2018年1月28日

元カノと復縁するために必要なことは?復縁するために今するべき行動を徹底解説!

忘れられない元カノがいるとき、一生懸命アプローチしてもなかなか振り向いてもらえず、もどかしい思いを抱えていませんか?男性心理と女性心理は全く違うので、今までのアプローチ方法ではいくらアプローチしても振り向いてもらえないかもしれません。

そこで別れた元カノと復縁するために必要なポイントや自分磨きについてお伝えしていきます。

元カノと復縁できる可能性はあるの?

女性は別れたら気持ちを切り替えやすく、持っているものを全部捨てたり、一緒に撮った写真を消したりして、その恋を引きずらないようにする性質があります。女性は恋愛を上書き保存してしまうとよく言いますが、これらの行動はその通りで、次の恋愛を受け入れる準備に入ってしまうのです。

ですがだからと言って、元カノと復縁できないわけではありません。この性質を利用し「今までとは違う新しい恋」として意識させることで、復縁は可能です。実際に復縁を成功させている人は多数いるので、今上手くいっていなくても落ち込む必要はありません。

元カノと復縁するポイント

元カノと復縁するためには、いつくかの重要なポイントがあります。どれも女性心理を利用したポイントになるので、男性の方はあまり受け入れがたい事実もあるかもしれませんが、復縁を成功させるために参考にしてみてください。

冷却期間を適度に置く

まずは冷却期間です。先ほどもお伝えしたように、復縁を成功させるには「今までと違う新しい恋」と思っていただく必要があります。そのために過去の嫌な思い出はリセットさせるよう、冷却期間を置くのが正解です。

「嫌な思い出」というと語弊があるかもしれませんが、別れているということは、少なからずあなたに対して嫌な記憶があるということなので、その部分を払拭しなければ復縁は難しいです。そのための期間と考え、少しアプローチを我慢するようにしましょう。

いきなりがっつかない

冷却期間を置いた後は、衝動的に連絡したり、焦りからいきなり電話をかけてしまったりと、がっついてると思われる行動はNGです。「成長していない」と思われてしまいますし、好意が薄れている分「もう連絡取りたくない」と思われてしまう可能性があります。

なのでまずは近況報告をしたり、感謝や謝罪を伝えましょう。あまり長いと重たくなってしまうので、明るさや気軽さも意識した文章が良いです。相手から返信が来てもすぐに返信はしないで、余裕のある行動を心がけるようにしてください。

相手の都合や状況を尊重する

付き合っているとき以上に気を使うことが大切なので、相手の生活リズムを把握している場合は、返信を急かさないことや、急な電話をせずに相手のペースに合わせることが大切です。

また、相手と連絡がとれて近況報告ができたら「頑張ってるんだね」や「毎日お疲れ様」などの理解を示す言葉や労いの言葉を忘れないようにしてください。

根掘り葉掘り聞く必要はありませんが、女性は優しくしてくれる人や理解してくれる人に心を開きやすいです。特に何でも溜め込んでしまう性格の場合は「あまり溜め込みすぎないように頑張ってね」等の言葉をかけると「こういうの良いところだったな」と、良い部分を思い出してもらいやすくなります。

別れた原因や理由を正しく把握

意外と多いのが、別れた理由をしっかりと把握していないことです。なぜ別れたのかわからないのは、相手の気持ちを理解していないからであり、小さなサインに気づかなかったからです。

別れ際に元カノはなんて言っていましたか?日頃あなたにどんなことを訴えていましたか?それを一つずつ思い出し、元カノの気持ちになって考えていきましょう。女性は「私の気持ちを理解してくれなかった」と思っている方が多いです。ですがそれをストレートにいうことは少ないので、男性は困ってしまうかもしれません。

ですが、一緒に過ごしてきたからこそ、必ず日常にヒントがあります。別れの本当の理由がわからなければ復縁しても同じことを繰り返してしまうので、ないがしろにしなかったか、寂しい思いをさせなかったか、彼女のことを尊敬し、尊重していたかなどを思い返してみてくださいね。

新しい彼氏がいないかしっかり確認

相手に新しい彼氏ができていたら、復縁はかなりの長期戦になります。無理ではありませんが根気が必要になるので、まずは現状を元カノに確認しましょう。連絡が取れて何回かやりとりをしたら、「そういえば新しい人はできたの?」等とサラッと聞きましょう。

あまり早い段階で聞くと「未練がある」と思われて警戒されてしまうので、やりとりが続いた場合のみ聞くようにしてください。

冷却期間はどれくらい必要?

