2018年2月18日

彼女が欲しい人必見!彼女が欲しいと思う男性心理と彼女ができない原因を解説!

その昔、人はひとりでは生きていけない主旨の歌が人気になりました。その存在を知っている人は、熟年世代の人が多いでしょう。しかし、時代が変わっても「人と人との触れあい」は大事ではないでしょうか。男女の関係も例外ではありません。

こちらの記事では、彼女が欲しい男性が知っておきたい、恋愛成就のためのノウハウについてまとめました。彼女募集中の人はもちろん、恋人との出会いを密かに願っている人も参考にしてくださいね。

男性が彼女をほしいと思う心理・理由


男性が女性を好きになり、女性が男性を好きになるのは自然の成り行きですよね。また、好きな人といっしょに過ごしたい、結婚したいといった「未来図」を思い描くのも当然ではないでしょうか。

ここでは、彼女をほしいと思う男性の心理や理由について、具体例を交えてお話していきます。それを知って素直になれない人もいるかもしれませんが、気に掛けてもらえると幸いです。

別れたばかりで寂しい

彼女と別れる理由は人それぞれです。彼女からフラれたときは絶望的な気持ちになりますよね。その一方、フラれてよかったと胸をなで下ろす人もいるかもしれません。また、こちらから彼女をふることもあるでしょう。

別れた理由やその経緯によっては、ずっと引きずることもでてきます。その結果、すべてに対してネガティブな感情を抱くこともあるかもしれません。これは、経験した人でないとわかりませんが、ほんとうにツライものです。そのため、新しい出会いを考える余裕がない人も少なからず存在します。そう簡単に気持ちを切り替えられるものではないからです。

しかし、「彼女」と呼べる人がいなくなると、やはり寂しいものです。心にぽっかりと大きな穴が開いたような空しい気持ちになります。そんなとき、自分の気持ちをわかってくれる女性が現れたら、心が動くかもしれませんね。

クリスマスや誕生日などイベント前

クリスマスやバレンタインデーなどのイベント時には、彼女と過ごす計画を立てる人も少なくありません。また、交際記念日やお互いの誕生日といった貴重な日には、ふたりだけでお祝いしたいものです。

そのようなイベントを控えたとき、彼女がいない人はなんともいえない寂しさを感じてしまいます。街中を飾るイルミネーションが恨めしいですよね。ひとりでワインを飲んでいても、空しい想いだけが駆けめぐります。

彼女自慢をされたとき

こちらも、かなりキツイです。親しい友人から彼女自慢をされたとき、その場から逃げ出したくなりますよね。しかも、自分が失恋直後のときは最悪です。もちろん、友人が事情を知らないこともあります。また、友人に悪気はなかったとしても、彼女の話は勘弁してほしいです。

友人の結婚式に出席した後、真っ暗な部屋へ帰るとドッと寂しくなります。大勢の人が集まる場所とのギャップがあるだけに、なんともいえないものです。そんなときは、自分も彼女が欲しくなりますよね。

男性が彼女をほしいと思わないときの心理・理由


一方、彼女をほしいと思わない男性もいるでしょう。もちろん、本音かどうかはわかりません。人前では強がってみたくもなりますよね。しかし、正当な理由があり、彼女をつくる余裕がない人も少なからず存在するのです。ここでは、そのような事例についてまとめました。

仕事が忙しい

仕事内容や所属部署にもよりますが、月末や決算期などは仕事で手一杯になります。そのため、彼女をつくる余裕や、彼女が欲しいと考える気持ちさえ失せるかもしれません。もし、彼女ができたとしても、きちんとお付き合いしにくいのではないでしょうか。

自分の仕事に理解がある女性ならよいのですが、仕事を優先するのを嫌う人だったら少々面倒かもしれません。仕事とプライベートの狭間で悩むこともでてきます。このように、お互いの仕事を理解しあうことは、結婚後もずっと続く大切な課題だといえます。

趣味など別のプライベートが充実している

なんらかの趣味に没頭している人は、趣味のために休日をフル活用したくなります。その結果、彼女とのデートが負担になる場合も少なくないでしょう。同じ趣味を持っているカップルはともかく、共通の趣味がない場合はちょっと微妙です。

趣味を優先し過ぎると「私と趣味とどちらが大事なの!」と迫ってくる女性もいるかもしれません。もちろん、単純に比較できるものではないですよね。しかし、このようなケースは仕事で忙しいときにも起こるのではないでしょうか。

まだ結婚を考えていない

男女の交際期間は、結婚につながる大変貴重な時期です。「お見合い」のように結婚を前提とした出会いばかりではありませんが、いずれは結婚を意識するようになってきます。特に、女性は結婚を望むのではないでしょうか。子どもを産むことを考えると、無駄に年月を重ねたくないからです。

しかし、男性側に結婚の意志がない場合は、交際に踏み切るのを躊躇することも少なくありません。自分に自信が持てない、経済的余裕がないなど理由はそれぞれです。いずれにしても、中途半端なお付き合いは避けたいからだと考えられます。

彼女がほしいのにできない男性の特徴


彼女がほしいのにできない、彼女はほしくないなど、いろいろなタイプの男性がいます。また、自分が置かれている状況では、彼女をつくる余裕がない人もいるでしょう。彼女が欲しい男性は、それらの課題をクリアする必要性がでてきます。

