2018年11月6日

Pairs(ペアーズ)の結婚詐欺の特徴とは?Pairs(ペアーズ)で結婚詐欺に会わない方法を徹底解説!

Pairs(ペアーズ)の結婚詐欺の特徴とは、どのようなものでしょう。出会い系アプリを利用している以上は結婚詐欺師に注意が必要です。そこで、この記事ではPairs(ペアーズ)で結婚詐欺に会わない方法をまとめてみたので参考にしてみて下さい。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Pairs(ペアーズ)には結婚詐欺師はいるの?


Pairs(ペアーズ)には結婚詐欺師がいるかについては、いると考えるのが一般的です。Pairs(ペアーズ)を利用していると結婚詐欺師の存在を忘れてしまうこともあります。そのため、常に結婚詐欺師について意識をしてPairs(ペアーズ)を利用するのが無難です。

Pairs(ペアーズ)に潜む結婚詐欺師の特徴

Pairs(ペアーズ)に潜む結婚詐欺師の特徴としては、メールの段階ではとてもやさしくてプロフィールの情報も問題ないように掲載されています。ここでは、Pairs(ペアーズ)に潜む結婚詐欺師の特徴について解説します。

あまりにもスペックが高すぎる

Pairs(ペアーズ)の詐欺師の特徴としては、あまりにもスペックが高すぎることがあります。これは、写真などをみると自分の好みの顔であったりします。さらにメールでの応対はとてもやさしくあなたの悩みなども聞いてくれることもあります。

毎日メールをしているうちに、いつの間にかこの人なしの生活は考えられないと思えるくらいにスペックの高い相手になっているケースもあります。このようなときは、一度冷静になって結婚詐欺師である可能性について考えてみることも大切です。

すぐに結婚をにおわせる発言をする

すぐに結婚をにおわせる発言をする相手は、結婚詐欺師であることを疑った方が安全です。もしも一般の人であれば結婚を前提で付き合いはじめることはあっても、すぎに結婚の話しをしてくることはほとんどないでしょう。

結婚詐欺師が考えているのは、結婚という言葉にあなたがどのような反応をして、実際に相手が自分のことを信じるか見ようとしています。そのため、早いタイミングで結婚詐欺師はあなたの考え方の傾向をみて結婚詐欺ができる可能性について考えます。

両親や友人に会わせようとしない

Pairs(ペアーズ)の結婚詐欺師の特徴として、両親や友人に会わせようとしないことがあります。これは、もしも友人や両親に合わせる約束をすれば、自分が結婚詐欺師であることがばれる可能性があるためです。

結婚詐欺師の視点からすれば、相手を上手に自分の考え通りに行動してもらうには、結婚詐欺師であることがわかってしまうことをできる限り排除するのが普通の考えです。もしも、結婚詐欺師かどうか判断したい場合は、自分から両親に会わせてほしいと言うのも一つの手です。

写真を撮りたがらない

Pairs(ペアーズ)に潜む結婚詐欺の一つの特徴として、写真を撮りたがらないことがあります。これは、写真を撮ることで自分の情報を相手に提供することになるため、写真を嫌がります。結婚詐欺を目的にPairs(ペアーズ)を使用している場合、できる限り自分の情報を相手に知られないように動きます。

そのためある程度仲が良くなっても写真を送ってきてくれない相手は疑った方が無難です。また、結婚詐欺のために自分ではない写真を送ってくるケースもあるので注意が必要です。

Pairs(ペアーズ)で結婚詐欺を疑うポイント


結婚詐欺を疑うポイントしては、本来とは違った反応に注意することがあげられます。もしも、結婚詐欺のときの言動を把握していれば事前に結婚詐欺に遭わなくてすみます。結婚詐欺について疑うべきポイントについて解説します。

「財布を忘れた」など言い訳をしてデート代を払わない

結婚詐欺の場合、「財布を忘れた」などといって言い訳をしてデート代を払わない場合があります。これは、もともとお金が目的でPairs(ペアーズ)を利用しているので、デート代も払わないこともあります。

真剣に付き合いを検討しているケースでは、自分からお金を支払おうとするのが普通の行動ですが、「財布を忘れた」と言ってデート代を支払わないのは、結婚詐欺であることを疑うのがポイントです。結婚詐欺師ではなくても、デート代をすべて自分で何も考えずに支払うことはないです。

