2018年6月15日

Tinder(ティンダー)なら異性と基本無料で気軽に出会える!?そのサービス内容を徹底解剖!

最近晩婚化など一般的にも結婚する年齢が上がっている風潮もある影響で、結婚に繋がるような真剣な婚活がしたいという方が比較的多いため、真剣に自分と合う相手を探すことのできる恋活・婚活サービスが増えてきています。しかし、一方で出会い系アプリって最近真剣すぎる感じでちょっと使いにくい、もっと気軽な感じなのないの?と思われている方は意外と多いのではないでしょうか。

そんな方にぴったりなのが、Tinder(ティンダー)なんです。いったいどんなサービスなのでしょうか?

Tinder(ティンダー)とは?

Tinder(ティンダー)はスワイプするだけで近くにいる人と出会える出会い系アプリです。一般的な出会い系アプリは希望の相手の条件を設定して検索する機能がついていたりしますが、Tinder(ティンダー)にはそういった機能はありません。位置情報を利用して近くにいる相手の顔写真が表示され、いいねかパスをするだけというシンプルなスタイルなので、誰でも使いやすいサービスです。

Tinder(ティンダー)の運営会社について

Tinder(ティンダー)はアメリカ発の出会い系アプリです。アメリカで人気が爆発して日本にも広がり、日本でも人気が出たという形のようです。そんなTinder(ティンダー)の運営会社ですが、現在はアメリカ大手のIACグループ傘下のMatch Groupが株を取得し、運営しているようです。Match Groupは2015年11月にNASDAQへ上場もしているようですよ!

Tinder(ティンダー)の特長と選ばれている理由とは?

Tinder(ティンダー)は全世界で3000万人以上のユーザーがおり、累計マッチ数は200億というすごい出会い系アプリです。アメリカ発ということもあり、サイトデザインもシンプルでかっこよく、新しい感じがします。そんなTinder(ティンダー)の特長と選ばれている理由を確認していきましょう!

サクサク相手が選べる

Tinder(ティンダー)の特長の一つがサクサク相手を選べるというところです。位置情報を利用し、自分と近い距離にいる人の顔写真が表示されていきます。その写真を見て、いいなと思ったら右スワイプでいいね、自分的にはNGと思ったら左スワイプでパスするだけ。すごく簡単で気軽に相手を選んでいくことができます。基本的には顔写真で判断していく形になりますので、ナンパしている感覚に近いとも言われています。

近くにいる人と出会える

Tinder(ティンダー)は位置情報を利用して、近くにいる異性に出会うことのできるサービスです。最長距離の設定ができるので、どれくらい近くにいる人まで表示するかを自分で設定することが可能です。年齢の範囲も設定できるのでだいたいの異性の年代と距離を決めればあとは顔写真を見てさくさく色々な人と出会うことが可能なんです。

近くにいる人と出会えるシステムなので、旅行先の海外などでも利用できるので、恋愛対象として異性を探すだけでなく気軽に友達を探したいという方にもおすすめのサービスですよ!

男性も無料

最近の出会い系アプリは基本的に男性はメッセージを送受信するのが有料というサービスが多くなっています。しかし、Tinder(ティンダー)は男性でも無料でメッセージのやり取りができちゃうんです。そんなにお金の余裕がない学生さんや、あまり出会い系アプリにお金を使いたくないという方も気軽に利用することができるのはとても嬉しいですよね。

外国人とも出会える

Tinder(ティンダー)の大きな特長はアメリカ発のアプリで海外でもかなり有名な出会い系アプリになるので、日本で利用する外国人ユーザーも多いということです。そのため、日本で外国人と出会いたい方には他のサービスよりも出会いやすい最適なアプリなんです。もちろん外国人と付き合いたい方もなんですが、外国人の友達がほしいという方や、友達になって英語を教えてほしい、異文化交流したい、視野を広げたいなどと考える方にもいいかもしれませんね!

Tinder(ティンダー)の会員の特徴


Tinder(ティンダー)では毎日2600万以上のマッチングが生まれているそうです。そんなTinder(ティンダー)にはどのような会員がいるのでしょうか?男女それぞれ見ていきましょう!

