのではないでしょうか。もちろん、1年以上経ってからも復縁のチャンスがないとはいえません。そのため、「3カ月」はあくまでも目安にしてくださいね。
(参考サイト)https://gateway.rakuten.co.jp/journal/kanojo-fukuen/

なお、自分の言動が原因で別れ話になったときは、冷却期間云々よりも自分自身が変わることが大切です。過去は変えられませんが、未来を変えることはできます。また、相手が変わるのは期待できなくても、努力することで自分自身が変わっていけますよね。

冷却期間にすべきこと


元カノ復縁のためには冷却期間が必要なことがわかりました。その期間中は、お互いのよさを再確認できる貴重な期間かもしれません。また、自分自身と向き合い、これまでの自分とサヨナラするための、またとないチャンスではないでしょうか。

そのためには、ただ冷却期間をつくるだけではよくありません。失恋の痛みから立ち上がれない気持ちもわかりますが、前向きな自分に変われるように努めましょう。

短期や内気など、自分の性格に悩む人は、それを変えていくことが大事です。また、スリムすぎる体型や、逆にぽっちゃり体型の人は、体型を変えるとよいかもしれませんね。ヘアスタイルや衣服によってもイメージを変えることができます。自分に合った髪型やファッションを探しましょう。

さらに、なんらかの趣味を見つけたり、資格取得を目指したりすることで、生活にハリがでてきます。このように、冷却期間には自分磨きやスキルアップをおすすめします。なお、がんばっている自分はあえてアピールしないことも大事です。そうしなくても、まわりの人が自分の変化に気付くのではないでしょうか。

どう連絡をすべきか?


元カノと復縁するためには、別れた後にどう連絡をすべきかが鍵を握ります。もし、電話やメールなどが通じるのなら、相手の誕生日などにさりげなく連絡する方法があります。ただし、復縁したい気持ちが感じられる内容は重くなるため、くれぐれも注意しましょう。

友人の集まりなどで、顔を合わせる機会があるかもしれません。そのようなときは、「元カレ・元カノ」ではなく「友だち」として接することが大事です。友だち関係の修復ができたら、復縁の可能性も夢ではないかもしれませんね。

おわりに

元カノとの復縁が可能かどうかは、相手が自分のことをどのように想っているかが大きなポイントです。また、別れの原因に気付くことで、自分自身を見直すためのチャンスにもつながります。元カノと復縁するためには自分が変わることも大事。相手が惚れ直すくらいの魅力的な男性になって、元カノのハートをゲットしましょう。