親しくなった頃突然「お金が必要になった」と切り出す

詐欺師ではないかと疑うポイントとしては、親しくなったら頃突然「お金が必要になった」と切り出すことがあります。親しくなるタイミングと、お金が必要となるタイミングは一緒になることはほとんどないので疑う必要があります。

また、「お金が必要になった」と言っているときの態度なども参考にすることです。詐欺師である場合は、相手からお金をとることは当然であると考えているので、横柄な態度をとる傾向があります。

「結婚資金を一緒に貯める」と言いお金を毎月渡させる

もしも「結婚資金を一緒に貯める」と言われてお金を毎月渡させることを言われたら、最初に「自分で貯金する」と言ってみると良いでしょう。自分で貯金したとしても結婚資金であるので、一緒に貯金しても同じであるといった考えがあります。

このように相手に発言して、どのように対応してくるかでその後の対処法を決めることです。もしも本物のの結婚詐欺である場合は、それでも一緒に貯金するのでお金を渡すように言ってくることもあります。

結婚詐欺に遭わないためにできること


結婚詐欺に遭わないためにしたいこととしては、どのような防御策があるでしょう。自分なりに結婚詐欺師に遭遇した場合の対応を決めておくのも一つの手です。結婚詐欺に遭わないためにしたいことを解説します。

身分証明書を見せてもらう

かなり早い段階で、結婚詐欺に遭わないためにも身分証明書を見せてもらうのもおすすめです。これは、どのような人なのか身分証明書で把握するためのものです。場合によっては、名刺なども一緒に見せてもらうと相手のことがわかりやすいです。

身分証明書を見せてくれなくて、色々と言い訳をしてくるときは結婚詐欺も疑うのが一般的です。何も自分に問題がなければ相手を安心させるためにも身分証明書くらいは、見せてくれます。

仕事や両親のことで辻褄が合わない部分を追及する

結婚詐欺に遭わないためには、仕事や両親のことで辻褄が合わない部分を追求するのも一つの方法です。もしも辻褄の合わないことが質問しても解決できないときは、結婚詐欺を疑がうことです。

とくに、何度も同じことを聞いているうちに、さらに辻褄が合わないことが出てきたら要注意です。仕事や両親のことは、問題がなければ簡単に説明してくれるのと辻褄が合わないと思っても質問すれば解決するのが普通です。追求するのが怖いと思っても気になるときは、正直に質問して追求するのが対処法です。

「両親が他界している」という場合は確認する

「両親が他界している」というケースでは、自分の何かを隠そうとしているときがあります。そのため、結婚詐欺も疑うことです。本当に良心が他界している場合は、何を聞いてもある程度のことは答えてくれるでしょう。

また、質問に答えるときの相手の言動をよく見ておくのもポイントです。結婚詐欺を目的に言動している人は、親の話に対してマニュアル的に反応をしたりします。この場合は、マニュアルでは対応できないような変わった質問をしてみて相手の様子をみると結婚詐欺がどうかわかることもあります。

過去のやりとりは削除せず保存しておく

過去のやりとりは削除せずに保存しておくことで、結婚詐欺に遭わずにすむケースもあります。色々と付き合いが長くなってきて過去の情報を思い出せないときに、過去のやりとりを保存しておくとすぐに情報を思い出すことができます。

結婚詐欺は、時系列でどのようなことがあったか把握してみるとおかしいと思えることが見つかります。これは、自分の記憶だけではわからないことも多々あります。おすすめなのは、過去のやりとりを保存しておいて、何か気になることがあったときに適切な判断ができて結婚詐欺に遭わずにすむこともあります。

Pairs(ペアーズ)で結婚詐欺に遭わないようにしよう!

Pairs(ペアーズ)を利用したい人の中でも、結婚詐欺が怖いといった人は結構います。事前に結婚詐欺の特徴を理解していれば結婚詐欺に遭わなくて済む場合もあります。できれば、楽しくPairs(ペアーズ)で新しい出会いをして結婚を意識してデートなどをしたい人もいると思うので、結婚詐欺師の特徴を理解してPairs(ペアーズ)で結婚相手を見つけるのもおすすめです。