2018年5月28日

【体験談】Withで友人が結婚をしたことをきっかけに、Withで恋活はじめました

約1年前。婚約寸前までいった彼といろいろな事情により別れることになりました。もう30歳目前。合コンの誘いも少なければ、紹介はもちろん、職場に出会いもありません。どうやって新規の男性と出会えばいいのか…。途方に暮れているそんなとき、友人からアプリで知り合った男性と付き合ったという連絡が。その後も2,3人からアプリがきっかけで付き合ったと教えてもらいました。更には結婚をするという友人まで。周りでこれだけ実証済みならば安心安全。ここから長い戦いが始まったのです…。

with(ウィズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Withで友人が結婚したことがきっかけに

withを選んだ1番のきっかけは、このアプリによって友人が結婚したことです。アプリで本当に結婚できるのかと半信半疑だった私は衝撃を受けました。

友人のパートナーを紹介してもらったのですが、職業も人柄もとてもしっかりした方でした。それによって、私の中にあった「出会い系」という悪いイメージが払拭されました。

更に友人からwithの素晴らしさをプレゼンされ、DAIGOさんが監修という有名人を起用していることから安心感もあり登録しました。

メッセージのやり取りは毎日

使い方としては、基本的に私は「いいね」を頂いて、それに対し返信を行っていました。

登録始めは1日に100件以上「いいね」がくることもあり大変ですが、とりあえず見た目でOKだと思った人のプロフィールは要確認⇒メッセージのやり取りという流れを何人もの男性と毎日行っていました。

その際にあらかじめ自分はどんな条件の男性がいいのかリストアップしておいた方がおすすめです。私は、①居住地が近い②大卒③職業④年収⑤未婚・子供の有無⑥結婚への意思 を重点的に、あとは好みの顔でさくさく選んでいました。

高身長の男性を条件にマッチング

何人かの男性とお会いしていくうちにまた新たな相手への条件が発生してきます。ちなみに私は身長でした。探しているときは身長なんて関係ないと思っていましたが、何人かの男性とお会いしていくうちに、最低175cm以上でないと恋愛対象外だと気が付いたのです。

条件とメッセージのやり取りだけでは本当にどんな人か分かりません。実際にお会いして、全くイメージと違った方が何人もいました。1番は顔です。写真と違うなんて当たり前です。自分も1番良く見える写真を使用しているのだから当然です。「あれ?写真だとかっこよかったけど…正面からきちんと見ると顎が長い…?」なんてこともありました。

また、実際お話ししてみると、短大卒なのに大卒と学歴詐称をしていたり、メッセージでは紳士的だったのに、夜飲みに行こうと約束したにも関わらず、車で来て、私の自宅まで送るだなんて信じられないことを言い出す男性もいました。

また、会ってすぐに下ネタ連発の男性。彼女ではなく友人を探しているという男性。LINE交換した途端に何故かSNSのアカウント名をしつこく聞き出して来る男性。

1番怖かったのは、「俺達、付き合ってるよね?」と勘違いしてきて、挙句の果てにストーカーみたいになってしまった方でした…。会ったときはとても楽しくて好印象だったのですが、何度か会ってお話しするうちに、やっぱり違う!とフェードアウトしていきました。すると向こうから何度もLINEが…。

もちろん素敵な男性もいました。話をしていて楽しいし、顔も好み、条件もぴったり!私は残念ながら逆にフェードアウトされてしまい、お付き合いまでには至れませんでしたが…。

仕事帰りに居酒屋でデート

デートでは最初の頃は仕事帰りに飲みに行くということを週2~3回行ってたくさんの方と会うようにしていました。お酒があれば初対面でも緊張が解けて楽しくお話しできるかなと思ったのと、平日会うと効率が良いからです。

自分の職場に近いところまで来てくれる男性は、自分に対して結構興味を持っていてくれていると考え、お店は自分が行きたいところを相手に提案して、食事もデートも楽しんでいました。

会ったらまずはお互いのことを話して、そこから共通点を見つけて、また更に深いところまでお話しするというのが流れです。会ったときに必ず聞くようにしていたのは相手の家庭環境です。

