2018年1月31日

告白にぴったりのセリフは?好かれる告白の仕方や返事の仕方を大公開!

いくつになっても好きな人に告白するのは緊張してしまうものです。告白の正解はないし、他の人がどんな告白の仕方をしているかもわからないから、不安になってしまいますよね。
そこで、告白にぴったりのセリフや告白の手段、返事の仕方までを大公開します!

告白にぴったりのセリフ集

いざ好きな人に告白しようと思っても、なんて言ったらいいかを考えて時間が経ってしまうことはありませんか?成功させたい気持ちが強いとつい考えすぎてしまい、思わず告白が長くなってしまうこともあるかもしれません。

そんな方にはぴったりの「告白セリフ集」をお伝えするので、今好きな人がいる場合はぜひ参考にしてみてくださいね!

男性から告白する場合

1、【いい年して一目惚れしちゃったんだよね】というように、「一目惚れ」と言われたら思わず女性はドキッとしてしまい、悩んでいる気持ちを超える気持ちが溢れます。女性は見た目を褒められるのも好きなので、一目惚れはとても好きな言葉なんです。

2、【このままの関係は我慢できないから、彼女になってほしい】というように、抑えきれない気持ちをアピールされると、女性は男性の強い愛を感じます。「愛されたい」という女性の願望を叶える素敵なセリフです。

3、【こんなに一緒にいたいと思ったの初めてなんだよね】というように、「あなたを超える女性はいない」という気持ちを伝えると、女性は特別感を感じます。元カノを気にさせない魔法の言葉です。

4、【他の人に盗られる前に彼女になってほしい】というように、少しだけ独占欲をアピールすると、「そんな余裕のない一面もあるんだ」と、女性は愛を感じます。独占欲が強すぎるのは良くないですが、好きな気持ちを伝える一つの手段でもあります。

5、【これからの人生で君が必要だと思った】というように、プロポーズのような言葉は男性の決意を感じます。特に結婚願望が強い女性と付き合う場合は、この言葉でアプローチしましょう。

女性から告白する場合

1、【ずっと好きだった】というようなストレートなセリフは、ストレートに言葉を受け取る男性にはとても有効です。「いつから好きだったんだろう」と想像を掻き立てることもできるので、迷ったらストレートに伝えましょう。

2、【◯◯くんじゃなきゃダメだって気づいたんだ】というように、彼のそばにしかいたくない気持ちを伝えると、「頼ってくれてるんだ」と男性は思うので、気持ちが動きやすいです。

3、【◯◯な所をずっと見ていたいって思ったんだ】と、◯◯の所には相手の好きな所や尊敬している所を入れてください。男性は褒められるのが大好きなので、しっかりと見ていることをアピールしつつ、相手を褒めるようにしましょう。

4、【これからは恋人としてそばにいたいな】と、今の関係ではもう満足できないことを伝えると、男性は素直に「可愛いな」と思います。言うときはなるべく至近距離で伝え、可愛さをアピールしましょう。

5、【◯◯くんといるとドキドキして仕方ない】と、伝えると男性は「男としてしっかり見てくれてる」と思うので、素直な言葉に男性もドキドキします。いうのは少し恥ずかしいですが、本心であるなら目を見て伝えるようにしましょう。

告白への返事の仕方・セリフ

素敵な告白をされたら、「ちゃんと返事しなきゃ」と思うものの、その場は気が動転しているのでなかなか気の利いた言葉を言えないものです。これからOKの場合とお断りする場合の返事の仕方をお伝えするので、事前に確認してしっかりと返事ができるようにしておきましょう。

OKしたいとき

OKしたいときは、伝えるべきことが3つあります。それは「付き合いたい意思」「相手の好きな所」「自分の感情」です。これを文章にすると

「ありがとう。私も◯◯くんの××な所が好きだから付き合ってほしいです。こんなこと言ってもらえるなんて思ってなかったからびっくりしたけど、すごく嬉しい!」

このようになります。相手の好きな所が急に出てこなければ「私もずっと一緒にいたいから」等の言葉でも良いです。要は自分も同じ気持ちだよと伝えることで、相手にも嬉しい思いをしてもらえれば、お互いに気持ち良くお付き合いがスタートできるので、意識するようにしましょう。