冷却期間は別れ方によって違います。話し合いで円満に別れた場合は、2〜3週間ほどで大丈夫です。円満に別れていればあなたに対してのマイナスイメージが少ないので、少ないリセット期間で関係性を再構築していけます。

ですが、喧嘩別れになってしまった場合や、音信不通、自然消滅のように険悪な別れ方をしてしまった場合は、最低でも1ヶ月以上期間をあけましょう。これはマイナスイメージが強いためです。冷却期間に入る前に少しでもマイナスイメージを払拭するには、感謝と謝罪のメールを送ることが大切です。

あまり長文にならないよう、感謝多めの文章を作成し、元カノに送ってください。そうすれば怒りの感情が少し和らぎ、冷却期間後に返信してくれる可能性が高まります。

冷却期間にすべき自分磨きとは

冷却期間中は、自分磨きをするチャンスです。冷却期間中に自分磨きをしておけば、冷却期間後に元カノにあった時、変わった自分をアピールできるので「今までと違う」という新鮮味から新しい恋に発展しやすくなります。

別れた原因になったダメなところを直す

別れた原因を考えたら、それを治すための努力をしていきます。なかなか感謝ができなかった人は、会社などで「1日5日の人にありがとうという」というようなミッションを作ったり、気遣いができなかった人は「1日5人の人にありがとうと言ってもらえるようにする」というミッションを作ります。

そうすることで自分の行動に変化が出てくるので、自然と相手の気持ちがわかったり、気遣いができるようになるものです。
外見の変化は内面よりもやりやすいかもしれません。太ってしまった人はダイエットに励み、おしゃれに全く気を使わなかった人は、雑誌などで流行の研究をしましょう。

そのちょっとした努力が、再会の時の印象に大きな差をつけます。

仕事に打ち込む

仕事に打ち込んで成果をあげれば、何より自分の自信になります。女性はやはり頼れる男性が好きなので、わかりやすく仕事を頑張っている人には嫌な気はしません。仕事が忙しくて寂しい思いをさせてしまった過去があったとしても、それで仕事ができなくなってしまえば魅力は半減します。

仕事の仕方を変えてみたり、働く時間帯を工夫してみたりと、試行錯誤して飛躍しましょう。

スキルアップの勉強・活動をする

スキルアップのために仕事以外で資格をとったり、趣味の時間を作ることが大切です。その充実感が元カノに伝わった時、あなたの変化として快く受け入れてくれますし、元カノの中で「追いかけたい心」が育ちます。

毎日を充実させている男性は格好良く見えますし、そんな人のそばにいたいと思うものです。それに何かに熱中すれば、元カノへの執着心が消え、純粋な好意だけが残るので、自分も気が楽になるものです。

活動は何でもいいので、休みの日の過ごし方を考えてみてください。男性ならジムにいったりボルダリングを始めたり、ゴルフやテニスの教室に通う方が多いようです。
趣味の輪が広がり、新しい友人も出来やすくなります。

どんなきっかけで連絡をすればいいの?

 

冷却期間後の連絡は緊張してしまい、なかなか内容が思い浮かばないものです。「元気?」等の中身のないメールは相手も返信しにくいので、絶対に送らないようにしてください。

ここで必要なのは、要件をつけた返信の必要があるメールです。送る要件があれば相手も怪しまないので、やりとりになれるまでは下記を参考に連絡をとるようにしましょう。

誕生日などのイベント

誕生日にメールをもらったら嬉しいものなので、迷わず送るようにしてください。ただ、別れ際にしつこくしてしまったり、あまり良い印象が残っていない場合は、1日遅れで「少し遅れちゃったけど誕生日おめでとう」と送ると、執着心のなさをアピールできますし、1日遅れで他の人とかぶらないので、記憶にも残りやすいくオススメです。

共通の友人から遊びに誘ってもらう

共通の友人がいる場合は、そのグループで遊べるよう企画します。2人でなければ警戒心も薄くなるので、みんなで行く飲み会などhとても誘いやすいです。

友人にグループラインを作ってもらっても良いですし、友人から元カノに連絡してもらっても良いです。連絡しつつ会えるチャンスでもあるので、計画は慎重に練りましょう。

以前行ったお店などについての質問

何かしらの理由をつけて、以前一緒にいったお店の質問をするのは自然な流れです。例えば

「突然ごめんね><
前一緒にいった◯◯付近のイタリアンの名前って覚えてる?友達に聞かれたんだけど名前を思い出せなくて…」

このようなニュアンスであれば、元カノも返信には困らないですし、一緒に行った場所を思い出してもらえる良い機会になります。なるべく良い思い出が残っているところや、付き合いたての頃の場所が良いです。

元カノと復縁するために必要なのは愛情より気遣い

復縁したいと思って必死に自分の気持ちを伝えるより、相手のことを思ってペースを合わせたり、相手のことを思って連絡しないなどの気遣いの方が重要です。

溢れる愛情は今伝えないと忘れられてしまうのではないか、と思ってしまうかもしれませんが、付き合っていた期間や優しくしてくれた思い出がなくなってしまうわけではありません。

むしろ、それらを思い出させるために冷却期間や気遣いが大切になるので、今は愛情を封印し、相手の気持ちを優先しましょう。それも復縁を叶えるためのステップなので、後悔しない復縁活動をするために、気持ちを強くもって行動していきましょうね!