2018年5月24日

【体験談】Pairs(ペアーズ)で100人以上とマッチング!現在はPairs(ペアーズ)で出会った彼と交際中!

私は19歳から29歳まで10年間、一人の人とお付き合いをしていました。遠距離恋愛をきっかけに別れ、しばらく落ち込んでいましたが30歳をきっかけにもう一度彼氏を作ろう!と決心。

ところが、職場は同性ばかりだし、周りは既婚者が多く合コンもないし、街コンは年齢層が若すぎるし・・・と出会いのなさに愕然としていました。そんな時、ネットニュースでたまたま見かけたのがスマホだけでできる「マッチングアプリ」です。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Piras(ペアーズ)を使ったきっかけはFacebook広告

Facebookに広告が出てきたのがPairs(ペアーズ)を知ったきっかけでした。マッチングアプリ=出会い系というイメージもあるなか、Facebook経由なら本人確認ができて信頼性が高そう、と思ったのがPairs(ペアーズ)を選んだ理由です。また、Pairs(ペアーズ)は700万人が利用する国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービスとのこと。実際登録してみると、アクティブユーザーが多かったのに驚きました。

私の住んでいる都心部になると特に多く、細かな希望条件で区切っても、すべての候補者を見るのもひと苦労なほど人数が多く、選択肢の幅があったところがとても良かったです。しかも、女性は、レディースオプションをつけなければメッセージのやり取りもすべて完全無料なのも、嫌だったらすぐやめればいいや、と気軽に登録する理由になりました。

あとは細かいところですが、アプリのデザインが他のアプリにくらべてシンプルかつ、洗練された雰囲気だったのも決め手です。アイコンも、テーマカラーの柔らかいスカイブルーで、スマホ画面上で悪目立ちしないのもダウンロードする後押しになりました。

毎日寝る前にPairs(ペアーズ)にログイン

毎日、寝る前のタイミングに使っていました。

Pairs(ペアーズ)の機能として「ログインタイミング」が分かるので、私はいつも、検索条件の並べ替え順を「ログインが新しい順」にして、なるべく今ログインしている人から見て行くようにしました。

そうすることでリアルタイムなやり取りができるので、相手からのいいね!のお返し率も上がるし、メッセージにもつながりやすくなるのでオススメです。

100人以上の方とマッチング!

女性だったら、いいね!は毎日10名以上は来ます。私も30歳を過ぎていましたが、こまめにログインをしていれば、毎日5~10名前後の方からいいねをもらいました。

いいね!してきてくれる方は様々で、ほとんどが同世代~上下5歳くらいの方でした。たまに父より上の55歳オーバーの方や、逆に20歳の学生さんからいいねをもらうこともありましたが、後が続かない、と思いお返しはしませんでした。

いいね!を返す基準として、下記に気を付けました。

・顔写真が1枚以上ある方

・顔写真に加工(SNOWなど)がされていない方

・結婚に対する意思が同じ方

・Facebookの友達数が極端に少なくない方

・自己紹介文をしっかり書かれている方

自己紹介文は長くなくても良いのですが、しっかりと「よろしくお願いします。」で結ばれていたり、くだけすぎていない文章の方が印象が良く、実際そう言う方は、メッセージと実際の印象が大きく変わる事がなく、人柄的にも素敵な方が多かったように思います。

今までに合計100名くらいの方とお会いしましたが、印象的だった方を上げて行きます。

1人目:Aさん

同い年の32歳、170cm、趣味のスポーツウエア姿に笑顔の写真が爽やかな印象の方。ベンチャー企業を経営されているとのこと。私の勤務先とAさんの会社が近いというのがメッセージで分かって、2往復目のメッセージで「まずはお食事でも」と話がまとまりました。

当日は、先方が決めた和食屋さんで待ち合わせ。私の勤務先に近いそのお店は、間接照明を使ったムードがある半個室で、予約もしてくださっていました。Aさんは時間より前に着いていて、飲み物を頼まずにお水を飲んで待っていてくれていました。ここまでで、さすが経営者で仕事がきちんとできる人なんだなぁという印象。

容姿については、同い年ですが、丸顔なので若く見えるな、というのが第一印象でした。会った瞬間から、伏し目がちですこしぶっきらぼうな感じでしたが、イヤな感じではなく、きっと緊張してるだけなんだろうなと感じました。それは、メニューを決める時にこちらの意見を聞いてくれたり、話をするときもこちらを尊重してくれている感じの口ぶりだからだったと思います。

雑談をして行く中で「同い年ですよね?」という話の流れから、生年月日がまったく一緒とわかり、一気に打ち解けました。笑顔になるととたんに人懐っこい雰囲気になり、とてもいい人なんだろうな、と感じ惹かれるものを感じました。

話は今までの恋愛遍歴に。私は、10年以上付き合った初めての彼氏と別れたばかりだったので、そのことを伝えたところ、相手が少し神妙な顔つきになって、その流れで、実は言わなきゃいけない事があって、と。実はAさんには離婚歴があって、奥さん方に、2人のお子さんがいるとのこと。Pairs(ペアーズ)のプロフィールに記載はありませんでした。

