2018年2月2日

プリクラは絶対NG!?Pairs(ペアーズ)でモテる写真選び「10の法則」

Pairs(ペアーズ)では、多くのユーザーの中から第一印象で気になる異性を選ぶ必要があります。もちろん詳細のプロフィールも確認してからマッチングすることが多いですが、プロフィール写真の第一印象だけでスルーしている数の方が多いのは事実です。

そこで、Pairs(ペアーズ)でマッチング数を増やすために最も重要なプロフィール写真の撮り方と選び方について紹介していきます。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Pairs(ペアーズ)のプロフィール写真のポイント

メイン画像は自撮り以外を

プロフィール写真の中で最も重要なのがメイン写真です。ほとんどの人は一覧写真で異性の写真を流し見しているので、メイン写真で目に留めてもらえない限り、プロフィールすらも見てもらえない可能性があります。

そこで重要なのが他の人に撮ってもらった写真を選ぶことです。今や自撮りの2割、3割増しは当たり前ですから、可愛く撮れても実物はそうでもないのでは?と思われてしまう可能性があります。他の人に撮ってもらった写真は、その人を客観視するような自然体な写真になるので実物とのギャップが大きくなりにくく、さらに友人が多い人という印象も持たれやすく好印象になりやすいのです。

どうしても他の人に撮ってもらった写真がない、あるけど写りが悪い場合などはセルフタイマーなどを使って撮ってもらった写真のように撮影してみるのもありです。部屋の中でセルフタイマーなどを使う場合に注意したいのが背景に写りこむ”生活感”。散らかっていたりすると不潔な印象を持たれてしまうので、しっかり片付けてから撮影にのぞむようにしましょう。

顔がしっかり分かる写真を載せる

自分を知ってもらうための写真にもかかわらず、マスクやスタンプなどで顔を半分以上隠してしまっている写真では印象がよくありません。また、近すぎてピントがずれてボケていたり、うつむいていたり、暗すぎたりするのも分かりづらいので、いいね!数も伸び悩んでしまいます。
明るい場所で胸上あたりから頭の上までしっかり写っている写真を選ぶと良いでしょう。

複数枚顔写真を載せる

盛れている写真1枚だけをUPしている場合も、相手が雰囲気を掴みづらいので、必ず2、3枚の写真を載せるようにしましょう。1枚だけだとサクラの可能性を疑われる可能性も高く、用心深い人は絶対にいいね!を押してはくれません。1枚目は顔写真、2枚目は角度の違う顔の写真、3枚目は全身の写真を載せるなど、似たような写真ばかりにならないようにすると雰囲気がつかみやすくなります。

全身写真も載せる

意外と大事なのが全身の写った写真です。自撮りなど角度によってものすごく細く見えても実際は太っていた、などマッチング後にガッカリされてしまっては今後の発展にもつながりにくいので、正直にさらけ出してしまいましょう。細い人が好きな人もいれば、ぽっちゃりした体型を好む人も多いので、自信を持って載せることが、本来の恋人を作るという目的の上では重要なのです。

顔に自信がなくてもスタイルに自信があるという方はメイン写真を全身写真にするとプロフィールを見てくれる確率が上がるので、オススメです。ただし女性の場合、水着や、露出の高い全身の写真を載せるといいね!は増えますが「ヤリモク」目当ての異性も近寄ってきてしまいます。露出度の高い女性は本命(彼女にしたい女性)には選ばれにくいので、本気でパートナーを探している方は露出をしすぎないように注意が必要です。

加工のしすぎ・プリクラはNG

スマホの加工アプリを駆使した自撮りや、スノー・プリクラの画像などはウケが悪いので載せない方がいいでしょう。なぜなら、今や「スノー・プリクラ=詐欺るもの」というのが女子だけでなく男子にもしっかり浸透されているからです。

どんなに盛れていても、異性はプリクラを見た瞬間、まず”警戒”してしまいます。さらにプリクラをメインにしていると、「プリクラでしか盛れない子=ブス」と思われてしまう可能性もあり、会ったときガッカリすることを恐れて相手はいいね!を押してくれません。

マッチングしたあと最終的にはデートで顔を合わせることまで考えて、いきすぎた加工はお互いのために避けた方が無難です。加工した写真以外どれを選んでいいかわからないという方は、異性の友達にどの写真が一番可愛く見えるか聞いてみるのもいいでしょう。

で思う盛れた写真と、自分以外の人が思う盛れている写真というのは案外違っているものなので知っておくと面白いかもしれません。

異性の影がある写真はNG

恋人を作るためのマッチングアプリでは、異性の影がある写真は絶対NGです。友達だとしても異性が一緒に写っている写真や、明らかに他の異性とデート中の写真などはご法度です。Pairs(ペアーズ)をやっているほとんどの人が真剣な恋愛を望んでいます。

そのため異性が写っているだけで”遊び人”というイメージがつき、特に女性は嫌がるので注意が必要です。相手が芸能人や海外の異性だったとしてもわざわざ載せておく意味はないので極力避けた方がマッチング率が上がります。

