2018年11月21日

【体験談】バツイチ子持ちの私がPairs(ペアーズ)で恋活!バツイチ同士でマッチングしました!

出会いを求めているけれど、本当にどこを探しても出会いがない!という男女は今の時代多いですよね。ですが今の時代、スマホアプリで男女の出会いが叶うんです!今日はスマホやパソコンを通して異性と出会うことができる「マッチングアプリ」について、私の経験談を交えながら説明をしてみたいと思います!

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

バツイチだけど出会いが欲しくてPairs(ペアーズ)に登録


私は数年前に子供を連れて離婚を経験したバツイチ独身女性です。離婚してしばらく経って、「気軽に何でも話ができる大人の話し相手がほしい」と思いましたが、仕事柄独身男性と出会うことは皆無でした。しかもできれば同じバツイチの方と出会いたいなと思っていたので、余計にストライクゾーンは狭まるばかり。「理想のお相手と出会うのは不可能」な状況にありました。

そんな時に「出会い」「バツイチ」というワードで検索をした時に出てきたのが、この「Pairs」というマッチングアプリでした。マッチングアプリというものは使ったことがなかったので「どんな人がいるのかな?本当にバツイチの人がいるのかな?できれば大卒の方がいいな…」などなどアプリを使う前は気になることがたくさんでした。けれど、女性は登録無料ということだったので、ひとまず覗いてみようと思いって登録をしました。

その時点では「こんなところでは多分良い人には出会えないだろうな~」と、あまり期待はしていませんでした。

時間があれば常にPairs(ペアーズ)をチェック

私は自宅で自由業のようなことをしていたこともあり、仕事柄いつでもパソコンやスマホを触れる環境にありました。ですので、毎日朝も昼も夜も、時間があればアプリを開いて男性会員からの「足あと」や「いいね」や「メッセージの確認」などをこまめに行っていました。やっぱり「いいね」が届くと嬉しいですし、メッセージもお返事をつい心待ちにしてしまって、何度も「メッセージ届いているかな?」と確認をしていました(笑)

でも、男性からのメッセージは仕事が終わってからの夜の時間帯に届くことがほとんどでしたので、夕飯あとのテレビタイムや子どもを寝かせてからの時間に、やりとりをしている男性にお返事をしたりLINEで話をしたりしていました。職種によっては外回りの最中だとか、休憩中だとか、日中でもお返事をくださる男性会員さんもいました。

3人の男性とマッチング

これまでにPairsで3人の男性と会いました。

44歳、製造業会社員の男性

身長172cm 筋肉質
服装はアウトドア系おしゃれ
ルックスはイケメンでもブサイクでもなくごく普通
バツイチで別居している子どもが3人(小4~中3)

36歳、福祉関係職の男性

身長170cm 細マッチョ
服装はシックな装い
目鼻立ちのはっきりしたややイケメン
バツイチで別居している子どもが2人

29歳、175cmの男性

適度にがっしり
服装はシンプルで好印象
ルックスはややさわやかな普通タイプ
未婚独身

車で休日に焼肉屋さんへデートに

3人会った男性のうちの1人目「44歳製造業会社員バツイチ男性」について詳しくお話したいと思います。

初夏のある土曜日の夜に「食事をしましょう」ということで会いました。その日お相手は休日だったのですが私が夕方まで仕事だったので、私の仕事が終わってから、港近くのコインパーキングで待ち合わせをして、私はそこに車を停めてお相手の車に乗り込みまずは食事へ向かいました。

初対面の人の車に夜に乗り込むなんて物騒な…と考える女性もいると思いますし、私もそう思います。ですが、その方とはLINEのやりとりだけではなく電話でも何度かお話をしていて、フルネームも教えていただいていたり、家族構成や職場の情報などいろいろと詳しく情報を開示してくださっていたので「少なくとも犯罪のにおいはしないな」と思ったのでそのようなデートの形になりました。

電話で予め「焼き肉が食べたい」という話をしていたので、本当にその日は焼肉屋さんに行きました。初対面の男女が焼き肉屋で食事をするってあまりないシチュエーションかもしれませんが、素直に焼肉が食べたかったのです(笑)