男女比

Tinder(ティンダー)を利用している男女比はある調査によると6:4の比率だそうです。男性の方が少し多いようですね。Tinder(ティンダー)は自分の好きなタイプの異性がいれば右にスワイプして、同じように相手も右にスワイプしてくれたらマッチング成立という形をとっており、例えるなら電子版ナンパのようなシステムになっているので男性により好まれるのかもしれませんね。

会員数

Tinder(ティンダー)の会員数は日本国内のみのものは公開されていないようです。しかし、全世界で3000万人以上のユーザーがいることがわかっています。その数字だけ見ても世界中で非常に人気のある出会い系アプリであることはわかりますよね。2017年の全期間iOSアプリのトップ15にも入ったそうです。

日本では2015年頃から人気が出てきており、ユーザー数も増えてきているようです。気軽に使える出会い系アプリとして認知度も高いため、これからも会員数は増加していきそうですね!

男性会員の特徴

Tinder(ティンダー)の男性会員は10代~30代前半までの比較的若い男性が多いようです。男性も基本的に無料で利用することのできる出会い系アプリは貴重なので、学生など若い男性の利用者が多いのかもしれませんね。若い男性が多いので、結婚願望が強く、真剣に婚活しているという方は少ないようです。

Tinder(ティンダー)では近所で気軽に遊べる女性を探している男性が多く、本気度は低いです。飲み会や友達同士でノリで登録しているような男性も多いので、マッチングしても実際に出会うまでは繋がらないという場合もあります。しかし、いいねができる数も他の出会い系アプリよりもはるかに多いので、毎日かなりの数のマッチングが成立しているようです。中にはエッチを目的として利用している男性も多いようですので、女性の方はそういったことを念頭において利用したほうがいいかもしれません。

女性会員の特徴

Tinder(ティンダー)の女性会員も10代~30代前半までの比較的若い女性が多いようです。最近では出会い系アプリにおいて女性がだまされたり危険な目に合わないためにも、会員の質を高めるために審査制や年齢確認、身分確認の強化をしているサービスが多い中Tinder(ティンダー)は特に審査などもなく、気軽に近くにいる人と出会える仕組みになっています。

そんな数多くある出会い系アプリの中からあえてTinder(ティンダー)を利用している女性は比較的オープンで気軽な出会いを求めている方が多いようです。実際にTinder(ティンダー)の利用者は比較的派手な感じの女性が多いというような口コミもあります。海外旅行の際に友達を探したり、暇つぶしなどに使っている女性も多いようですね。

また、Tinder(ティンダー)の男性会員はエッチを目的として利用している方も多いので、それを知りながら利用している女性はかなり男性を吟味してからいいねをするようにしているようです。そのため、他の出会い系アプリよりもマッチングするのが難しくなっているのかもしれませんね。

Tinder(ティンダー)の料金体系

それでは気になるTinder(ティンダー)の料金体系を見ていきましょう!無料でできることから有料プランがあるのかまで詳しくご紹介しますね。

無料でできること

Tinder(ティンダー)は基本的に無料で利用できるサービスです。男女ともに無料で利用できる出会い系アプリは少ないのでかなり貴重です。無料でできることを順番に説明していきますね。まず1つ目が異性の顔写真、プロフィールチェックです。Tinder(ティンダー)では顔写真が出てきて、スワイプによりいいねかパスをするというシステムになっています。なんと12時間で120いいねすることができるので、無料でも十分たくさんの異性をチェックできます。

2つ目がメッセージのやり取りです。男女ともにお互いがいいねをするとマッチングし、メッセージのやり取りができるようになります。どちらかが有料会員でないとメッセージのやり取りができないというシステムだとせっかくマッチングしてもスムーズにメッセージにうつれない場合がありますが、マッチングさえすれば無料でやり取りできるのはとても嬉しいですよね!

3つ目がSuper Likeを1日1回使えることです。Super Likeとは誰かのプロフィールの表示画面で上にスワイプするか、青い星印のアイコンをタップすると自分が相手に特別に興味を持っていることを知らせることができます。相手にSuper Likeしたことが通知され、いいねをするか決めてもらうことができます。もし相手も気にいってくれたらすぐにマッチングすることができます。

たくさんいいねできるTinder(ティンダー)だからこそこのSuper Likeはここぞという時に活用して、マッチングしたいと思う相手に送りたいですね!このようにマッチングからメッセージ交換まで無料でできることがたくさんあります。無料会員でも十分楽しめるのがTinder(ティンダー)の魅力ですね。

有料プランはあるの?