離婚の理由は、当時仕事が忙しくて家になかなか帰れなかったそうなのですが、奥さんは身体が弱くて子育て中に倒れ、実家に戻したら心のバランスも崩し、そのまま帰ってこなくなったということ。別れたあとはBさんもかなり荒れてしまったとのことですが、落ち着いてきたので、もう一度お付き合いする人が欲しい、とPairs(ペアーズ)に登録したとのことでした。

子供がいると言うと引かれることが多かったので黙っていたが、私のことを真面目な子だなと思ったから、言わなきゃいけないと思った、ということでした。

正直に話してくれたことと、子供のことを大切に思っている姿で悪い人ではないんだな、と感じ、その後も数回食事に行きましたが、今後の結婚の事を考えた時に、最初にプロフィールに書いていなかったのがどうしても引っかかってしまい、そのまま自然と連絡が途絶えてしまいました。

2人目:Bさん

4歳年下の28歳、176cm、俳優にいそうな程整った顔立ちの男性でした。Bさんへは、自分からいいね!をさせていただきました。

きっかけは『コミュニティ』。Pairs(ペアーズ)は「趣味」「ライフスタイル」「価値観」のカテゴリーで、自分の興味のある事や趣向のコミュニティをプロフィールに自由に登録することができ、同じコミュニティの人を検索することもできて、とても便利です。Bさんは、私がずっと応援しているアーティストのコミュニティに入っていました。

私はもともと年上の男性が好きなこともあり、年下は通常の検索画面の時に条件から外していたのですが、コミュニティは地域以外の条件は選べず、全員を見る事ができたので、Bさんのプロフィールを見つける事が出来ました。メッセージでやり取りしてみると、なんと数日後にあるそのアーティストのライブに私もBさんも行く事が分かり、早速ライブ後にお互いの友人と一緒に会う事になりました。

待ち合わせの時「きっと写真は奇跡の一枚だよね」と思いながら待ち合わせの場所に行くと、そこにはプロフィール写真よりもかっこいい男性が!話をしてみると、Bさんも付き合っていた彼女と別れたばかりで、趣味の話ができる人とお付き合いがしたいと思ってPairs(ペアーズ)に登録したということでした。

Bさんとは共通の趣味であるアーティストの話で盛り上がり、お互いの友人同士も仲良くなり、その後も何度も一緒に集まってはアーティストに関する情報交換をするようになりましたが、あまりにも趣味が合いすぎて恋愛感情が薄れてしまい、友達となってしまいました。

Bさんと出会ってから3年が立ちますが、未だにライブがある度に皆で集まり地方公演に泊りがけで行ったり、一緒にカラオケをしたり、時には恋愛相談をしたりもする、仲のいい男友達となっています。

3人目:Cさん

3歳歳上の35歳、180cm、少しぽっちゃりした体型が印象的な男性。Cさんは、2ヶ月前に転勤で引っ越してきたばかりの、地方出身の男性でした。この方は、コミュニティにも入っておらず、写真も1枚のみ。

ただ、自己紹介文の所に「転勤してきたばかりなので、この街について教えてほしいです」や「このようなアプリを使うのも初めてなので、不慣れなことがあったらすみません」と書いてあり、文章も丁寧だったので、自分を飾らず出していて正直な方なのだな、と感じました。

Cさんとは、3回目のデートの帰り道「結婚を前提に付き合ってほしい」と言っていただき、お付き合いすることになりました。現在交際中で、一緒に旅行に行ったり、共通の趣味の食べ歩きをしたりしています。両親にも挨拶してもらい、将来のことについても話し合っています。

Pairs(ペアーズ)を使う人へのアドバイス

AさんもBさんもCさんも、職場も居住地も育ってきた環境もまったく違うので、Pairs(ペアーズ)を使わなければ、絶対に一生出会わなかった人たちです。そんな人たちに会って、友人になれたり、恋人になれるなんて、勇気をもって登録して本当に良かったな、と思っています。

マッチングアプリは通常の出会いと違い、まずは文章でのやりとりなので、メッセージを返すタイミングが自分と合うか?や、文字だけだからこそわかる細かな気遣いができる人なのか?など、顔を合わせないからこそ意外と分かることがたくさんあると感じました。

顔を合わせないからこそ外見より内面を見ることもでき、私自身、もともと細身の方が好みということもあり、正直、現在お付き合いしているCさんの外見はまったく好みではありませんでしたが、メッセージ内容の真面目さと、初めてのデートの優しい気遣いに惹かれて、いつの間にか外見も含めてすべてを好きになっていました。

どうしても自分をよく見せたいあまりに加工をした写真をあげたくなりますが、後々につながるためにも、できるかぎり本当の自分に近い写真を上げることは重要だと思います。

また、特に女性は危機管理を持つことも大事です。私は幸せなことに危ない体験はしませんでしたが、相手と何回か会って信頼できる関係になるまでは、自分の家の最寄駅や会社名などは絶対に伝えず、実際に会った時には、しっかりと、メッセージと実際の言動に矛盾がないかを見定めるのも大切です。

ぜひ、条件だけではなく、自分のフィーリングを大事にして、皆様がぜひ素敵なパートナーに出会えることを祈っています!