2018年12月23日

【体験談】彼女と別れてwith(ウィズ)で恋活!マッチングのコツはメッセージ!?

「アプリって変な人かサクラしかいない」そんなイメージだけでアプリを使わないのは非常に勿体ないです。確かに中にはサクラしかいないようなアプリもありますが、with(ウィズ)はちゃんとした人が多いですし実際に出会うこともできますよ。今回は私が使っていたwithの体験談をお話します。

with(ウィズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

彼女と別れてwith(ウィズ)をはじめました


このアプリを使い始めたきっかけは前の彼女と別れて数ヶ月はしばらく独り身を楽しんでいましたが家に帰った時やぼーっとしている時、町を歩くカップルを見ている時に彼女が欲しいと思って真剣に彼女を作るために始めました。初めて使ったアプリはほぼ100%がサクラのアプリです。

その当時はそのアプリで真剣に出会えると思って課金をし続けましたが会う約束を取り付けようとすると必ずはぶらかされてしまい結局会えずじまいの状態が続いて本当に出会える優良のアプリを知りたくて様々なサイトを見てそこに書かれているアプリ全てをダウンロードして実際に試している時にメンタリストのDaiGoさんが監修をしているアプリがありそのアプリは頻繁に心理テストも開催されていておすすめだという記事を見てアプリを使い始めました。

隙間時間があればwith(ウィズ)にログイン!

こまめにログインし続けることで女性のユーザーの目に留まりやすいということも書かれていたので隙間時間があればとにかくログインし続けました。電車での移動時間や信号の待ち時間などは自分のプロフィールを見に来てくれた人がいないかメールは来ていないかなどをこまめにチェックしていたのでLINEと同等かそれよりは劣るぐらいの頻度で使用していましたが、いつからかLINEに通知が来ていないかを確認するように使用していたので使用頻度はかなり高かったです。

22歳看護師の女性とマッチング!

アプリを使用してお会いした人は22歳の看護師の人でした。アプリに載せていた写真は顔がはっきりと見えないように加工されていたので写真と実物の差はどのくらいあったのかは分かりませんが顔はすごく美人でもなくすごくブサイクでもなく普通ぐらいの顔の人で背は150cmの半ばぐらいで太っているようには感じなかったので本当に標準のような人でした。

相手のプロフィーを見て映画鑑賞や絶叫系のアトラクションに乗ることが好きと書かれていたので流石に初回のデートで絶叫系のアトラクションに乗るために遊園地などに行く気にはなれなかったので初回のデートは無難に映画鑑賞に行くことにしました。映画鑑賞に行くことが決まってから何を観に行くのかという話になりましたがあまり映画に詳しくなかったのでその時の映画の上映情報を調べていて興味を持った『プーと大人になった僕』を観に行かないかと提案しました。

しかし、相手の女性が既にその映画を観ていたらしく他の映画を観に行こうという話になり、また映画の上映情報を調べて有村架純が主演を務めいた『コーヒーが冷めないうちに』を見に行かないかと提案しました。相手の女性もそれはまだ観ていなかったみたいなので『コーヒーが冷めないうちに』を観に行くことに決めました。

このタイミングで実際に会った時にスムーズに連絡が取りたいからLINE交換をしないかと持ちかけました。かれこれ2ヶ月以上アプリ内でやり取りをしていたので相手の女性もLINE交換に対してはあっさり承諾してくれてここからアプリを経由せずにLINEでのやり取りに移行しました。

夕方から映画館デートに!