Tinder(ティンダー)には有料プランが2種類あります。1つ目がTinder Plusです。料金体系は1ヶ月プランが1,100円/月、6ヶ月プランが700円/月、12ヶ月プランが567円/円です。他の出会い系アプリと比べてもかなりリーズナブルな料金なんです!

Tinder Plusを取得するとできることがたくさんあります。1つ目が好きなだけ右にスワイプすることができるいいねが無制限になることです。無料でも12時間で120回できますが、このプランになると無制限で何人でも異性の顔写真をチェックすることができます。

2つ目がパスポート機能を利用できることです。Tinder(ティンダー)は基本的に近くにいる人とマッチングするように位置情報を利用して異性と出会うシステムですが、このパスポート機能を利用すると他の都市や国のユーザーまで検索できるようになるんです。この機能を利用すれば旅行先の地域にいるユーザーをあらかじめ検索して事前に会う約束をしておくこともできます。

3つ目がスワイプのやりなおし、リワインド機能です。これを使えば最後のスワイプをやり直すことができます。興味があった人を間違えて左スワイプ、すなわちパスをしてしまうと通常ニ度とその人を見ることができなくなります。リワインドを使えば間違えた場合にあきらめなくても、もう一度戻ることが可能になるので非常に便利ですよね。リワインドできるのは最後に見たユーザーのみなので、慎重にスワイプするようにはしましょう!

4つ目が毎月1度ブーストをできる機能です。Tinder(ティンダー)にはブーストという機能があり、自分の地域のプロフィールの一番上に30分間優先的に自分のことを表示できる機能です。これを利用すれば間違いなくマッチする確率は上がりますし、なんと最大でプロフィール閲覧数が10倍も増加するそうです。画面にある紫の稲妻マークを押すとブーストができるようになります。

5つ目がSuper Likeを1日に5回まで使えるようになることです。無料でも1日1回使えますが、5回使えるようになるので、お気に入りの異性が多くいる場合は効果的にアピールすることができるので便利ですね!月567円~支払うだけでこんなにもたくさんアピールしやすい機能が使えるようになるので、有料会員になる価値は十分にあります。

もうひとつの有料プランがTinder Goldです。料金体系は1ヶ月プランが1,700円/月、6ヶ月プランが983円/月、12ヶ月プランが775円/月になっています。こちらもかなりリーズナブルな料金体系ですよね!Tinder Plusでできることに加えて大きくできるようになることは誰が自分をいいねしたか見ることができるようになることです。

出会い系アプリでは誰がいいねしてくれたか見ることができる機能がついているサービスは多いですが、Tinder(ティンダー)には無料プランではそれがありません。しかし、Tinder Goldを利用すればあてどなくスワイプを続けて時間を無駄にすることなく、自分を気にいってくれた人の中から選ぶことで最速でマッチングが可能になります。スワイプ疲れをすることがなくなりますのでオススメです。

お支払方法

Tinder(ティンダー)の有料プランのお支払方法はご使用のデバイスによって異なるようです。iPhoneを利用している場合はAppleサポートを、Androidデバイスを利用している場合はGoogle Playサポートを参照するようにとの案内があります。それぞれのアカウントに請求される形になりますので、詳しくは端末の確認を行ってください。

また、Tinderオンライン(Web用Tinder)を利用している方はVisa、Mastercard、およびアメリカンエクスプレスカードを利用できるようですよ!

Tinder(ティンダー)のメリット・デメリット

口コミでわかった3つのメリット

スワイプが右か左かで簡単にでき、お金をかけることなく満足して使うことができます。また女性は驚くほど簡単にマッチできると言われています。わたしも簡単にさまざまな人とマッチしていって、人気があるような気がして嬉しかったです。さらに、海外の人も使っているマッチングアプリなので外国の方とも知り合いになれます。(22歳/女性/学生)

 

ティンダーは世界で5000万人の人が登録していますから日本の会員数は非公開で分かりませんが、将来、ティンダーはマッチングアプリの代表の一つになる事間違いありません。ティンダーの魅力は低価格の利用料を提供している面もあります。月額1200円は類を見ない安さではないでしょうか?世界で選ばれてるからこそこの低コストが可能なんだと思います。(22歳/男性/会社員)

