2018年2月19日

彼女の作り方を知りたい男性必見!彼女が作れる出会いから告白までを徹底紹介!

彼女といっしょに街中を歩きたい!そう願う男性は少なくありません。そのためには、相手がいることが大前提ですよね。とはいえ、彼女はそう簡単に作れるものではないでしょう。そのため、彼女の作り方に悩む男性もいるのでは?

こちらの記事では、恋人が欲しい男性におすすめしたい彼女の作り方について、具体的な事例を交えてまとめました。ステキな女性に出会いたい人は、ぜひともお役立てくださいね。

彼女の作り方<出会い編>


まずは【彼女の作り方<出会い編>】をお話しましょう。将来を意識する異性との出会いは人それぞれです。ある日突然、運命的な出会いがあるかもしれません。また、一度別れた後によりを戻すカップルもいるでしょう。そうなるには、どうすることが理想的か知っておきましょう。

とにかく外に出る・行動する

平日は職場と自宅を往復、休日は自宅に籠もりっきりの人はいませんか。そのような日々を送っていると、人と接する機会が少なくなります。また、出会いの場所が職場など狭い範囲に留まるため、恋人候補の女性も限られてきますね。

もちろん、その範囲内で生涯の伴侶を得る人も少なくありません。ただし、好きになった相手が既婚者の場合や、交際相手がいる場合も考えられます。その結果、彼女の候補者が減ってしまいます。しかし、自分の行動範囲が広がると、出会いの間口を広げることが期待できるのです。

彼女がほしいことを公言する

一昔前は、自分から婚活しなくても、まわりの人が動いてくれる時代でした。そのため、恋愛が苦手な人や女性との出会いが少ない人も「結婚につながる出会い」があったのです。みなさんの親世代のなかにはお見合い結婚した人もいるでしょう。

しかし、いまは「仲人」を買って出る人も少なくなっています。また、親や親戚から結婚をせかされなくて済む傾向があります。そのため、世間体を気にしなくてもよいのが有り難いですよね。

ただ、彼女が欲しいと願っていても、気付いてもらえない可能性もでてきます。そうならないためには、彼女がほしいことを積極的にアピールしましょう。親しい友人はもちろんのこと、目上の人に話をしておくと、女性との出会いが期待できるかもしれません。そのためには、真剣にお願いすることが大切です。

よくある出会いの場は?


彼女になる女性と出会うためには、場所選びを考える必要性がでてきます。さりげない日常のなかでの出会いもありますが、自ら足を運ばないと得られない出会いもあるからです。ここでは、よくある出会いの場についてまとめました。ふだん身を置いている環境も含めて、いま一度見直してみてはいかがでしょうか。

学校・職場

まずは、学校での出会いです。同級生のほか、上級生や下級生が対象になる場合も少なくありません。みなさんのまわりには、在学中から交際をスタートして、ゴールインしたカップルもいるでしょう。また、同窓会での再会から恋愛に発展する可能性もあります。同じ時間と空間を共有した同級生だから、お互い安心できるのかもしれませんね。

【彼女の作り方<出会い編>】では、職場内での出会いは限られる旨の話をしました。しかし、職場での出会いが恋愛に発展するケースもでてきます。また、どちらかが退職した後に、偶然再会する場合もあるかもしれません。ただし、社内恋愛をするときは公私混同を避けることが大切です。また、結婚するときは、真っ先に直属の上司に報告するように心掛けましょう。

合コン・街コン

こちらの方法での出会いは、少々軽いかもしれません。その反面、肩肘張らずに参加できるメリットがあります。一度に多くの異性と出会えるため、自分の希望に合った人が見つかる可能性もでてきますね。

合コンや街コンに参加するときは、その場の雰囲気を楽しみましょう。もし、好みのタイプの女性に出会えなかったとしても、嫌な顔をするのはよくありません。初対面の人と話す機会は、そう何度もないでしょう。合コンなどの出会いをプラスに捉えたいですね。

人からの紹介

「お見合い」のような堅苦しい雰囲気ではなく、自然な形での出会いが期待されます。また、いきなり「恋人」ではなく「友だち」からのスタートができます。その方法として、友人や知人からの紹介は理想的かもしれませんね。

人からの紹介を受けるためには、彼女がほしいことをアピールしておくことが大事です。もちろん、すぐに紹介してもらえるとは限らないため、気長に待つようにしたいですね。また、紹介を受けた相手が自分のタイプでない場合もでてきます。そのときは、相手女性はもちろん、紹介してもらった人の顔を立てながら、早めに返事しましょう。

出会いアプリ

こちらのツールを利用すると、恋人探しの範囲を広げることができます。いきなり出会うのとは異なり、お互いのフィーリングが合うかどうか確認できるメリットも大きいですよね。ただし、出会いアプリで彼女を探すときは、サイトの信頼性が鍵を握ります。「独身証明書」を含め、本人確認をきちんと行っているサイトを利用することが大事です。

また、「結婚相談所」に登録する方法もあります。こちらの会員は結婚目的の人ばかりのため、結婚したい男性にとっては理想的です。専任スタッフのアドバイスを受けられるメリットも大きく、女性との交際経験が少ない人も安心できます。

習い事

「自分磨き」のために余暇を利用して習い事をする人が増えています。新しい習い事を始めるだけでなく、昔やっていたことを再開してもよいですね。社会人を対象にした教室も少なくないため、積極的に参加しましょう。