お断りしたいとき

告白をOKするときより緊張してしまうのが、お断りするときですよね。相手は真剣に告白してくれているので、断るのは少し億劫でにげたくなってしまうかもしれません。

ですが、告白された段階で断ることが決まっているときは、その場でしっかりとお断りしましょう。それが相手への誠意なので、そのままにしてしまうことがまずないようにしてください。

返事の仕方としては、ストレートに気持ちを伝えすぎると傷ついてしまうので、「告白に対する感謝」「人として尊敬している部分」「断りの理由」の順で伝えましょう。例えば

「告白してくれてありがとう。そう言ってもらうのはすごく嬉しいです。◯◯くんの××な所は本当に尊敬しているし、すごいなって思うんだけど、恋愛対象としては見れないんだよね。本当にごめんなさい。」

このような伝え方にしましょう。断る時点で相手からしたら傷つく行為なのですが、伝えなければいけないことは、しっかりと伝えるべきです。こちらも労力を使いますが、誠実な対応をするようにしましょう。

考えさせて、と言われたときの対処法

自分が告白をして「考えさせて」と言われたら、ベストなのはその場で「じゃあ1週間後にまた返事きかせてもらえるかな」と期限を設けることです。

考える時間があるのは悪いことではないのですが、考えた結果を連絡するときに緊張してしまい、そのままズルズルと長引いてしまう可能性があります。なので相手も連絡しやすいように期限を決めたり、自分が再度連絡するなどの約束をして、その場は別れるようにしましょう。

告白は男性から?女性から?

告白は人によって「自分からしたい」「相手からされたい」と好みがありますが、男女ではどうのようなメリットがあるのでしょうか?

男女別に告白するメリットをお伝えするので、そのメリットを踏まえて告白を考えてみてください。

男性からするメリット

男性から告白をする場合の最大のメリットは「男らしさ」をアピールできる点です。やはり多くの女性が好きな気持ちがあっても伝えられなかったり、「男の人から言ってくれないかな、、、」と思っているので、その要望に応えることができます。

また、女性は感情の波が激しく、気持ちが揺れやすいです。なので相手からの好意があまり伝わってこない場合でも告白の仕方を頑張ったり、好きな所をしっかりと伝えれば、その熱意に折れてOKされる可能性があります。

ムードや雰囲気にも女性は弱いので、告白は凝ればこるほど上手くいくといえます。言葉に自信がない人は、最初に雰囲気を作るために夕日が綺麗な場所や夜景が綺麗な場所を調べ、ベストロケーションを見つけておきましょう。

女性からするメリット

男性は「女性から告白される」という概念があまりないため、女性から告白するとより本気度を感じ、OKされやすいです。また女性が一生懸命告白する姿はとても可愛いので、男性はその姿を見ているだけで好きになってしまうかもしれません。

男性はお願いされると断れない性質があるので、女性であることを有利に考えて、自信を持って告白しましょう。

告白の仕方

告白の仕方は全部で4つあります。状況や相手に合わせて告白の仕方は変わりますが、やはり一番は「相手がどうされたら一番喜ぶか」を考えましょう。一生に一度しかお互いの告白はないので、心に残る告白をするために手段を選んでみてくださいね。

直接会って

直接告白をするのは一番恥ずかしく、緊張しますが、一番嬉しくて心に残る方法でもあります。直接目を見ながら「好き」と言われるとドキドキ感も増しますし、成功率も高いです。

ただ告白するハードルはとても高いので、しっかりと伝えることを準備してから告白するようにしましょう。当日は相手が心を開いている状態で告白できると良いので、デートの最後に告白ができるよう準備しましょう。

電話で

直接目を見ていなくとも、声を聞くだけで相手はドキドキするものです。電話で告白するメリットは、頭の中が真っ白にならないようカンペを用意できる所です。伝えたい内容を控えておけば言い忘れを防げますし、早口にならずに落ち着いて話せます。