 

このアプリは多くの外国から日本に来ている方々が登録しているので外国の方と関係を持ちたいという方には最もいいアプリです。やり方は好きか嫌いかを左右にスワイプするだけととてもシンプルなので初心者でもすぐに覚えることができます。さらに、このアプリは課金もできるんですが課金しなくても十分出会うことができます。(21歳/男性/学生)

口コミでわかった3つのデメリット

自分の現在地と、相手の現在地との距離が表示されることから、相手の現在地を推測できることです。これによって怖い思いをしたことはありませんが、不気味な感じはします。また、セックス目的の人が多いように感じます。マッチングをして、会話が始まると同時に体の関係を求められることが多々あります。(25歳/女性/その他)

 

私は日本人が好みなので日本人のみを検索したいのですが、国際色豊かなアプリなので非常に多くの外国人の方が候補として現れます。加えて、こちらが相手に好意を寄せ、相手からも自分に好意が寄せられた時しかメールでのやり取りができず多くの場合が両想いになることなく終わってしまいます。(26歳/男性/会社員)

 

保留ができないので、顔が表示された瞬間に決めないといけないです。保留にして後から考えたいと思ってもできないので、即決力が必要です。また出会いは多いものの、遊び人が多いので、真剣に付き合いたい人はプロフィール欄に真剣交際希望とか書かないと遊ばれて終わります。遊び目的じゃないなら、プロフィールの書き方も要注意。(29歳/女性/ 会社員)

Tinderのその他の評判や口コミは?

アプリの良いところは、基本料金は全てメッセージなども含めて無料なところです。実際に家から何キロぐらいのところに住んでいるのかとかも出てくるので分かりやすいです。写真が出てくるので良いか悪いかを選び、良いと選んだ相手が自分のことを良いと思ってくれていたら初めてマッチングします。実際にマッチング率も無料アプリの中では良い方だと思います。(25歳/男性/会社員)

 

その他の出会い系アプリに対して古くからやっていることもあり、ティンダーは信用もかなりできるアプリだと思います。実際に友人が何人もあっており、食事や金銭ではない出会い目的の女性との関係もできているとのことなので、確立としては活用する余地があると思いますので、積極的に利用され手もよいと思います。(28歳/男性/会社員)

 

正直に、婚活や誠実なお付き合いを切実に探している方にはあまり向いていないかもしれません。私も、オススメしてくれた先輩も、暇つぶし感覚で触っている事がほとんどで、また、繋がって連絡を取り始めた人も、その場の関係やあっさりしたものを求めている人が多かったです。話のネタにはなったのと、簡単に始められて簡単にやめられるので、マッチングアプリとはどんなものかと覗いてみたい方などにも気軽に始められてオススメです。(29歳/女性/会社員)

すぐできるTinder(ティンダー)の登録方法

Tinder(ティンダー)の登録は非常に簡単です。

まずはアプリをダウンロードします。その後Facebook経由か電話番号かどちらかでログインすることができます。Facebookを登録しておけばよりスムーズに登録が可能ですので便利です。その後位置情報をONにすればもう異性の顔写真をチェックすることが可能になります。ものすごく簡単ですよね。

どうやって出会うの?

Tinder(ティンダー)では近くにいるユーザーの顔写真を順番に見ていき、いいなと思った人を右スワイプ、気に入らなければパスで左スワイプをしていくシステムです。見たい異性を絞るには位置情報で最長距離を設定することと、年齢の範囲を設定することで表示される異性を少し絞ることができます。

いいねした相手が自分にもいいねをしてくれたらマッチング成立で、メッセージのやり取りができるようになります。Tinder(ティンダー)で出会えるコツはとにかくたくさんの異性をチェックしていいねをすることです。気軽に登録できるアプリになるので、真剣な会員ばかりとは限らず実際に会える確率は他の出会い系アプリより低いと言われています。とにかく持っているいいね数はすべて消費する勢いで異性をたくさんチェックしてたくさんいいねをしましょう。

Tinder(ティンダー)でマッチングを増やための20のポイント

それではTinder(ティンダー)で実際にマッチングを増やすためにはどのようなことをすればいいのでしょうか?実際にTinder(ティンダー)でできるマッチングを増やすための20のポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

