2018年5月11日

人気アプリ「Pairs(ペアーズ)」の使い方を徹底解説!登録方法からポイントまで教えます!

皆さんはpairs(ペアーズ)をご存知ですか?pairs(ペアーズ)とは結婚を見据えたお付き合いをするための、ネット上の婚活サービスです。現在、累計会員数600万人以上とも言われる国内最大規模のマッチングサービスになっています。facebookなどで広告されているのを目にした方もいるのではないでしょうか。

しかし、見かけても何となく広告やホームページを眺めるだけで、実際に登録していないという方も多いかと思います。そこで、今回はpairs(ペアーズ)というマッチングサービスが実際にどのようなものなのか、登録方法や料金そして使い方に至るまでご紹介していきます。この記事を参考にしてこの機会にpairs(ペアーズ)を利用してみてはいかがでしょうか。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

Pairs(ペアーズ)の登録方法


では、実際にpairs(ペアーズ)を利用するには、どのように登録をすればいいのでしょうか。ここでは、全く0の状態からpairs(ペアーズ)へ登録が完了するまでの流れを各項目ごとに追っていきます。この手順を見ながら実際に登録作業をしてみましょう。

登録の前に

まず、登録する前にpairs(ペアーズ)の「使い方」を決めましょう。pairs(ペアーズ)では、PCやスマートフォンからそのまま利用することもできますが、アプリをスマートフォンにダウンロードして使うこともできます。アプリを利用する場合は、pairs(ペアーズ)のホームページにある「facebookではじめる」の下部に「Google store」のアイコンからダウンロード可能です。

Facebookでログイン

登録の準備ができたら、pairs(ペアーズ)のアプリを起動、またはホームページを開きましょう。ページ上には「facebookでログイン」というアイコンがあるので選択します。

次に「私の居住地」を記入する欄があるので、居住地を書いて改めて「facebookでログイン」を選択します。ログインを選択すると、今度は「メールまたは携帯番号」と「パスワード」を入力するページへ移動します。ご自身のメールアドレスか携帯番号を入力して、自分でパスワードを設定しましょう。入力が終わると「ログイン」を選択します。

利用規約への同意と各種設定

ログインを選択すると、次は利用規約の同意を行います。書いてある内容で問題がない場合は「pairsをはじめる」を選択します。そして最後に「pairs(ペアーズ)フェイスブックで始める恋愛・婚活・結婚が次の登録情報にアクセスすることが許可されます: あなたの公開プロフィール、友達リスト、メールアドレス、交際ステータス、誕生日、居住地、写真」という表示が出てきたら、「はい」を選択して完了になります。

Pairs(ペアーズ)の使い方

pairs(ペアーズ)の使い方の基本はいたってシンプルです。相手を探す→「いいね」を送り合う→マッチング成立→メッセージのやり取り、といった流れです。そこで、今回はpairs(ペアーズ)を使って相手とマッチングが成立してメッセージを送るまでの流れを説明します。

相手を探す

先の手順通り登録を完了したら、次は相手探しです。pairs(ペアーズ)を始めると、最初にたくさんの異性の写真(アイコン)が表示されています。これが検索ページになります。ページの上部には検索条件を入力する箇所があります。PC版だと「検索条件」、アプリ版だと「どんな相手をお探しですか?」と表記されています。これを選択して自分の求める条件を記入していきましょう。

いいね~マッチ

検索をすると結果の一覧が表示されます。相手のプロフィール写真を選択するとプロフィールページに飛ぶことができます。もし自分と気が合うなと感じたら「いいね」を送ってみましょう。自分が相手に「いいね」を送り、その後相手が自分に「いいね」を送り返して来たら、マッチング成立です。

メッセージ

マッチングが成立して初めて互いにメッセージの交換ができるようになります。ここからがペアーズの本番です。ペアーズは「いいね」を送ったり、相手の写真をみて満足するアプリではありません。メッセージを送信できるようになったら、相手に挨拶を兼ねて自己紹介を送りましょう。自分の好きなものや、相手のどこに興味をもったのか。間違ってもいきなり会おうとしてはいけません。まずは相手を知るところからです。

