2018年3月4日

私のセックスのやり方は正しい?セックスで最低限気をつけることやポイントまとめ

日本人はあまりセックスの話題を公にしないので、自分のしているセックスが本当に正しいのか、相手に不快な思いをさせていないかと気になってしまう方は多いです。他の人のセックス事情を知らないからこそ、最低限のポイントを押さえて、相手にも気持ち良くなってもらうためのセックスの仕方をまとめました。

セックスをする場所

セックスをする場所は「2人きりの場所」に限定されますが、その中でもお互いの気持ちが盛り上がったり、気兼ねなくセックスできるのはどんな場所なのでしょうか?個人の趣味や変わった場所も含めて、多くの方が使っているセックスできる場所をお伝えします。

ラブホテル

まずは定番のラブホテルです。ラブホテルの良い所は、ある程度の繁華街であれば1〜2件はある所が多いので、場所を選ばず利用できます。その場でセックスしたい気持ちになっても密室に2人きりでセックスできるのも、ラブホテルの良い所の一つです。

今はきれいなラブホテルや、アメニティが充実しているラブホテルも多いので、女性も安心して利用できますし、手ぶらで行っても問題ないです。短時間の利用や宿泊も選べますし、その時の利用の仕方で値段も変わるので、付き合い始めの方や、付き合う前にセックスを楽しむ方にはとても利用しやすい場所です。

自宅

自宅は誰にも邪魔されずにセックスを楽しむことができる、とてもプライベートな空間です。お金もかからないですし、時間を制限されることがないので、自分のペースで行動することができます。相手の家に行く場合は少し緊張してしまいますが、部屋を見れば生活がわかることも多いので、今後の付き合いを続けるかどうかの判断材料ともなるんです。

自宅でのセックスが好きな方は、常に部屋を清潔に保っておくようにしましょう。見られたくないものは引き出しにしまっておき、慌てて準備をしないようにしましょう。

その他

自宅やホテルのような密室ではなく、カラオケや漫画喫茶なども個室になっている所ではセックスが可能です。部屋に連れて行きたくない人や、ラブホテルは少し高いと感じる人には、低価格でセックスができる場所といえます。

その他に屋外でのセックスを楽しんでいるカップルもいます。デパートの非常階段や、夜の公園など、人がいない場所を見つけてセックスをすると、普段は味わえないようなスリルを味わえて、お互いの興奮度が増します。

少しマンネリ気味のカップルや、スリルが欲しい方にオススメの場所です。

セックスをするための心構え

セックスをするためには、最低限の3つの心構えがあります。ただ単にセックスをするだけでは、愛情のない欲求を解消するための作業になってしまい、お互いの距離感が縮まらないので、注意しましょう。

セックスは自分の愛情を伝え、相手の愛情を感じる手段でもあります。その愛情が冷めないよう、これからお伝えする3つのことで気持ちを整えて、セックスを楽しめるようにしましょう。

身だしなみ・清潔感に気を付ける

まずはセックスをする際の身だしなみと清潔感です。親しい間柄であればシャワーを浴びることなくセックスしても問題ないですが、初めての場合やまだ付き合い始めて日が浅い場合は、しっかりとシャワーを浴びてからセックスするようにしてください。

セックスはお互い裸になって行うものなので、いつもより体臭や口臭に敏感になります。相手が浴びなくてもいいと言っても、シャワーで体をきれいにすると、お互いに不快感なくセックスに集中できます。

また、女性の場合は毛の処理も重要です。電気を消して暗い中でセックスするといっても、体に触れれば毛が生えている場所はわかります。男性は女性に常にキレイでいて欲しいと思うものですし、体毛もそんなに濃くないと思っている方が多いです。

毛が生えているだけで幻滅してしまう男性もいるので、セックスするとわかっているときは、いつもより入念に体のお手入れをしましょう。

お互いを思いやってする

セックスは男女2人きりでするものです。なので、自分が相手を思いやらなければいけませんし、相手にも思いやってもらわないと成立しません。誰も助けてくれないからこそ、よりお互いの絆が増していくのです。

男性は女性が無理をしていないか、痛がっていないかを確認し、優しさをしっかりと持って接することが大切です。女性も男性が伝えてくれる気持ちに精一杯応えながらセックスしましょう。その思いやりがあるだけで、セックスを重ねるたびに愛情が増していきます。

愛情を確かめ合う

先ほどもお伝えしたように、セックスは愛情を伝えるための行為でもあるので、自分の気持ちも伝えなければいけませんし、相手の気持ちもしっかりと受け取る必要があります。セックスは恥ずかしさもありますが、そんな自分をさらけ出すことで、「自分には心を開いてくれてる」と思いますし「自分だけが知っている一面」と思うことで優越感が増し、愛情を感じます。

また、セックスの最中は開放的になっているので、好きという気持ちを言葉でも伝えやすいです。気軽に伝えることができる機会なので、恥ずかしがらずに言葉でも伝えるようにしましょう。お互いの愛情を確かめ合うことで、セックス以外の時間もより親密度が増していきます。

セックスへの誘い方

上手なセックスの誘い方は、男性と女性で違います、お互いの性質を理解した上でセックスに誘うようにすると、乗り気でなかった相手も乗り気になって楽しくセックスできます。