顔写真は多めに登録

Tinder(ティンダー)では顔写真を6枚まで登録することができます。メインで表示される写真が最も重要ではありますが、多ければ多いほどよいので、顔写真は多めに登録するようにしましょう。

顔のサイズ感が大切

メイン写真にせっかく自分が一番良く写っている顔写真を設定しても、その顔写真が小さすぎるとパスされてしまう確率が上がってしまいます。逆に顔がアップすぎるのも印象が良くありませんので、顔写真は適度なサイズ感の写真を選択しましょう。

顔写真ははっきり顔がわかる写真を

Tinder(ティンダー)では顔写真が大きく表示され、基本的にはその写真を見ていいねかパスかを判断する流れ作業になります。そのためまさに顔写真が命なんです。ぼやけた写真や画質が悪いのはもちろんパスされる可能性が高くなります。必ず顔写真は自分の顔がはっきりわかる鮮明な写真を使用するようにしましょう。

Snowなど加工しすぎない

女性に多いのですが、自分を綺麗に見せる為に加工アプリを使いがちです。あまり加工しすぎるとひかれてしまう場合もあるので、やりすぎないようにしましょう。大きく顔写真が表示されるためインパクトが大きすぎる犬や猫など動物の耳がつく加工など過度なものもやめておきましょう。

プリクラは使用しない

プリクラの使用は子供っぽい印象を与えてしまいますので控えるようにしましょう。最近のプリクラは加工がすごいので別人のような写真になります。あまり相手にいい印象は与えないものになるので使用しないようにしましょう。

複数人で写っている写真をメインに利用しない

複数人で一緒に写っている写真をメイン写真にするのはやめておきましょう。どちらが本人なのか自己紹介文に書いていたとしても、写真だけでどの人が本人かわからない写真はいいねをもらえる確率が下がりますので気をつけましょう。

清潔感のある写真を

顔写真は清潔感のある写真を使用しましょう。顔がわからない写真や清潔感がない写真はパスされてしまう可能性が高いです。さわやかで笑顔で写っている写真を使うようにしましょう。また、意外に重要なのが写真の背景です。ごちゃごちゃしたところよりもスッキリした背景の方が好印象に写るので、背景も気にかけるようにしましょう。

サブ写真は趣味の写真を使う

メイン写真は顔写真メインの写真を選択したほうがいいですが、サブ写真は普段の様子がわかる趣味の写真を数枚使用すると自分のアピールにもなります。例えば趣味で何かスポーツをしているなら、スポーツを実際にしている写真、グルメでおいしい料理が好きなら美味しかった料理と写っている写真を使用しましょう。また、外国人の利用者も多いので旅行中の写真も好感度が上がる可能性がありますので、旅行の写真でいいものがあれば積極的に使用しましょう。

いいねをたくさんする

Tinder(ティンダー)でマッチング率を上げるためにはとにかくたくさんいいねをすることが大切です。他の出会い系アプリに比べて圧倒的に無料でいいねできる数が多いのでその分活用しなければなかなかマッチングすることができません。時間があればTinder(ティンダー)を利用してたくさんの異性をチェックしましょう。

Super Likeを1日1回必ず利用する

Super Likeとは誰かのプロフィールの表示画面で上にスワイプするか、青い星印のアイコンをタップすると自分が相手に特別に興味を持っていることを知らせることができる機能で、無料では1日1回利用できます。相手にSuper Likeしたことが通知され、いいねをするか決めてもらうことができ、もし相手も気にいってくれたらすぐにマッチングすることができる最高の機能なので、忘れず利用するようにしましょう。

プロフィールは簡単に入力する

Tinder(ティンダー)の特徴は他の出会い系アプリと違って、相手探しの段階ではあまりじっくり一人ずつプロフィールを確認するなどせず、直観でいいねをするということです。そのため、プロフィールもたくさん書くよりかは簡単に書いておく方が効果的です。最大500文字入力できるようですが、5行くらいで簡単にまとめるようにしましょう。

趣味を書く

少ないプロフィール欄に趣味を書いておくことは自分のことをアピールできることにもなりますので、記入しておきましょう。文章でだらだら書くのではなく、趣味:●●●などと箇条書きにすると一目でわかりやすいかもしれませんね。

