2018年10月27日

【体験談】28歳、婚期はもうすぐ!そんな私はOmiai(オミアイ)で彼氏ができました!

私は、東京都内で広告業の事務職をしている28歳の会社員です。私には、もともと2年ほどお付き合いしていた3歳年上の彼がいました。年齢的に、私の周りにも結婚をする人、子どもを授かる人が増え、そろそろ私も結婚したいなと、結婚を意識するようになりました。

しかし、その彼氏とは、遠距離恋愛であったこと、収入が私より低いこともあり、どうしても「結婚」というビジョンが見いだせませんでした。そのことを友人に相談した結果、「結婚適齢期を無駄にしてはいけない」と覚悟ができ、きっぱり別れることにしました。

そして、別れた後、右も左もわからない状態ではありましたが、本格的に婚活を始めることに決めました。

Omiai(オミアイ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

友人が使っていたマッチングアプリを始めることに


私は、いざ婚活をはじめるにしても、初めはどうしていいものか全くわかりませんでした。婚活パーティーや結婚相談所、街コンなどもありましたが、急に知らない人たちのところに飛び込むのは不安でした。さらには、高い入会金を払うのも気が引けていました。

そんな中、友人がマッチングアプリを使っているのを見かけて、私も「女性無料」であるならと軽い気持ちでやってみようと思いました。いろいろなアプリの種類があったので、インターネットでのレビューが高いものにしようと考えました。ユーザーの質、運営の管理、成立の割合などから加味して、総合的に判断して、数多くあるマッチングアプリの中から、「Omiai」を始めてみることにしました。

レビューによると、「Omiai」のユーザーは、真剣に「結婚」を目標としている人が多く、サクラや不純な利用が少ないとの評価を得ていた点が大きかったです。

1日に3〜4回Omiai(オミアイ)にログイン

実際にアプリを始めてからは、意外と自分が思っていたよりかは、多くの方から「いいね」をいただくことが出来ました。

しかし、自分の方からもどんな人がいるのか知りたかったし、やりとりをするようになった方には、しっかりと誠意を持って返信をしたいという気持ちがあったので、できるだけログインするようにしていました。

平均すると1日3、4回はログインをして、チェックをしていたと思います。主に、「新着いいね」と「おすすめ」を見ていました。たまに、自分のプロフィールをより詳細にするために、人気ユーザーの文章を参考にしながら更新していました。細かく趣味や思いを書いたほうが、ちゃんと人間味を出すことが出来て、目に止まりやすいと思ったからです。

実際に、プロフィールを更新したら、数時間後にログインしてみると、早速「いいね」が増えていることが多々あったのです。しかし、外出先だとこのアプリを開くのに少しためらいがあったので、自宅でログインして、確認するように決めていました。

8人の方とOmiai(オミアイ)でやり取り

私の希望スペックとしては、26~36歳までの会社員、公務員で、自分より収入の高いい方でした。容姿については、できれば細身の人が良いというのはありましたが、これといって大きなこだわりはもっていませんでした。

基本的には、私から「いいね」を送った人からはリアクションをいただけないことが多かったです。後々見ると、足跡はついているものの、「ありがとう」までは来ない、という状態がほとんどでした。そのため、相手からきた「いいね」のリストから、顔写真、プロフィールを見て実際にメッセージのやりとりをする人を選んでいました。

ただし、顔写真を登録していなかったり、プロフィールを詳しくかいていただいていなかったりした方は、まず候補から除外して検討しました。メッセージのやり取りを8人ほどと行う中で、先述した希望条件を満たしていて、明るく、趣味も合いそうな方とお会いしました。

現在、34歳の会社員(営業)の方で、容姿も清潔感があり、コミュニケーションのキャッチボールもうまいという、第一印象がとても好印象の方でした。

34歳の男性とデートをすることに

34歳の方とは、私が行きやすい場所で会おうということになり、車で、私が日常的に活動しているエリアまで出向いて来てくれました。初対面の日は、まずは、「最初なので、ディナーだけ行きましょう」ということになりました。私があらかじめ好きだと公言していたことから、パエリアの美味しいスペイン料理店に連れて行ってくれました。

そのお店は、オーナーさんが気さくで、親しみやすい、知る人ぞ知る穴場のようなお店でした。メニューには、ムール貝やスペインオムレツ、カルパッチョにパエリアといった、スペイン料理がたくさんありました。店内もステンドグラス張りになっており、バルセロナやトレドなどで買ってきたレトロな骨董品がたくさん飾られており、とてもおしゃれでした。

お互いのプロフィールや趣味については、会う前にすでにやり取りをしていて結構知っていました。そのせいもあってか、お店では、プロフィールの内容やお互いの趣味についてというのを、より掘り下げるような会話をしていました。「好きなアーティストのライブでは何のツアーに行った?」、「カラオケの十八番はなに?」、など趣味の話しから、結婚観の話も飛び交いました。

終始、その彼は冗談も言っていて、笑いの絶えない楽しいデートとなりました。ディナーの3時間が経つのもあっという間に感じました。お会いした人の中には、たった2時間のデートでも間が持たず、どうしていいものかわからなくなってしまった方もいたので、この時点でだいぶ好意を抱きました。

5回デートを重ねて彼氏ができました

スペイン料理店でのデート中に、すでに次回ドライブへ行こうという約束を交わしていました。1回目のデートが終わったあとに、「2人で相談して美味しい海鮮を食べよう」としていたので、相談の末、大洗の漁港へ行くことにしました。

実際にドライブに行った当日は、大洗の海で取れたばかりの海鮮を使った寿司を食べたり、威勢のいい卸市場に行ったりなど、とっても刺激的でした。お出かけは、初めて行くところばかりでどこも楽しかったですが、何より一緒にいるとずっと笑顔でいられたのが、大きな収穫であり、大満足でした。

相手の方も私と同じように楽しいと思ってくれていたようで、2回目のデートの次の週末も、またその次の週末も自然と会うことになりました。

5回ほど、デートを重ねた後、お付き合いをすることになりました。(どちらかが告白をするというよりも、お互いの気持を確認し合ったようなシチュエーションでした。)

いまでは、週末はほぼ一緒にいるのが当たり前になり、近々一緒に住むことを検討しています。

Omiai(オミアイ)は出会えるマッチングアプリ!

私は、このアプリを利用したことによって彼氏が出来ました。このアプリを利用していなかったら、確実にその方とは出会っていなかったと思います。始める前は、半信半疑ではありましたが、「Omiai」を利用してみてよかったです。

私が「Omiai」を始める前に、レビューを見て、誠実な方が多いと書いてありましたが、本当に誠意を持ってやり取りをしている方が多い印象を受けました。

人と人なので、自分がいいなと思っていても思うようにいかないことはありました。やり取り中になんの前触れもなくフェードアウトされたり、約束をドタキャンされたり等々・・・。そんな「嫌だな」と思ってしまうような出来事もありました。いろいろな方がいるので、自分にマッチする人、しない人がたくさんいて、なかなかゴルが見えないこともあるかもしれません。

しかし、まじめにお相手を探している方もたくさん見受けられました。何もやらないで手をこまねいているより、お相手を見つけるにはだいぶ手助けとなりました「Omiai」は誰でも気軽に始められるアプリなので、まずは、積極的に利用してみると良いと思います。