Pairs(ペアーズ)の料金プラン

pairs(ペアーズ)ではマッチングした後のメッセージ交換は、原則有料になります。プランは最短で1カ月、最長では12カ月になっており、総額では長期プランが高くなっていますが、1カ月あたりの費用では割安になっています。自分に合った期間と費用を見極めて、どのような料金プランで利用するか考えましょう。ここでは、参考までに各プランを男性会員と女性会員に分けてご紹介します。

男性

pairs(ペアーズ)の男性会員は有料でなければ異性とのメッセージができません。そのため、pairs(ペアーズ)で出会いたい男性は、必ず下記の料金プランのいずれかを利用しなければなりません。ちょっと試してみようという方はまず1カ月プランで様子をみるもの一つの手です。ガッツリ恋人を探すぞと固い意志がある方は思い切って12カ月プランでやってみるといいでしょう。

■クレジットカードでの支払い
1カ月プラン:2980円
3カ月プラン:2860円(一括8580円)
6カ月プラン:2380円(一括14280円)
12カ月プラン:1898円(22780円)
■アップルIDでの支払い
1カ月プラン:4100円
3カ月プラン:3933円(11800円)
6カ月プラン:3133円(18800円)
12カ月プラン:2483円(一括29800円)
※Google playでの支払いは1カ月3000円となります。

女性

実は女性は原則無料でペアーズを利用することが可能です。これは運営の戦略ですが、女性の会員数を徹底して増やすことで、自然と男性の会員数も増えると考えているのです。ただ、女性でも課金するオプションは存在します。レディースオプションというものがあり、①オンライン表示を隠せる②メッセージの既読③未読がわかる・初回のメッセージ優先審査など、安心安全にペアーズが利用できるような機能を追加できます。料金については、男性と違い月に2,900円(カード)で、Apple IDだと月に3,500円となっています。

Pairs(ペアーズ)で出会うためのポイント

pairs(ペアーズ)で実際に会うためには、漫然と利用していても難しいでしょう。pairs(ペアーズ)にはプロフィールや写真、コミュニティなど様々なアピールポイントが存在します。これらを上手く活用して、初めて出会えるのです。ここではpairs(ペアーズ)を利用するにあたって、プロフィールや写真など、設定方法のコツをご紹介します。

プロフィール画像

プロフィール画像は相手を探す際に表示されるアイコンにもなるので、第一印象に大きく影響します。解像度が低く顔が分かりずらい写真や、複数人で写っている写真もどれが本人なのか分かりずらくなるので、控えましょう。その他にも異性と写っている写真や、風景など本人が写っていない写真もいい印象を与えません。自分の顔に自信がなくても、ハッキリと分かる笑顔の写真や穏やかな落ち着いた表情の写真がおすすめです。

サブ画像

プロフィール写真以外の写真をpairs(ペアーズ)に掲載する場合は、全てサブ画像として掲載されます。サブ画像は本人のプロフィールページでしか見れないので、プロフィール画像と違い、本人らしい写真を載せることをおすすめします。写真が趣味な人は美しい風景写真、お酒が大好きな人は居酒屋やbarの写真を載せてみましょう。自分を具体的にイメージしてもらうための手がかりになるのです。

自己紹介

自己紹介文はプロフィールページに訪問した人に自分をアピールするものです。自分がどんな人なのか、イメージしやすい様に書きましょう。pairs(ペアーズ)ユーザーにアンケートをとった所、約7割のユーザーが、自己紹介文で趣味が何か気にしているそうです。仕事や恋愛観についても注目度が高いため、趣味・仕事・恋愛観を重点的に記入してアピールしてみましょう。きっとあなたとぴったりの趣味や価値観をもった人と出会えるはずです。

コミュニティ

コミュニティは同じ趣味や価値観を持つ人を探す機能です。参加すると同じコミュニティ内の参加者を閲覧することができます。これにより、自分と近い趣味や価値観をもつ人同士の交流が活性化され、マッチングしやすくなります。また、プロフィールページに参加しているコミュニティが表示されるため、プロフィールを見ている相手に自分をアピールすることもできます。好きな趣味や大事にしている価値観がコミュニティとして存在してる場合は積極的に参加しましょう。

足跡

足跡とはプロフィールページへ訪問したアクセス記録の様なものです。相手のプロフィールページへ訪問すると、かなりの確率で訪問し返してきます。これは自分に興味を持った人に対する興味と捉えて差し支えないでしょう。マッチングする上での大切なポイントは、如何に相手に自分をアピールするかです。プロフィールを充実させるだけでなく、積極的に足跡をつけて自分を知ってもらえる機会を増やしましょう。