移動は車でしたし、もともとお相手はお酒を飲まない人だったのでお互いにお酒は飲まずにゆっくり食事をしながらお話もたくさんして、食事が終わったのは20時半頃でした。1時間半くらいお店で食事をしてお話をしていたようです。

その後車でショッピングモールへ

そのあとお相手の車に乗り込んで、近くにあるショッピングモールへ向かいました。店内を少しぶらりと回って、そのあとコーヒーショップで休憩をして22時頃にお店を出ました。食事の時もコーヒータイムも話は淡々とですが尽きず、楽しいおしゃべりタイムでした。お相手が、私が飲んでいるドリンクを「それおいしいの?」と言って飲んだ時にはちょっとドキっとしてしまいました。

コーヒーショップをあとにして「どうする?」と言われた時、私はもう少しこの人と一緒にいたいと思ったので「どこかドライブ行きましょう!」と提案しました。多分この時に「もう遅いので帰ります」と言えば彼はすんなり帰してくれていたと思いますが、私はもう少し彼のことを知りたいと思ったのであえて私からもう少し一緒にいることを提案しました。

夜景の綺麗な場所までドライブをして、車から降りるとお相手はさりげなく距離を詰めてきました。私のリアクションを探っているようでした。私は「イヤじゃない」と思ったのであえて逃げませんでした。そのあと手をつないでキスをしました。

実は会うまでのLINEのやり取りではけっこう下ネタ話をしていて、お互い良いと思ったら大人の関係になっちゃう?的なことを話していました。ですので正直言うと、私もその気で一応準備はしていました。
会ってその日に…なんて、昔の私だったら「あり得ない」と思ったと思いますが、もう若くもないしお互いに結婚も離婚も経験しているいい歳の大人同士なので特に抵抗はありませんでした。そして、お互いの合意の上でホテルに行き、解散したのは夜中になりました。

私からアプローチをしてお付き合いをすることに

その翌日以降も連絡を取り合い、私から「お付き合いしませんか」とアプローチをして、きちんとしたお付き合いが始まりました。私には子どもがいたのですが、デートはいつも子どもも一緒で公園に行ったりアウトドアを楽しんだりというデートが主でした。彼は私が子どもにしてあげられないような「父親的な接し方や遊び方」も経験させてくれ、私は感謝していました。

ただ、私にも子どもにも良くしてくれた彼でしたが、彼にも頻繁に会っている子どもがいること、仕事がかなり激務であること、などなどからお互いの感覚のズレを感じるようになって半年ほどでお別れしました。でもお別れしたあとも子育てを経験した先輩として、子どものことで困った時には時々連絡は取り合っていて、つかず離れずの関係が今も続いています。

Pairs(ペアーズ)を使う人へのアドバイス

Pairsは、登録している男性の数がかなり多いアプリのようです。でも、Pairsにはそんなたくさんの男性会員の中から自分に合いそうな人を探すための「検索機能」があるので安心してください。「学歴」「年収」から「身長」「体型」まで、自分の理想にチェックを入れて、出会いたい男性を検索することができます。また、職種をダイレクトで検索することもできるので、例えば「公務員」「消防士」とお付き合いしたい!と考えている女性などには便利な機能だと思います。

また、Pairsには「コミュニティ機能」があります。「パン屋さんめぐりが好き!」「温泉が好き!」「タバコ・ギャンブルやりません!」「子ども大好き!」などなど、お相手のプロフィールページには、その人が参加しているコミュニティが一覧で表示されています。コミュニティがその人の全てではありませんが、参加しているコミュニティを見れば、お相手の価値観が少しわかるので、参考にしてください。また、「温泉が好きなんですね!私はよく〇〇温泉に行きます。〇〇さんはお気に入りの温泉はありますか?など」マッチング後のメッセージの話題の参考にも役立ちます。

ただPairsにも遊び目的の男性が少数紛れ込んでいるようです。まだ2、3通しかメッセージのやり取りをしていないのに「会えますか~?」とか「LINEでお話しましょう」なんて言ってくる男性は、様子を見てちょっと警戒した方が良さそうです。遊び目的の男性は、コミュニケーションとしての会話を面倒くさがる傾向がありますので、メッセージのやりとりをしっかり重ねることである程度見分けることができると思います。上手に使えば素敵な出会いがあるのが「Pairs」だと、私は思っています。