直接話すのが苦手な人は、電話で告白するのをオススメします。

LINEで

LINEは最も手軽にできる告白ですし、今LINEで告白する人は増えています。文字におこすことで少し恥ずかしいようなセリフも言えますし、自分の気持ちをストレートに伝えられます。

よほどの覚悟がないと「一生守っていきたい」等の言葉はなかなか言えませんよね。伝えたいことが多かったり、少しクサイ言葉を言いたいときはLINEで伝えてみましょう。

手紙で

手紙は手書きで気持ちを伝える分、心に響きやすいです。相手の思い出の品としても残すことができますし、気持ちのこもったプレゼントにもなります。

特に遠距離の場合は突然手紙を送るとサプライズになって良いです。相手の心に響く告白をしたい方は、手紙も準備して告白に備えましょう。

告白するのにおすすめな場所

告白するのにオススメなのは、やはりムードのある場所です。夕日が見える場所や海沿いをドライブして休憩したとき、夜道をゆっくり歩いているときなど、2人きりで且つ静かな場所を選ぶようにしてください。

食事の後に言うときは、個室の居酒屋を予約したり、近くに公園があるお店をチョイスしましょう。別れ際に告白をすることで、ドキドキ感を持ったまま帰れるので、お互いに「また会いたい」という気持ちが高まり、オススメです。

告白を失敗する人の特徴

告白を失敗してしまう人は、共通する特徴があります。告白を成功させるには、お互いに好意がある以外にも大切なことがあるので、下記を参考に「失敗しない告白」を目指してください。

場所選びに失敗

まずは場所選びです。ガヤガヤした居酒屋や、テーマパーク等のデートの途中は、周りに人が多いのでムードもないですし、相手の声もよく聞こえない可能性があります。

多少ガヤガヤしている方が緊張しないのでいいやすいかもしれませんが、告白される方は「なんでこんな場所でいうの?」と理解に苦しみます。「せっかく告白してくれるなら、もっとちゃんとした所で言って欲しかった」とも思うので、好意があっても返事に悩んでしまうかもしれません。

タイミング選びに失敗

告白のタイミングは別れ際や夜、2人きりの時間がベストですが、ムードがあるからといって昼間に恋愛映画を見たすぐ後や、盛り上がっている会話の途中にいきなり告白すると、「勢いで言ってるだけなの?」と勘違いしてがっかりされてしまいます。

せっかく告白しようと意気込んでいるのなら、まずは夜まで待ちましょう。夜食事をするときも序盤に告白すると、その後が少し気まずくなってしまうので、終盤の会話が途切れたときや、ラストオーダーを取りに来たときなどが告白しやすいタイミングです。

焦って失敗

告白したい気持ちが強くなってしまったり、ほかの人に取られるのが怖くなって、まだお互いの関係性が築けていない内に告白してしまうと、「私のどこを好きになったんだろう、本気なのかな?」と好きな気持ちを軽視されてしまいます。

焦ると告白のセリフも上手く伝えられませんし、せっかちな人の印象もついてしまいます。お互いが同じ歩幅で歩き、支え合える関係を望む人は多いです。なので自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちも察しながら告白の準備をしましょう。

告白の準備はセリフとタイミングを

告白で最も大切なのは、やはりセリフとタイミングです。言葉足らずだと気持ちは伝わりませんし、タイミングを間違えると上手くいくはずだった告白も上手くいかなくなってしまいます。

告白で緊張してしまうのはみんな同じなので、少しでも緊張しないように準備をすることが大切です。事前にセリフを考えるのもそうですが、プレゼントを準備するのも良いでしょう。

大きなプレゼントではなく、ちょっとしたもので良いです。相手が好きそうなお菓子や小さな花束等、成功したときに渡せば思い出にも残りやすいですし、好きな気持ちがグッと高まります。

身だしなみも普段より整えて、清潔感を忘れないようにしましょう。告白は気持ちなので、その気持ちをその日1日で伝えられるよう、細かい部分も確認しながら準備し、大好きな人に気持ちを伝えられるようにしましょう!