職業を入力する

Tinder(ティンダー)は他の出会い系アプリと違ってとにかく相手の情報があまり詳しくわかりません。そのため、特に女性は相手の職業が何かということをとても重要視しています。できるだけ入力しておくことでいいねしてもらえる確率もあがりますので、ぜひ設定しておくようにしましょう。

ポジティブなことしか書かない

プロフィールにネガティブなことを書く人がたまにいますが、好感度が下がってしまうので書かないようにしましょう。ポジティブな内容だと前向きな出会いを引き寄せます。

元カレ、元カノの話を書かない

彼女と別れたばかりで失恋のつらさを忘れるために登録しましたなど、元カレ、元カノの話は絶対NGです。

外国人と出会いたい場合は英語で書く

Tinder(ティンダー)は他の出会い系アプリに比べて外国人のユーザーが圧倒的に多いです。そのため外国人の方でもわかるように英語で自己紹介を書いておいたり、しゃべることのできる語学を書いておくと外国人からいいねがもらいやすくなります。外国人と出会いたい方は必ず英語もしくは出会いたい国の言語でプロフィールを記載しましょう。

ブーストを活用する

Tinder(ティンダー)では有料プランを利用すれば、毎月1度ブーストができます。自分の地域のプロフィールの一番上に30分間優先的に自分のことを表示できる機能なので、これを利用すれば間違いなくマッチングする確率は上がります。利用したほうがいいのですが、利用者が少ない時間帯に使用しても効果が期待できないので、夜の21時あたりの利用者が多いであろう時間帯に使用するようにしましょう。

メッセージはすぐ返す

Tinder(ティンダー)は他のアプリよりも少しマッチング率が低いので、マッチングした場合その機会を逃してはいけません。タイミングが非常に重要になるのでマッチング後すぐにメッセージを送り、相手にコンタクトをとるようにしましょう。

会う約束を早めにする

Tinder(ティンダー)は恋活を目的としたアプリではなく、近くにいる人と気軽に出会うことを目的としています。そのため、日常的にアプリを利用している人ばかりではなく、その時だけ探しているといった方も多いのが現実です。マッチングしてメッセージ内でゆっくりお互いを知ってから会うといった形ではなく、早く会う約束を取り付ける方がうまくいくので、メッセージ開始後早めの段階で話はメッセージでするのではなく、会ってしようと提案しましょう。

下ネタはNG

男性でエッチ目的で利用している方が多いのは事実ですが、その分警戒心の強い女性ユーザーが多くなっています。もしそうであったとしても下心があることをプロフィールやメッセージに書いてしまうとマッチング率はかなり下がりますので、控えておきましょう。

サクラ・業者はいるのか?

Tinder(ティンダー)はサクラや業者がたくさんいるという口コミが比較的多くなっています。エッチ目的で登録している人が多かったり、入会に審査などもなく、だれでも気軽に登録できてしまうサイトなので、業者やサクラも入ってきやすいのでしょう。Tinder(ティンダー)にいる業者はメッセージで別サイトへ誘導してきたり、あやしい勧誘行為、お金目当てで援助交際などを持ちかけたりする場合もあるようです。

そんな少し危険もありそうなTinder(ティンダー)ですが、運営会社として何か対策をしているということをあまり公言していません。最近では出会い系アプリのあやしい、危険というイメージを払しょくするためにも24時間監視体制や、あやしいユーザーの強制退会など運営側がなにかしら対策していることをアピールしていることが多いです。

しかし、Tinder(ティンダー)ではそのような記載があまりないので、ユーザー側できちんと相手を見極めて大丈夫かどうか判断することは大切です。流れ作業になりがちなスワイプですが、顔写真をみていいなと思ったら少しプロフィールをチェックしてからいいねをすることも大切なのかもしれませんね。

まとめ

がっつり恋活、婚活がしたい、自分とぴったりあう理想の異性に出会いたいという方はTinder(ティンダー)には向いていないかもしれません。しかし、逆に気軽に出会いを探したい、近くにいる人と出会えるツールの一つとして出会い系アプリを利用したいという方にとってはTinder(ティンダー)は最適なサービスですよ!

登録も簡単にできますし、基本的なマッチングまでの流れは無料で利用できるのもTinder(ティンダー)の魅力の一つです。登録がまだの方はぜひ登録してみてくださいね!もしかしたら新しい出会いがたくさん生まれるかもしれませんよ!