もちろん、「彼女の作り方」を習うのが目的ではありません。まわりの目もあるため、節度ある態度を取ることが大切です。もし、告白して断られても、同じ生徒として良好な関係が続けられるように心掛けたいですね。

彼女の作り方<デート編>


好きな女性が現れると、その人と付き合いたいという具体的な目標が芽生えてきます。そうすることで、彼女がほしいとの願いに近づくことができるのです。やはり、待っているだけではチャンスは訪れません。それどころか、ほかの男性の彼女になってしまうリスクが高くなります。

ここでは【彼女の作り方<デート編>】と題して、初デートへの誘い方を中心にまとめました。デート初心者のみなさんはもちろん、デートに失敗した経験を持つ人も参考にしてくださいね。

うじうじ迷わずシンプルに誘う

意中の女性をデートに誘うときは、うじうじ迷わずにシンプルに誘うことが大事なポイントです。また、デートだと意識させないように、自然な形で話し掛けるほうがよいでしょう。

女性がデートだと察すると、それだけで断られてしまうかもしれません。また、誘った男性に警戒心を抱くことも考えておきましょう。もちろん、デートに誘う背景には交際に結びつける目的がありますが、それを気付かれないような演出が大切なのです。

おすすめの服装は?

デートするときは、ふたりが並んで歩くことが多いですよね。手をつないだり、肩を組んだりしなくても、まわりからはカップルだと思われるでしょう。そんなとき、極端に個性的なファッションだと、相手の女性はどう感じるでしょうか。女性に恥ずかしい想いをさせないためにも、服装には十分注意が必要です。

男性の服装は、女性の服装よりも組み合わせが少ない傾向があります。しかし、限られたアイテムを上手に組み合わせることで、魅力的な自分のアピールにもつながります。服装を選ぶときは、ボトムスと靴を決めてから上着を合わせるとよいでしょう。そのうえで、シンプルで清潔感のある服装でまとめることをおすすめします。

最初のデートはどこに行く?

初デートは今後につながる大切な時間です。次のデートの約束をもらえるためにも、デート場所は慎重に選びましょう。お出掛け先の混雑状況なども確認しておきたいですね。人気のデート場所として映画館は代表的存在です。ただし、これには賛否両論があります。映画の選び方も大事なことを把握しておきましょう。

デートの途中で食事をすることもあります。初デートのときは、自分で食材を焼かなくてもよいお店を選ぶことがポイントです。やはり、ふたりとも落ち着いて食事できることが理想的だからです。

会話を広げるコツ・ポイントは?

以前から面識のあるカップルもいるでしょう。しかし、ふたりきりになると話が続かなくなるかもしれません。せっかくデートしても、沈黙の時間が長くなると気まずい空気だけが流れます。そうならないためには、会話を広げるコツやポイントが必要になります。

ふたりの距離を近づけるには、当たり障りのない話から始めるとよいですね。また、相手の話に適度な相槌を打つなど、「聞き上手」を目指しましょう。いきなり住んでいる場所を聞かれると、女性は警戒心が強まります。また、過去の話はNG!元彼の有無などは口にしないことが大切です。

彼女の作り方<告白編>


彼女を作るためには、いくつかのステップがあります。また、結婚に結びつけるためには、さらなるステップが必要なことも知っておきたいですね。ここでは【彼女の作り方<告白編>】のテーマのもと、初デートから告白に至るまでの過程についてお話しましょう。

3~5回目のデートでの告白がベスト?

まず、いつ告白するのか考える必要があります。デートに応じてもらえることは、少なくとも自分に好意がある証拠です。しかし、それ以上の進展はないかもしれません。やはり、タイミングをみて自分から交際を申し込むことが不可欠になります。

ただし、初デートでいきなりの告白はよくありません。それまで友だち関係にあったとしても、個人的な付き合いをしていないため、女性のほうも返答に困ってしまいます。かといって、あまり時期を延ばすのもよくありません。出会う間隔にもよりますが、3~5回目のデートでの告白がベストといえるでしょう。

どこで告白する?

こちらも大変重要な課題です。告白する場所によっては、相手の気持ちが冷めてしまうかもしれません。やはり、人の多い場所は避けるべきです。トイレの前などもよくありません。雰囲気を大事にするためにも、デート終わりに訪れた夜景のキレイなレストランがおすすめです。

なお、女性に告白するときは、直接会って気持ちを伝えることがポイントです。メールやLINEを使うほか、友人に伝えてもらう方法もありますが、本人を前にして自分で伝えるほうがよいでしょう。

なんと告白する?

女性の気持ちを引き寄せるためには、告白のセリフが重要な鍵を握ります。ふたりの将来を左右する大事な場面ですので、真剣にことばを選ぶようにしましょう。照れもあるかもしれませんが、「好きかもしれない」など曖昧な表現はNGです。

女性に告白するときは、少なくとも「大好き」「彼女になってほしい」の2点を入れることがポイントです。ちなみに「彼女になってほしい」は「彼女になってください」のほうが丁寧といえます。一方「彼女になってくれ」など上から目線のセリフは慎みたいですね。

彼女の作り方をマスターしたら実践!

彼女を作るためには、まず、友だち関係から始めましょう。その後、順調にいけば恋人関係、婚約、結婚へとつながっていきます。もちろん、どのような経緯をたどるのかは個々によっても異なります。途中で同居に踏み切るカップルもいるでしょう。とにかく焦りは禁物!経験者のアドバイスも参考にしながら、自分らしく頑張ってくださいね。