私は恋人ではなく、結婚相手を探し求めていたので、遠慮せずに初対面からぐいぐい聞くようにしていました。結婚となると当人同士だけの問題だけではなく、お互いの家族も関わってきますので、本当に大切なことだと思います。相手のご両親が既に介護が必要とか、いろいろな事情がありますので…。

そして翌日にはどんな人だったか、自分はどう思ったかをエクセルにまとめていました。何人もの方とやり取りしていると、訳が分からなくなってしまうので、何かにまとめるのはおすすめです。

2人の男性とお付き合いをすることに

2人の男性とお付き合いすることができました。1人は条件が良すぎたのか、遊び人だったことが判明。お互い連絡を取らなくなり自然消滅。もう1人は自分が焦ってOKを出してしまい、結局相性が合わずお別れを告げました…。

それでも諦めずにアプリを続けて数ヶ月。やはりお酒がなくても楽しくお話しできるのが1番と思い直し、途中からはランチデートへ切り替えました。ランチデート、とってもおすすめです。

まず、その日は夕方に予定があると事前に伝えることが大切です。会ってつまらなかった場合に「あ、予定があるからそろそろ…」と1時間ほどで切り上げられるからです。

もちろん楽しかった場合は2時間ほどランチして、次回の約束を取り付けます。何度かお会いしないと分からないことがたくさんあるので、次回は飲みに行ってがっつりと相手の本音を聞き出します。また会いたいと相手に思わせるのも大事なことなので2時間ほどでさらっと帰るのがいいのです。

そして現在。私事ですが、やっと心から好きだと思える相手に出会うことができて、なんとお付き合いをしています。もちろんwithで出会った彼です。お互い結婚願望があることも確認済みです。彼は初めて「まだたくさん話していたい」と思えた男性でした。

メッセージやLINEのやり取りも楽しかったし、会って話してみると共通点も多くて、気付けば5時間ほど一緒に過ごしていました。

With(ウィズ)を使う人にアドバイス

アプリを始めてたくさんの男性と会い、たくさんの経験をしてきました。何度も心が折れましたが、諦めず続けてきて本当に良かったと思っています。

アプリなんてさくっと出会ってさくっと付き合えるでしょうって思っている方も多いかもしれません。実際私もそう思っていました。ですが、人と人との出会い。ましてや恋愛なんて奇跡に近いことをしようとしているのですから時間がかかって当然です。1年掛かりでやっと前の彼を忘れられるぐらいの素敵な方に出会うことができました。

長く続けるデメリットとして、どんどん下にプロフィールが埋もれてしまって検索されにくくなってしまうというのがあります。

withは定期的に相性診断が開催され、その度に自分と相性の良い人が表示されるので、長く続けていても埋もれず、「いいね」をもらえる回数は絶えません。休会モードもあるので、少し疲れたら休憩することもできます。私も利用しました。

もう嫌だ!と思っても、辞めたら一定期間再登録が出来ないので勿体無いです。休憩をして、落ち着くとまた焦りが出てきてアプリを再開したくなります。

また、今の彼と盛り上がったきっかけの一つでもあるのですが、お互いのプロフィールの共通点が分かるようにもなっているので、話のネタにもなりますし、相性が分かりやすいです。例えば結婚願望があるとか、タバコ吸わないとか。

コミュニティにも参加できますので、好きなコミュニティを検索して、その中から出会うこともできます。合コンや紹介よりも効率良く、料金も安いので、結婚相談所へ駆け込む前にぜひアプリを使ってみて下さい。私の周りも5,6人の子がアプリで出会って幸せになっています。

もちろん、アプリだけでなく合コンや婚活パーティー等を併用するのがおすすめです。

今の時代、待っているだけだと本当に無理です。お互い共通の知り合いもおらず、全く知らない人と出会うので細心の注意は忘れずに。初対面から個人情報を伝えるのは絶対にやめましょう。正しく効率的に自分からどんどん行動して幸せを掴みに行きましょう。