2018年6月1日

Pairs(ペアーズ)は大学生におすすめ!真剣な恋活ができる5つの理由と安心・安全な使い方を紹介

マッチングアプリのpairs(ペアーズ)は、婚活はもちろん、恋活目的の大学生にも多く利用されています。大学生がマッチングアプリ?と思うかもしれませんが、欧米ではパートナー探しの一つに、pairs(ペアーズ)のようなアプリを使うのが定番となっていて、日本でも今そうなりつつあるのです。

気軽にたくさんの出会いを見つけられるpairs(ペアーズ)は、クラスやサークルに入ってもなかなか恋人ができない、という方にはぜひおすすめしたいアプリです。今回は、大学生が安心・安全に恋活できる方法を紹介します。最後までお付き合いください!

pairs(ペアーズ)が大学生におすすめの理由

大学生は学校やサークルでたくさんの出会いがあるのでは?と思っている方も多いかもしれません。でも出会いはあってもなかなか恋愛に発展しない、下手に告白して友達関係を壊したくない、など学生が身近で恋人を見つけられない理由はたくさんあります。

pairs(ペアーズ)なら学校、サークルとは全く関係なく、もっと広い範疇で気軽に恋活ができます。マッチングアプリを使って真剣な出会いを探す大学生は意外に多いのです。

真面目に出会いを探しているユーザーが多い

こういったマッチングアプリを使う時、気になるのが真面目な出会いができるのか?ということ。怪しげなユーザーが全くいない、とは言い切れませんが、ほとんどのユーザーは真剣で真面目な恋活・婚活をしているのです。

特にpairs(ペアーズ)は会員数が延べ600万人を超える日本有数のマッチングサイト。これだけの人がpairs(ペアーズ)を選んでお相手探しに活用しているという事実が、すでにサイトの信用性・信頼性を物語っています。

これまで生まれたカップルは約12万組。実際に結婚に至ったカップルもたくさんいます。マッチングアプリにはそれぞれ特性がありますが、pairs(ペアーズ)の特性は真剣な出会いの提唱、なのです。

それに伴う機能やシステムが充実しているので、やはりユーザーも真剣な恋活・婚活目的に利用する方が多いのだといえます。

20代前半の若いユーザーが多い

もう一つの特徴は、若いユーザーが多いということです。pairs(ペアーズ)の利用者で20代が占める割合は50%以上です。

他のマッチングアプリでは20代は多いものの、30代もほぼ同様だったり、30代、40代がメインだったりするものも比較的多いのですが、pairs(ペアーズ)では若い世代の利用が特に目立っています。

理由はやはり、若い方が利用しやすいシステムになっているからだと言えます。Facebookで気軽に登録できたり、コミュニティ機能で自分と同じ趣味や趣向のお相手と出会えたり、ひたすら好みを追求した検索ができたりと、自分にあった出会いができることが、20代のユーザーに人気が高い理由なのではないでしょうか。

友達にバレにくい仕組み

マッチングアプリを使っていることは友人や知り合いにはバレたくない、と思っている方も多いはず。pairs(ペアーズ)ではプロフィールでもニックネームなどの匿名制を取っているので、もし知り合いに検索されてもすぐに自分とはわからないようになっています。

Facebookで友達にバレるのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、Facebookでの友達はブロックすることができるので、利用していることがバレてしまう、といったことはありません。

女性は無料

pairs(ペアーズ)では、女性はほとんどの機能を無料で使うことができます。そういったことも学生さんが利用しやすい理由の一つだと言えますね。ただし年齢確認をしないとお相手とメッセージ交換ができない、など使える機能が制限されてしまうので、早めに済ませておきましょう。

またレディースオプションというものもあり、月額2,900円~で通常の機能にプラスして、オンラインの表示を隠せたり、送ったメッセージの既読・未読がわかったり、足跡が見られる回数が増える、といった機能をつけることができます。かなり使いやすくはなるので、快適に使いこなしたい、と思っている方にはおすすめです。

社会人とも出会える

pairs(ペアーズ)には20代後半から30代のユーザーがとても多く、割合で言うと25歳~29歳で約30%、30歳~34歳で約18%と25歳から34歳までの会員が全体の約半数を占めています。

職業的にはやはり会社員が一番多く、次に公務員、会社経営者・役員と続いています。もちろん大学生も多いのですが、確率から言えば、社会人との出会いの方が多くなるのではないかと思われます。

大学生がpairs(ペアーズ)を始める際の注意点


マッチングアプリを使って、広範囲に気軽に恋活ができるのは嬉しいことですが、やはりそこには注意すべき点もあります。以下にまとめた事柄は、安心・安全に利用するために、常に意識しておいてください。

Facebookの友達じゃない人にはバレる可能性も

Facebookで登録をしている友達にはバレることはありませんが、登録をしていない友人・知人にはバレる可能性があります。なので絶対にバレたくないのであれば、登録をしていな友人・知人もできるだけ登録しておいた方がいいでしょう。

もしもアプリ上で友人・知人を見つけたら、手っ取り早くブロックすることもできます。あとはプライベートモードというのがあり、「いいね」を送ったお相手、もしくはマッチングしたお相手にしか、自分のプロフィールが公開されなくなります。足跡も付きません。すでにマッチングしたお相手がいたなら、この方法もありでしょう。

業者・ネットワークビジネス勧誘

これは、pairs(ペアーズ)のようなマッチングサイトでは常に問題になっている事柄です。利用するすべてのユーザーにとっての脅威であり、運営側も安全対策を強化するなど対策は取っているのですが、撲滅できない、というのが現状のようです。

なのでユーザー自身が常に意識して、少しでも怪しいと思う者を見つけたらブロックする、通報する、などの対処を心がけましょう。うまい事を言ってくる者や、何かの商品を宣伝してくる者には要注意です。

体目的のユーザー

女性はこういったユーザーに一番気をつけなくてはいけません。どんなマッチングサイトにおいてもこんなユーザーが全くいないとは言い切れず、また事前に排除することもできません。

もちろん割合的には少ないでしょうが、皆無とは言えないので、出会ってしまうことも考慮しておいた方が賢明ですね。やはりメッセージを何通も交わして、お相手のことをしっかり知る、そして簡単には会わない、個人情報も教えないということが大事です。メッセージの中ですぐにでも会おう、ということを頻繁に言ってくるお相手がいたら、警戒した方がいいでしょう。

pairs(ペアーズ)で怖い思いをしないための対策


pairs(ペアーズ)をより安心・安全に利用していくにはどうしたらいいのか。気をつけるべき点をまとめました。ぜひ参考にしてください。

自己紹介に個人情報を書かない

プロフィールには自分の本名など、個人情報に繋がるものは記載しないでおきましょう。大学名なども伏せておいた方が賢明です。Facebookから個人を特定されないために、登録をしたら早めにメイン画像をアップしてください。登録当初は顔のアップなどの写真は避けた方がいいでしょう。

最初のデートはランチやお茶に

始めて会うのは明るいうちに!夕方暗くなってきたら別れる、ということを基本にしてください。人通りが少ないところも避けましょう。にぎやかな繫華街がベストです。友人・知人が働いているカフェ、レストランがあればそこで会うのもいいですね。

まとめ

いかがでしたか?大学生もたくさん活用しているpairs(ペアーズ)アプリ、真剣な恋活ができるのは嬉しいのですが、安心・安全に利用していくにはやはり、ユーザーの気構えも大事になってきます。そこはしっかりと注意して、快適なお相手探しを実践してみてください!