画質のいい写真

自撮り用の内カメラで撮った写真や、加工しすぎている写真は画質が荒くなっていることが多く、本来の顔がわかりづらくなってしまうので、男女共に印象がよくありません。一番オススメなのは、スマホではなくちゃんとしたカメラで撮ってもらった写真です。画質が良いだけでも他の写真とパッと見の差が生まれるので、一覧で見たときに目に止まりやすくなるのです。

ブランド物・車の写真はイマイチ

女性に多いのが、ブランド物が写り込んでいる写真。例えば外食している時の写真でさりげなく高級バッグが写っている、など「お金がかかりそうな女」を男性は警戒します。

より多くの人とマッチングしたいのであれば、ブランド物が写り込んでいる写真は載せないようにしましょう。男性の場合に多いのが車の写真を載せている人です。女性と同じように「お金がかかりそう」と思われやすく、さらにナルシストなイメージを持つ女性も多いようなので、自慢したくてもあまり載せない方が良さそうです。

和装で好感度UP

特に女性にオススメなのが、和装で撮ってもらった写真です。浴衣や着物などを着ている女性を見ると男性は、”女性らしさ”や”おしとやかな印象”を抱きます。いつの時代も男性は女性らしい女性を好む思考があるので、そのような写真がある場合はメイン写真にすると男性の目を引くことができますよ。

No.1人気は笑顔の写真

メイン写真で1番オススメなのが、笑顔の写真です。キメ顔の写真をメインにしている人が多いですがそれよりも、くしゃっとした笑顔の写真に人は親近感を覚えやすいのです。明るくてよく笑う人とは、付き合った後も楽しく過ごせそうな気がしますよね。笑顔の写真はポジティブな印象が強いので、思わずいいね!してしまいたくなるのです。

サブ写真のポイント

趣味が分かる写真を

サブ写真を載せる大きな意味として、より詳しく自分のことをわかってもらうことがあります。メイン写真で自分の顔の雰囲気を伝え、2、3枚目では、あなたの性格や趣味まで伝えることができるといいね!につながります。

そこでオススメなのが自分の趣味が伝わる写真です。例えば趣味で”スポーツ”をしているなら、スポーツをしている時の自分の写真。特に男性の場合、スポーツをしていると爽やかな印象を持たれやすく女性からの好感度はバツグンなのであれば載せることをオススメします。

他にも”海外旅行”が趣味なら、背景も含め旅行中の素敵な雰囲気が伝わる写真、カメラが好きならカメラで撮影中の自分など、写真を見ることであなたが休日などにどんなライフスタイルを過ごしているのかプロフィール文を読まずとも伝わるものをチョイスすると、多くの人に自分のことを伝えることができ、いいね!率が伸びやすくなります。

リア充感を出して!

自撮りばかり載せていると、「この人友達がいないのでは?」とネガティブな印象を持たれてしまうこともあります。そこで友人たちと笑顔で写っている写真など一緒に載せておくと、明るい印象になり好印象です。

特に男性でオススメなのはスーツ姿で撮ってもらった写真です。仕事ができそうな男は女ウケ◎。恋愛だけでなく、友達、仕事、趣味などしっかり充実できている人はやっぱり魅力的ですよね。盛れている自撮りばかりではなく、そういったリア充感もアピールしましょう。

ただしクラブなどで騒いでいる写真や、お酒でハイテンションになっているような写真はリア充ではなく、”イタイ”もしくは”チャラい”に繋がるのでやめましょう。

ペットの写真も◎

ペットを飼っている人はサブ写真に犬や猫などペットの写真を載せるものOKです。動物好きな人は多く、大抵の人は”動物好きな人には悪い人がいない”と感じているのでいいね!をもらいやすいのです。

さらに、将来結婚した時犬や猫を飼いたいと思っている人は、その人が犬派なのか、猫派なのかは意外と重要な項目になります。今飼っているペットを受け入れてもらえるかどうかの参考にもなるので、自分と相性のいい相手と出会えるようにペットの写真を載せることをオススメします。

どうしても顔写真を載せたくないときは?

Pairs(ペアーズ)ではフェイスブックと連動し、自分と友達になっている人は表示されないように設定してあるので、友達にさえなっていればバレる可能性はありません。それでもどうしても自分の顔写真をネット上に投稿するのには抵抗があるという方は、写真を載せないことも可能です。ただし、載せるのと載せないのとではいいね!数にかなり影響が出るので覚悟が必要です。

顔写真を載せない場合は、横顔、後ろ姿など顔がバレない程度にでも自分の写真を載せるようにしましょう。全く自分の写真がないと、サクラ・なりすましと勘違いされたり、Pairs(ペアーズ)にかける本気度も伝わりにくいのです。

マッチング後になら相手に顔写真を見せていいという場合には、プロフィール文に「マッチング後に写真をお見せします」など一言書いておくと、いいね!をもらえる確率がアップします。ただし、マッチング後に写真を見せた途端、音信不通に・・・なんて可能性も0ではないので写真を載せたくない方はのちのち傷つかないよう心構えもしっかり準備していてください。

写真を変えてPairs(ペアーズ)でモテモテになろう!

以上のことなどを参考にして、メイン写真・サブ写真を選ぶことでいいね!率がグッとUPする可能性があるので、今までなかなかいいね!をもらえなかった方は参考にしてみてはいかがでしょうか?