2018年11月20日

【体験談】告白に失敗してPairs(ペアーズ)に登録!年上の女性とマッチングした結果は…?

出会いのツールの一つとしてマッチングアプリというものがあるのをご存知ですか?マッチングアプリとは、アプリに登録している男女がそれぞれ自分の好みの異性を探し、メッセージをやり取りして、恋人を探すことができます。

マッチングアプリの中で代表的なものにPairs(ペアーズ)があります。Pairs(ペアーズ)は登録者数が現在までに800万人を超え、毎日5000人が登録しています。さらに、述べ15万人に恋人ができていて、国内最大級のマッチングアプリです。今回はそのPairs(ペアーズ)について紹介していきます。

告白に失敗してマッチングアプリに登録


私は大阪の大学に通う20歳の大学生でした。1回生の時に同じ学部内に好きな人がいて、8か月に及ぶアプローチの末に告白。しかし、「私はそんな気持ちは全くなかった、ごめんなさい」とのこと。アプローチに気づいていないわけないですし、何回も一緒に遊んでおきながらそれはないだろうと愕然としていました。

もうこれ以上、学部内で彼女を探すのはやめよう、そう決意した私は何かいい方法はないかと探していました。合コンは必ず女の子には出会えますがセッティングするのに手間がかかりますし、好みの子がいなければお金が無駄になってしまいます。クラブは不特定多数の女の子と出会えますが、なかなか恋人にしたくなるような女性がいるかは疑問です。

ちょうどいいのはないかと探していたところで、Pairs(ペアーズ)というマッチングアプリを見つけました。Pairs(ペアーズ)であれば家にいながら好みの女の子を探すことができますし、マッチング数さえ増えていけば同時に何人もの人とやり取りをすることができます。まさに合コンとクラブの良いところを取ってきたような出会い方でした。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

1時間おきにPairs(ペアーズ)をチェック

 

私はPairs(ペアーズ)に会員登録すると、さっそく女の子を探しました。Pairs(ペアーズ)には色々な検索方法が用意されており、住んでいる場所、身長、スタイル、趣味、職業などから探すことができます。プロフィール画像には自分の写真を使っている人も多いので、やり取りを始める前に顔を確認することもできました。

気になる相手に「いいね」を送り、相手が送り返してくれたところでマッチングが成立し、メッセージのやり取りをすることができます。マッチングさえすれば、複数人とやり取りをすることができますし、月ごとの定額制なのでお金を気にする必要もありません。

私がPairs(ペアーズ)を始めたときは、ほぼ毎日1時間おきくらいにチェックをして、気になる女の子がいれば手当たり次第に「いいね」を送っていました。5人に1人くらいの割合でマッチングが成立していたので、意外とすぐにメッセージを始めることができました。

メッセージのやり取りをしていき、共通点が多い人が何人かいるんです。こういった人とはラインを交換して、さらにやり取りを重ねていき実際に会ったこともありました。

大阪市内勤務のOLさんと出会った体験談

 

私がPairs(ペアーズ)を使い始めて1か月ほど経ってから阪府内に住む26歳のOLのAさんとマッチングしました。

身長:155センチくらい

体型:ややぽっちゃり

年齢:26歳

職業:広告代理店、OL

茶髪のロングの美人系

「年上のお姉さん」という言葉がぴったり。マッチングしたら、すぐに最初のメッセージを送りました。とりあえず、ありがとうの気持ちを伝えることと簡単な自己紹介をしました。最初に送ったメッセージはこんな感じ。

Aさんはお酒が好きで、自分もお酒が好きだったのですぐに意気投合。日本酒やウイスキーの話をして盛り上がりました。さらに、梅酒がお互い好きだったので、梅田にある梅酒専門店の話に発展していきます。

私は勇気を出して「今度一緒に行きませんか?」と聞いてみたんです。そしたら、「いいよー!」とあっさりオッケーが出ました。1週間後の金曜日に梅田で会うことになりました。