それとは別に、自分自身を見直すことも考えましょう。彼女と縁遠い人は、自分の言動や考え方に原因があるのかもしれません。服装や髪型などを変えてみると、解決の糸口が見つかる場合もあります。ここでは、彼女がほしいのにできない男性の特徴についてお話していきます。思い当たる節がないかどうか、自分の胸に手を当ててみてくださいね。

消極的

好きな人ができても、黙っているだけではダメです。たまたま、相手も好意を抱いている場合もありますが、お互いに言い出せないと平行線のままになります。そのうち、強烈なライバルが現れて、女性が心を奪われるかもしれません。

もちろん、断られたらどうしようと思うのも無理からぬことです。しかし、自分から動かないと前へは進めないのです。臆病な気持ちとサヨナラして、積極的に行動できる自分に変身しましょう。

清潔感がない

人間は中身が大事!特に、生涯の伴侶を見つけるためには、外見よりも人間性を重視する必要があります。また、外面だけがよい人は、そのうち飽きられてしまうでしょう。それでも、見た目も無視することができません。ルックスとか体型とかではなく、清潔感があるかどうかが大きなポイントです。

たとえば、髪の毛がボサボサ、服がシワシワ、おまけに体臭がキツイ、そのような人に好意を持つ人はいないでしょう。やはり、清潔な格好をすることがモテるためには不可欠です。もちろん、これは女性の場合でも同じではないでしょうか。ブランド品で身を固めるという意味ではなく、常に身なりを整えることが大事なのです。

理想が高すぎる

結婚相談所などで出会う場合は、相手の顔写真やプロフィールを重視することが多いですよね。また、そのようなデータ以外で判断できないことも納得できます。ただ、あまりにも理想が高すぎると、貴重な出会いを逃すことにもつながります。

友だち関係から恋人関係になるケースでは、お互いを理解したうえで交際が始まります。もし、理想の女性像があっても、知らないうちに修正している場合も少なくありません。やはり、誰ひとり完璧な人はいないのです。相手に完璧を求めるだけでなく、自分のことも考えましょう。

彼女を作るためのポイント


彼女が欲しい人は、自分自身を見直すことが大事です。具体的には、服装や性格、考え方など多岐にわたります。自分でチェックするだけでなく、親しい人に率直な意見を求めるのもよいでしょう。

そのように、入念な準備をしたうえで、積極的に動き出すようにしたいですね。焦らず待つことも必要ですが、待っているだけではチャンスは訪れないのです。ここでは、彼女を作るためのポイントについて確認していきます。

自分から出会うために動く!外に出る!

やはり、積極的に動くに限りますよね。限られた範囲内では新たな出会いが期待されません。趣味サークルやセミナーなどに参加して、友だちづくりに励みましょう。最初から恋人探しをするのではなく、気の合う友だちを見つけることが大事です。同性の友だちも増やしましょう。そのうち、恋人候補の女性に出会える可能性もでてきます。

彼女がほしいと公言する

「婚活」を公言することは珍しくない時代です。そのため、「彼女がほしい」と堂々と公言しましょう。親しい友人に話しておくと、なんらかの機会に女性を紹介してもらえるかもしれません。

また、友人の結婚式は出会いのチャンスです。新郎の友人として出席する場合でも、新婦側の友人と接する機会がでてきます。二次会などは積極的に参加したいですね。そのとき、世話役などを積極的に引き受けるのもよいでしょう。

少しの失敗でめげない

自分の好きなタイプの女性が既婚者だったり、恋人がいたりするケースもあります。また、その人に彼がいない場合でも、断られる可能性はでてきますね。そのようなとき、多少なりとも落ち込んでしまいます。

しかし、それを恐れていては彼女をつくることはできません。少しくらい失敗してもドンマイ!ドンマイ!気持ちを前向きに切り替えられる自分になりましょう。もちろん、未練がましいのはよくありません。「諦める勇気」も大事です。

聞き上手になる

自分は口下手だからと恋愛に消極的な男性はいませんか。もし、当てはまるのなら「聞き上手」を目指しましょう。むしろ、中身のない話を延々と続ける人よりは受けがよいといえます。

もちろん、一度聞いた話はしっかり覚えておくことが大切です。自分は忘れていても、しゃべった本人は覚えているのです。次に出会ったときに、同じことを聞かれたらガッカリされるでしょう。それだけは避けたいですね。

よくある出会いの場は?


彼女をつくるためには、出会いの場を知ることがポイントになります。人が集まる場所に出掛けるときは、より多くの女性と出会える場所を選ぶとよいでしょう。できれば同世代の人の集まりが理想的ですが、どういった展開になるかわかりません。親世代の人との出会いが縁になり、親戚の女性を紹介してもらえる可能性もでてきます。

効率的な出会いを期待するなら、合コンや婚活パーティーがおすすめです。結婚相談所や出会いアプリなどを活用してもよいでしょう。もちろん、信頼できるかどうかの確認が必要です。ほかにも、同窓会や趣味サークルなどが考えられます。彼女が欲しい男性はとにかく動くことが大事!自分から積極的に動くことをおすすめします。

彼女が欲しいと思ったらすぐに行動!

彼女が欲しい男性は、それを形で示すことが大切なポイントです。「運命の赤い糸」はどこでつながっているかわかりません。「お見合い」が主流だった昔とは異なり、自分から動かない限りまわりの人も気付きにくいのです。もちろん、好意を持った人との恋愛が成就する保証はありません。それでも、失敗を恐れずに前進しましょう。