反対に、セックスの誘い方が下手だとその場の雰囲気も崩れてしまい、気まづい空気が流れます。その空気感を修復できなかったら、次に会うときまで引きずってしまうこともあるので、注意しましょう。

まず男性の場合ですが、女性は言葉で誘われるのは恥ずかしく、なかなかyesと言えません。「なので「していい?」と言葉で聞くのは、女性が最も嫌がる方法なんです。言葉の許可がなくとも、2人きりの空間でムードさえ作れば、唇や首筋にキスを始め、少しずつ行動でセックスへ誘導してください。そうすれば心は許している状態だったので、女性もあなたの行動に同意してくれます。

「していい?」という言葉に「いいよ」というと、女性が許したからセックスをするような感覚になり、女性としてはあまり良い気はしません。男らしく自然に誘導してくれる方が身を委ねやすいですし、拒絶される可能性も少ないので、意識して誘導してみましょう。

女性の場合は、反対に言葉が有効です。あまり女性からセックスに誘われる機会が男性はないので、素直に「セックスしたいな」と可愛く言うと、それだけで男性には火がつきます。2人きりの空間で耳元や、恥ずかしそうに抱きつきながら言うと、男性は断ることができないので、駆け引きはせずにストレートに誘うようにしましょう。

セックスの流れ

ここでは基本的なセックスの流れをご紹介します。人によって何を重視するかはまちまちなので、あくまで基本的な流れとして確認するようにしてください。

まずはハグやキスから始め、段々とキスを深くしていきます。キスはお互いセックスに入る意識を高める瞬間なので、徐々に激しくしていきましょう。その後服の上から体を触り、服を脱がせていきます。服を脱がせるとき女性は恥ずかしがる方が多いので、電気を消してあげましょう。

興奮度が増してきたら、胸を触ったり舐めたりしながら、性器へと手を伸ばしていきます。お互いに性器を触れると良いのですが、女性は最初難しかったら、男性に身を委ねていればOKです。十分に女性が濡れてきたら陰部を舐めたり、指を入れて慣らしていきます。

お互いが十分に気持ちが高まったら、いよいよ挿入です。体位は最初は正常位が負担も少なくオススメですが、回数を重ねる中でお互いが一番しっくりくる体位を探してみてください。あまり無理な体位をすると女性は下腹部に痛みを感じてしまうので、注意しましょう。

全てが終わったらキスをして、男性は女性を抱きしめてあげてください。最後にその行為があるだけで女性の愛情や安心感が増すので、どんなに疲れていても気遣いは怠らないようにしましょう

セックスのポイント

セックスをする最中は、流れがあっていれば良いのではなく、お互いが気持ちよくなるためのポイントがあります。代表的なことをご紹介していくので、セックス前に確認するようにしてくださいね。

ムードを大切に

特に女性はムードを大切にします。雰囲気が作れていれば、セックスのテクニックがあまりなかったとしても興奮度が増します。反対に、ムードを無視した自己中心的なセックスは嫌われる原因になるので、お酒を一緒に飲んだり、家でキャンドルを焚いてみたりと、いつもとは違う雰囲気を演出してみましょう。

ゆっくり時間をかけて

あまり急かされるセックスは愛情を感じにくいです。相手のことを思いやるのであれば、キスも愛撫もゆっくりと時間をかけて行いましょう。急かすセックスは乱暴になりがちです。あまり乱暴にすると出血することもあるので、注意しましょう。

相手の反応をしっかり見て

相手がどんなことに気持ち良さを感じているのか、反応を見ながらセックスしていきましょう。女性によって気持ち良い箇所は違うので、キスが一番好きな人もいれば、胸を触られるのが好きな人もいます。それは相手の反応を見ていればある程度わかるので、行為だけに集中せず、相手の顔や声にも敏感になるようにしましょう。

相手に気持ちいい場所を聞くのも◎

もし反応を見てもわからない場合は、直接聞くのも良いです。答えるのは少し恥ずかしいですが、女性も気持ちよくなりたいので、素直に答えてくれる場合が多いです。セックス中は普段口にできないことも口にしてくれるので、聞いておきたいことは積極的に聞くようにしましょう。

終わった後も気を抜かない

セックスが終わった後、お互いに体力を消耗していますが、それでも男性は女性を抱きしめ、キスをしてあげてください。できればそこで少し愛のある言葉を伝えたり、女性の会話に付き合ってあげると、より愛情は深まります。

また、セックス後は水分が不足し、口の中も乾くので口臭が悪化しやすいです。なので水分補給をしっかりとしてから寝たり、行動をするようにしましょう。汗を拭いたり、汚れた部分を拭き取ることも忘れないようにしてください。終わった後も気を使うことはたくさんあるので、少し億劫に感じてしまうかもしれませんが、慣れれば簡単です。

好きな人のためと思って、細かい部分を怠らないようにしましょう。

セックスは最大の愛情表現

夫婦の離婚の原因でセックスレスがあげられるように、セックスでの愛情表現がなくなると、愛情自体が冷めてしまいます。反対に、セックスが充実しているとそれだけ愛情を感じ、親密度も増していくので、関係性が良くなっていきます。

たかがセックスと思わず、「最大の愛情表現」としてとらえ、お互いが一番心地よいセックスのやり方を考えていきましょう。