LINEを交換した後は待ち合わせ場所と集合時間を決めました。相手の女性はその日は夕方まで予定があるとのことだったので18時に待ち合わせをして18時半上映開始のものを観ることにしました。相手の女性が先に来てはまずいと待ち合わせの18時より10分ほど早く集合場所について相手の女性からの連絡を待っていると18時のほんの少し前に集合場所に着いたとLINEが来ました。

集合場所には他にもたくさん人がいてどの人だろうとキョロキョロしているとこちらに向かって歩いてくる女性がいて「もしかしたらあの人かな?」と思っているとそのままスタスタっとこちらに向かって歩いて来てくれたのでその女性だと確信したので合流して話しながら映画館に向かいました。

映画館に向かうまでの移動時間で簡単にお互いの自己紹介をしましたが他に何を話せばいいのか分からなかったのでとりあえず適当な雑談を交えながら映画館に向かいました。映画館についてチケットを購入してもまだ開演までは時間があったので席に着く前にお互いお手洗いを済ませて帰ってくるとちょうどいいタイミングで開演したので係りの人にチケットを渡して座る席をお探して席に着きました。他にも観に来ていた人が結構いて映画館の中も賑わっていたので緊張を抑えるためにもあえてその時は何も話さずに静かに過ごしていると上映前の映像が流れ始めて他の人たちも静かになってきて映画がスタートしました。

映画が終わると時間は20時を過ぎていたので夜ご飯を食べに行くことにしました。相手が好き嫌いを把握できていなかったのでどこに行くのかはすごく悩みましたが悩んだ末に無難なオムライスを食べに行くことしました。前々から美味しいと聞いていてネットで調べれば出てくるような有名なお店だったので味の心配はしていなかったのですが、相手がオムライスを嫌いだった場合だけがすごく不安でした。

一旦は外で待つように言われましたがすぐに中に案内されて2人とも別々の物を注文しました。料理がくるまでの間はお互いに終始緊張したままで会話もぎこちなかったのですがお互いに1人暮らしをしていたので1人暮らしの生活の苦労や喜びを共有し合いかなり盛り上がることができました。お互いに食べ終わり店を出る前にオムライスが嫌いではなかったか相手の女性に尋ねたところオムライスはかなり好きな分類に入るらしくすごく喜んでくれていました。その後は時間も時間だったので会計を済ませて店を出て相手の女性を最寄の改札まで送り届けお別れをしました。

毎日LINEや電話をする仲に

お互い終始緊張していたこともあり会話がぎこちなかったこともあり2回目のデートに誘っても来てくれないと思いつつダメ元で相手の女性に2回目のデートに誘ってみみました。すると意外なことに2回目のデートの誘いにOKをもらうことができたので嬉しい反面なぜOKをもらえたのかよく分かりませんでした。

2回目のデートまで1ヶ月ほど時間あくので1日1通ぐらいLINEのやり取りをしたり時には夜30分ぐらい電話をするぐらいの仲になることができました。相手の女性はまだwith(ウィズ)を使っているとのことですが相手の女性への印象は悪くはないのでこの後の行動次第では付き合える可能性も十分にあるので2回目のデート以降もうまくやり過ごせればと思っています。

with(ウィズ)でマッチするにはメッセージ交換が大事!

これはwith(ウィズ)に限ったことではなく他のどのアプリでも言えることだと思いますが自分の顔が分かる写真をきちんと載せること自分のプロフィールをしっかりと書くことメッセージする手間を省いていきなりLINE交換の話をしないことではないでしょうか。with(ウィズ)は相手の女性も自分の顔写真を載せてしっかりとプロフィールを書いている人も多くいますし写真を見てプロフィールを読めば相手の女性がどんな人なのかはおおよそ伝わると思います。ですが、相手がどんな人なのか分からなければ相手の女性もメッセージをすることに恐怖を覚えますしそもそもマッチング自体なかなかしないと思います。

それと男性はマッチングしてメッセージのやり取りをするにはお金がかかります。そのお金をかけたくない気持ちも分かりますが1通目からいきなりLINE交換の話を持ち出すと相手の女性も警戒してしまうのでマッチングしてデートまで持っていきたいなら1通目からLINE交換はせずメッセージを何通かやり取りしてからLINE交換の話をすると相手の女性がLINE交換に応じてくれる可能性も高まるのでしっかりと意識してみてください。