2018年10月18日

メンヘラはセフレに最適!?メンヘラをセフレにする方法とデメリットを大解説!

「深い関係は持たず、したい時にセックスできる相手が欲しい」つまり、セフレのことです。これは世の男性が持つ共通の願望だと思います。もちろん、女性にも当てはまります。ただ、ひとえにセフレを作るといっても簡単なことではなく、なかなかセフレができずに悩んでいる方も多いことでしょう。そこで、実はセフレにしやすいタイプの女性がいます。

それは「メンヘラ」です。メンヘラは工夫すれば、簡単にセックスすることが可能です。しかし、メンヘラをセフレにするとデメリットも存在します。そのデメリットと注意しなければならない点をご説明します。

メンヘラはセフレにしやすい!


そもそも「メンヘラ」とは、どのような性格の人なのでしょうか?メンヘラとは、精神が乱れがちな人のことを指します。いわゆる、「情緒不安定」の人のことです。

メンヘラも色んな種類のタイプがありますが、ここでいう、セフレにしやすいメンヘラの種類は「軽度のメンヘラ」のことです。通院が必要で、実生活に支障が出るレベルのガチメンヘラはセフレにしようとするとかなり厄介です。そもそも遊びに連れですことが難しいため、ここは諦めましょう。実生活に支障が出るほどではない、適度に精神を病んでいるメンヘラが最もセフレにしやすく、またセフレに適しています。

メンヘラセフレはデメリットも


適度に精神を病んでいるメンヘラは最もセフレにしやすく、セフレに適していますが、デメリットもあります。注意して頂くデメリットをこれからご説明します。

関係を切りにくい

メンヘラは一度あなたに依存してしまうと、その関係はとても切りにくいです。他人への執着が強かったり、自分に自信がなく不安を抱えやすかったり、自殺願望を口にすることが多いです。あるいは重度のかまってちゃんの場合などもあり、関係を切ろうとすると、扱いが面倒なことが多く気軽な関係を結ぶのは難しいかもしれません。

依存される

メンヘラかもなあと思っても特に女性には優しくしてしまいますよね。彼女たちは自分に自信がないので少しでも褒めてくれる男性にすぐになつきます。彼女たちは自分を肯定してしまう人には本気になりやすいですし、自分だけをみてくれると勘違いしやすい傾向にあります。

褒めれば褒めるほどあなたに依存していきます。あとでお世辞だった、なんて言っても通りません。セフレにしたいのならそれなりの態度を取ってください。

私生活を侵される可能性が高い

メンヘラをセフレにすると、あなたの私生活リズムが狂うこともあります。メンヘラの特徴として挙げられるのがLINEなどのレスポンスが異様に早いことです。あなたの仕事中や夜中でもすぐ返信がきたり、また相手にもそれを求めるので「ねえ」「なんで無視するの」「寂しい」などとすぐに催促の通知が溜まります。SNSの更新も多いです。

リスカの痕がある

メンヘラ気質かどうかは見た目で判別できる場合もあります。自分を卑下したりマイナス発言が多いとメンヘラ率は急上昇です。手首の傷をみせびらかす素振りがあったり、自殺をほのめかす発言があったらメンヘラ女性と認定してもいいでしょう。

自分が病んでくる

メンヘラはマイナスの発言が多かったり、手首に関わらず、自分で傷をつけた傷跡があることがあります。それを身近で体験すると普通の人でも一緒に病んでしまいます。

デート・彼氏のフリが大変

彼女にしたいわけじゃないと思っていても女性が本気になることはあります。そんな時、面倒な女だと思ってしまう人もいるでしょうがあなたも要因でもあるということは自覚してください。男はベッドの中でだけ優しくすることができても、女性は感情の生き物なのです。

彼女になりたいと相手が望んだ時点で、セフレの関係を続けるのは大変難しいです。彼女にできないのならすっぱりとセフレという関係ごと切るしかないでしょう。セフレのまま続けたいというのはあなたの勝手な希望ですが、それでもセフレという関係を続けたいなら、相手を傷つけないことです。メンヘラは他の人より傷つきやすいため、デートの時は彼氏のフリをする必要性があるのです。彼氏のフリが大変な人は割り切った関係を続けてくれる相手を探してください。

依存されないためには


とにかく、依存されないということは恋愛感情を表に出さないことです。「好き」などの、カップルを連想させる言葉で、落とし込まない必要があります。好きと全く言わず、セフレの関係を続けることはとても難しいです。

では、どのようにするかというと、とにかく相手を楽しませてあげる事です。「楽しませる」というのは簡単にみえますが、意外に難しいです。しかし、試してみる価値は大いにあると思いますよ。その他にも方法がありますのでご紹介します。

最初から割り切った関係でいる

最初から完全にセフレ関係でいることです。これはお互いに割り切った関係なので、別れ話になったとしてもほとんどの場合スッキリ別れられるはずです。体の相性が良かったり、相手に特別な感情を抱いている場合は名残惜しい・寂しい雰囲気にもなるかもしれませんが、基本的にはハッキリと本当の理由を話してしまってもOKでしょう。

連絡の頻度を低くする

LINEやメールなどに対しての反応がすごく早いというのは「メンヘラ女子」あるあるです。寂しがり屋のメンヘラは、常に誰かと連絡を取っていたいので、携帯を肌身離さず持っています。なので、可能な限りいつでもすぐに返事をしてきます。そのため、あなたが連絡を頻繁に返してしまうと構ってもらってると勘違いし、あなたに依存してしまいます。

メンヘラは一度好きになった人に、異常なまでの執着を見せます。しつこく交際を迫られるくらいならまだいいですが、ひどい場合には自宅や職場まで押しかけてくることがありますので気を付けましょう。

ホテル集合にする

普通のカップルみたいにしっかりデートを重ねてしまうと、メンヘラはあなたのことを恋人だと勘違いし、あなたにやたらと依存してくるはずです。しつこく付き合うことを迫ってきたり、断ると泣き出したり、ひどい時には暴れたりもします。

信頼関係さえ築いてしまえばこちらのものなので、あとはセフレっぽく接しても構いません。とにかく感情移入しないことが重要ポイントです。セフレの関係を相手に理解させ、最初からホテル集合にすることもありでしょう。

関係を切る時は…


関係を切る方法は色々あります。大前提の話ですが、理想は後腐れのない終わり方です。きっとあなたは突然連絡を断つなど鬼のような酷い別れ方を望んではいないはずです。今まで体を重ねてきた仲なのでセフレとは言っても傷つけずに別れる、後腐れのない終わらせ方が理想です。

よくある別れ方として、徐々にフェードアウトしていく方法です。仕事が忙しくなってきた、趣味で忙しいなど適当な理由をつけて忙しいアピールをしていきます。この忙しいアピールはセフレ関係を終わらせたいときにも有効なのでセフレの人数が増えてきたら日頃から伝えておくのも効果的です。最終的に自然消滅するか、ハッキリと別れを告げるかはあなた次第です。

メンヘラはセフレにしやすいが、デメリットもある

深い関係はいや、身体だけの関係でいたい、という人は粘着傾向にあるメンヘラ女性を避けられるように気をつけましょう。また、セフレがメンヘラになってきたなという時には優しさを捨てキッパリ関係を立つ勇気も必要かもしれませんね。