1日1回はログインする

pairs(ペアーズ)には、最終ログインの時間が表示されるようになっています。男女に関わらず相手がいつログインしたかという情報は、ユーザーがアクティブなのか否かを見極める重要なポイントになっています。そのため、あまりログインしていないユーザーはメッセージや「いいね」を送る対象から外されることが多いです。そうならないためにも、1日1回はログインしていつでも相手とコンタクトをとれるような状態にしておきましょう。

Pairs(ペアーズ)でメッセージをするときのポイント

ここまででpairs(ペアーズ)のプロフィールの書き方や、相手へのアピールのコツをお話してきました。互いに「いいね」を送り合うとマッチング成立ということになりますが、本番はここからです。次はいよいよ相手とのメッセージ交換が始まります。ここでは、メッセージを送る際の頻度や内容について、参考までにご紹介思案す。

頻度

まず、pairs(ペアーズ)でのメッセージ頻度は、送る内容にもよりますが、最初は1日に1回~2回程度で済ませましょう。というのも、pairs(ペアーズ)のユーザー層で一番多いのは20代~30代の社会人です。平日日中は仕事で忙しく、休みの日は遊びに出かけたりしているでしょう。まだ関係値ができていない内に何通も送ると、面倒な人だと思われてしまします。平日なら20時~21時くらいを目安に1通程度、休日は午前中や夜に1通~2通ほどが丁度いい頻度です。

内容

最初は仕事や趣味の話をするのがベストです。相手はプロフィール上でしか、あなたを知りません。上手く書けなかったプロフィール情報や、細かい話はメッセージで伝えましょう。また、日頃何をしているかという話をして、相手にあなたをイメージしてもらうのもいいでしょう。

絵文字・顔文字

絵文字や顔文字は喜怒哀楽を伝えるのに便利ですが、使いすぎると落着きがない印象を与えてしまいます。pairs(ペアーズ)では結婚などを念頭に利用している人が多いので、最初の頃は無難な顔文字を入れる程度にとどめ、安心感を相手に与えましょう。

最初のメッセージは何を送る?

では、マッチング成立後に相手に送る最初のメッセージはどの様な内容にするのがいいのでしょうか。ここでは具体的な内容について、お話して最後に例文を紹介します。今まさにメッセージを送ろうとしている方は、この記事を参考にしながら書いてみてはいかがでしょうか。

内容

最初にメッセージを送る際に一番気をつけたい点は、相手の興味のある内容を送るということです。自分の自己紹介だけですと、「そうなんですね」で終わってしまうので、まずは相手の趣味や好きなものをプロフィールでチェックした上で、相手のどこに興味をもってメッセージを送ったのか、伝えましょう。また、メッセージの最後には質問形式にして、相手が返信しやすいように配慮し、返信に対しては共感で答えると、会話が続きやすくなります。

例文

メッセージのやり取りをイメージしやすくするために、ここでは具体的な例文を紹介していきましょう。

「はじめまして(^^)いいねを返してくれてありがとうございます。旅行好きというところに興味を持ちました。〇〇と申します。私も旅行が好きで、この前は蔵王にスキーをしに行ってきました。△△さんは最近どこかに行かれましたか?色々と旅行のお話ができればと思います。よろしくお願いしますm(__)m」
「はじめまして。私も旅行好きです。この前は友達と温泉に入りに熱海へ行きました。」
「熱海ですか!私も一度行ったことがあります。海も近いし、いい景色がみれて楽しかったですね(^^)△△さんのおすすめの温泉地とかありますか?ちなみに私は箱根がおすすめですね!」
「箱根はわりと近いし落ち着きます。何度か行きました(^^)以前行った九州の平山温泉ってところは素敵でしたよ」

Pairs(ペアーズ)は相手に自分を伝えて会話を楽しもう

いかがでしたか?pairs(ペアーズ)の使い方から上手くマッチングするコツまで、ご紹介してきました。使い方やアピールの方法で、結果はかなり変わってきます。しかし、アピールしたいあまりに、現実とかけ離れたことを書いてしまっても問題です。普段のあなたをしっかりと相手に伝えれば、きっと素敵な出会いに巡り合えるでしょう。この記事が、あなたとパートナーとの出会いのきっかけになることを願っています。