2018年5月25日

Omiai(オミアイ)の運営ってどんな会社?事業や安全のための取り組みを解説!

Facebookを利用した恋活・婚活の国内最大級のナンバーワンマッチングアプリ「Omiai」。毎日一万組以上の男女がマッチング成立しており、業界最大手のPairs(ペアーズ)と並んで2大マッチングアプリと評されています。2012年2月21日にサービスの提供が開始されたOmiaiは日本で最初のマッチングサービスで、現在累計会員数は250万人にも昇り、なんと累計1190万組がマッチング成立しています!

そんな大人気マッチングアプリ「Omiai」ですが、これから利用してみたいと思っている人も一体どんな会社が運営しているのか気になるのではないでしょうか。今回は、マッチングアプリ「Omiai」の運営会社について説明するとともに、「Omiai」は安全に使えるサービスなのか、徹底解説します!

Omiaiの運営会社はどんな会社?


Omiaiは「株式会社ネットマーケティング」という会社が運営しています。2004年に設立され、今年で14年目を迎えますが、毎年目まぐるしい成長を遂げている会社です。その成長の要因となっているのが根源の事業であるアフィリエイト広告事業の大幅な売り上げとメディア事業である「Omiai」の順調な推移と言われています。近年では創業からのDNAである事業の創出をさらに加速させています。

運営会社が展開している事業

広告事業

株式会社ネットマーケティングで行われている広告事業では、アフィリエイト広告の事業代理店、アフィリエイトエージェントという独自の立ち位置において戦略立案と運営支援を手掛けています。また、運用型広告のプロフェッショナルとして効率的な広告配信を実行するトレーディングデスクサービスを提供しています。アフィリエイトエージェントとトレーディングデスクサービスの2つの領域で、広告主の費用対効果の最大化を行っています。

アフィリエイトサービスについては、パソコン、スマートフォン、あらゆるデバイスに対応しています。この2年半ほどは、特にスマートフォン事業を強化し、票隊の幅を広げています。現在は、アフィリエイト専門事業者からインターネット広告の総合代理店へと成長を図っています。つまり、アフィリエイト広告からの約1件の獲得単価「CPA」(Cost Per Action)だけではなく、アプリインストール課金型広告「CPI」(Cost Per Install)やリスティング広告などからの「CPC」(Cost Pairs Cost)などあらゆる広告効果指標、あらゆるデバイスに着眼した総合提案を行っています。クライアントのニーズに応じては、ASP他社の商品も一緒に提案することもあるそうです。

また、もう一点は、グローバルにおける事業拡大に注力しています。中国マーケットに進出してから10年が経過します。現在では、拠点をアメリカ、韓国、タイ、インドネシアなどアジアを中心に10か国に立ち上げ、開発拠点も日本のほかに中国、ベトナムに開設しています。また、現地法人の立ち上げだけでなく提携や代理店契約を積極的に行い、ネットワークの拡大にも努めています。主には日本企業の海外現地におけるプロモーションニーズを取り込んでいますが、今後は特にスマートフォン広告事業を積極的に展開し、海外現地クライアントの開拓やメディア開拓を進めていく見通しだそうです。

メディア事業

メディア事業では、Facebookを活用した恋愛マッチングプリ「Omiai」を運営しています。2012年2月のリリース以来安心・安全・プライバシーを大切にサービスを展開しています。

Omiaiの運営会社が一度上場企業取り消しになった理由

2015年9月16日に東証マザーズ市場に上場する予定だった株式会社ネットマーケティングの上場承認が東京証券取引所によって取り消されました。上場取り消しの理由については、株価の急落が要因ではなく事業環境の悪化したことと、今期業績に与え得る影響を慎重に確認すべき事項が発見されたことだと言われています。しかし、その後2017年に東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場が再承認されました。

運営会社がOmiaiの安全のためにしている取り組み

年齢・本人確認

Omiaiでは無料会員は年齢・本人確認をしなくても利用することが可能ですが、相手にメッセージを送ることが出来る有料会員は年齢・本人確認が必須となっています。特定の異性にメッセージを送って距離を縮めることは、18歳以上であることが確認できなければ出来ないというわけです。

Omiaiでの年齢・本人確認は、Omiaiにログインしてから運転免許所や懸鼓保険証、パスポートなど年齢を確認することが出来る書類を画像保存し、ファイルをアップロードするという仕組みです。スマートフォンの場合はカメラ機能を使って身分証明書をその場で撮影できるので、あらかじめスマートフォンの中に画像を保存しておく必要はありません。どちらを使った場合でも確認作業は比較的簡単に、短時間で行うことが出来ます。

少し高めの月額料金

Omiaiでは女性は年令確認さえすれば無料で利用することが出来ますが、男性の有料会員は2780円~3980円/月ほどかかります。なお、この男性料金はほかのマッチングアプリに比べると少し高めの設定になっています。しかし、料金が高めに設定されていることで、真剣な恋人探しをする人がかなり多いのがOmiaiの大きな特徴です。

Facebookアカウントが必要

OmiaiはFacebookのアカウントを持っていないと登録することが出来ません。なので、身元が分からないような人は利用できない仕組みになっています。Facebookの交際ステータスが「既婚」「交際中」になっている人も利用できません。これなら危険なユーザーに遭遇する可能性も低く、安心して利用することが出来ますね!また、Facebookのタイムライン上にOmiaini関する投稿がされることは一切なく、さらに、Facebookでつながりのある人Omiaideha表示されないようになっているので、Facebookの友達にばれるという心配もほとんどありません。

業者などの退会処理

Omiaiは安心・安全のマッチングアプリですが、それでも悪質な業者がユーザーの中に紛れている可能性は0ではありません。そこで、運営が24時間体制で悪質業者がいないか監視しています。もし業者が発見された場合には、即時に退会させられる仕組みになっています。なので、一般ユーザーを装った悪質業者に遭遇する可能性は極めて低いといえます。それでも業者のような怪しいと感じるユーザーに遭遇してしまった時には、自分で運営に通報できるようにもなっています!

まとめ

マッチングアプリOmiaiが運営会社についてと、安全のためにしている取り組みについて解説しました。恋人がほしい、結婚相手を探したい、という方はこれをきっかけにOmiaiをはじめてみてはいかがでしょうか!それでは、あなたに素敵な出会いが訪れますように。