待ち合わせは梅田のビックマン前。Pairs(ペアーズ)で会うのは2人目なのでまだまだ緊張します。ラインを交換していたので、ライン電話をしながら合流しました。

「はじめましてー!Aと言います!今日はよろしく!」

「こちらこそ、よろしくお願いします!」

軽い挨拶をして、さっそくお店へ。

梅酒専門居酒屋で初めてのデート

Aさんとは梅田にある梅酒専門居酒屋に行きました。L字型ソファーのある個室に通されて飲み会スタート。ここでは、10種類の梅酒が飲み放題で、ゆず梅酒、黒糖梅酒、ミカン梅酒など様々な梅酒を頼むことができます。

Aさんはとにかくお酒が好きで、会社の飲み会でもかなり飲んでいるそうです。お酒の話から始まり、趣味の話などをしていました。最近は太り始めたから、ジョギングをしてダイエットをしているんだとか。Aさんはきさくにしゃべってくれるので、一緒にいて本当に楽しかったですね。あっという間に2時間が過ぎていました。

その後、2件目にも行きました。梅田にあるおしゃれなバーに行っても話の盛り上がりは続きました。高校生時代、大学時代の話やサークルの話をしていました。お互い適度にボディタッチをして、1回目とは思えないほど仲良くなったと思いますね。その日はAさんが次の日に仕事が早いそうなので終電で解散。

友達としての関係性を続けていたけれど…

Aさんとはその後も何回も飲みに行っていました。梅田以外にもなんばや心斎橋、天満などで居酒屋を探しては飲み会をしていました。

特に、付きあうというわけでもないですが、ちょっと年上の友だちという感じでしたね。半年ほどたってから、Aさんに彼氏ができたので2人では会わなくなりました。たまに、ラインが来たりしますが、それでも実際に会うまでにはなりません。

Pairs(ペアーズ)を使い始める人へのアドバイス

Pairs(ペアーズ)を使おうと思っている人へ、私からのアドバイスをさせてください。大きく分けて3種類ありますので、参考にしてみてくださいね。

プロフィール画像は自分の顔が分かるものを

Pairs(ペアーズ)にはプロフィール画像を設定することができます。ここでは、自分の顔が分かるものを使いましょう。もちろん、ネットに自分の顔をアップしたくないという気持ちもわかりますが、Pairs(ペアーズ)で実際に出会いを探すのであれば、アップしたほうがマッチングの確率が上がります。

女子側からすれば、顔が分からない男性と実際会いたいでしょうか?ただでさえ、マッチングアプリを使って知らない男の人と会うのは不安なのに、さらに顔まで分からなければなかなか会いたくならないでしょう。女性の不安を軽減してあげる意味でも、自分の顔をアップしておきましょう。

自己紹介文は自分の言葉で

プロフィールでは自己紹介文を設定することができます。Pairs(ペアーズ)側からテンプレートが用意されていますが、ぜひとも自分の言葉で書いてください。何を書けば分からないときには、自分の趣味、普段やっていること、好きなことなどを簡単に書いてみましょう。

私はフットサルが好きでよく友だちと週末にフットサルをしています。お酒も好きでよく飲みに行ったりしています。趣味が合う人がいれば嬉しいです。よろしくお願いします。

こんな感じで、自分はどんな人かというのを相手に分かるように書いてみてください。そうすると、フットサル好き、お酒好きな女性とマッチングしやすくなるはずです。

マナーをしっかり守る

アプリを使っていると言っても、画面の向こう側には人がいると思ってください。面と向かって話す時と同じように、マナーを守って相手に不快な思いをさせないようにしてください。相手に気を遣える人であればいい人とマッチングできるはずです。

Pairs(ペアーズ)を始めよう!

Pairs(ペアーズ)についての紹介と私の体験談を紹介してきました。Pairs(ペアーズ)を上手く使って、彼女をゲットできたらいいですね。最後にお話ししたポイントを守って、Pairs(ペアーズ)を使ってみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。