2018年5月12日

【体験談】合コンより効率的?Pairs(ペアーズ)で2人の女性と出会いました!

社会人になると、どうしても会社と家の往復で、人間関係が会社+α程度になりがちですよね。婚活はしたい、でも出会いがない。そう考えている方々のために、今回は婚活アプリPairs(ペアーズ)の体験談をお伝えいたします。

Pairs(ペアーズ)の特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

合コンより気軽なPairs(ペアーズ)を使ってみた!


私はシステムエンジニアをしていて、休日は音楽活動に明け暮れています。プライベートでは、何度か出会いと別れを繰り返しておりましたが、合コンや婚活パーティで何千何万とお金を支払っていましたので、良い出会いの方法はないかと模索していました。

ある日、Facebookを見ていると、婚活アプリPairs(ペアーズ)の情報が流れてきました。ネットで本当に女の子と出会えるのか正直半信半疑でしたが、アプリを始めてみると気に入った女の子だけにこちらからアプローチできるので、合コンや婚活パーティに行くよりはある程度自分で相手を選べる方が良いだろうと、始めました。

毎日Pairs(ペアーズ)をチェック

仕事やプライベートが忙しくなってきても、いつでも確認ができますので、女の子の検索は仕事の休憩時間や通勤中、寝る前などに毎日見ていました。

年齢や住んでいる場所、体型など細かく条件が設定できるので、ついつい楽しくて色々と検索してみていました。気づいたら5年くらい使っています。

セクシーな女性とマッチング

最初にご紹介するのは、セクシーな東京都在住のAさん。彼女からは「いいね!」を頂いてやりとりがスタートしました。

Pairs(ペアーズ)でのトークの内容

私>初めまして、宜しくお願いします!

A>初めまして!趣味が合いそうだなと思っていいねしました!

どうやら、私が入っていたとあるアニメのコミュニティから来てくれたようです。

私>Aさんもあのアニメ好きなのですか?面白いですよね!

A>ええそれはもう大好きで、○○のキャラクターが××で、、、実は私コスプレが趣味でして・・・・。

私>あー、分かります。あれ衣装の作成本当に大変ですよね。1ヵ月くらいかかったりとか。

A>なぜ分かった。

私>実は過去にコスプレイヤーの彼女と付き合っていまして、、、。笑

A>そこまで理解力があると本当に助かります 笑

何と彼女はコスプレイヤーでした。しかし全く問題の無い私に彼女の警戒心も解けたのか、話がさらに盛り上がります 笑

私>どうですか?近々ご飯でも?

A>いいですよ^^宜しくお願いします。

私>良かったです!お酒は何か得意不得意ありますか?

A>ワインやウィスキーは良く飲みますね。

私>私もです。良かった。じゃあ新宿三丁目に良いお店があるので、そこに行きましょう。

A>わかりました、楽しみにしています^^

あっさりOKを頂きました。やはりコミュニティの力は偉大でした。

新宿のオシャレなバーでデート

新宿三丁目駅近くで待ち合わせです。

私>Aさんですか?

A>どうも初めまして!わー!背が高いですね!

私>よく言われます 笑 Aさんも高いですね!

実は、私は身長187cm、Aさんは175cmというなかなかの高身長同士。出会いからお互いの身長を確かめあい、意気投合してしまいました。そして、今日の目的のお店にやってきました。

私>さて、ワインがお好きということですが、何か好きな銘柄とかあります?私はワインは好きですが銘柄は疎くて。

A>大丈夫!私もです!いつもワインは、適当にお店で見て売っているのを買っています 笑

私>おお!私も同じですよ!いわゆるCDのジャケット買いに似たような感じで、ワインボトルを取り出してカッコいいラベルのワインを見て買っています。

A>そうですよね!安いワインでも意外とおいしかったりして、毎回発見が楽しいです。

私>色々飲まれているんですね^^おつまみはレバーパテにしようかな・・・。

A>さすが分かってらっしゃる!レバーパテにしましょう。

嬉しい事にお酒の好みもおつまみの好みも一緒でした。そのごも会話が弾み、2時間が経ちました。

私>もう1軒いきませんか?近くに良いバーがあるんですよ。

A>いいですね^^行きましょう。

快く同意してくれたAさん。場所を移動して近場のバーへ

私>ここです。

A>わー素敵なお店!私バーはあんまり行った事ないんですよね。

逆に緊張させていないか不安でしたが、楽しそうにしてくれていたので幸いでした。お店に入るとカウンターに通されます。

店員>お酒はどうされますか?

私>私はあのウィスキーで、彼女には好みを聞いて下さい。

A>えーどうしようかな?

店員>甘めやアルコール強めなど色々できますよ。

彼女は店員さんとのやりとりで甘めのフレッシュフルーツカクテルにしたようです。

A>わー!おいしい・・・。こんなにおいしいお酒飲んだの始めてかもしれません。

私>良かったです。バーのお酒は一般的なお店に比べれば高いですけど、その分感動がありますよね。

彼女はバーで飲むお酒をすごく気に入ってくれたようです。

その後、もう1度デートをしましたが、諸事情で交際を諦めることになりました。やむを得ない事情でしたので非常に残念でしたが、良い出会いだったと思います。

ぽっちゃりな女性とマッチング!

次にご紹介するのは、少しぽっちゃりな東京都在住のBさん。優しそうな外見で、800以上のいいねを集めていました。

<トーク>

私>宜しくお願いします。たくさんの人の中から目を留めて頂きありがとうございました。

A>こちらこそ!基本的に頂いたいいねは返すようにしているんですが、メールを返してくれない人も多いですね。

私>そうなんですね。なんでいいねしてきたのか良く分かりませんね。

どうやら800人全員がライバルというわけではないようです。一安心。Bさんはあまりプロフィールが充実していなかったので、Bさんのことをいくつか質問しました。

私>お仕事は何をされているのですか?

B>事務職ですね。

私>部署で言うと経理部とかですか?年度末とか大変そうですよね。

B>そうですね。ちょっと残業多くなりますけど、普段と一緒で大体定時には帰れていますよ。

私>普段はお休みは何をされてるんですか?

B>読書が好きなので、その辺のカフェで読書をしていますね。

私>そうなんですね。本はどういうのをよく読まれるんですか?

B>旅行によく行くので、旅の本をよく読んでますね。

私>そうなんですね。六本木の蔦屋書店とか行った事ありますか?本屋さんとカフェが併設されていて、ゆっくり本を選べますよ。

B>へー!そうなんですね。六本木の蔦屋書店は行った事ないですね。旅行関係の本は結構そろっているんですか?

私>揃ってますね。楽しめると思いますよ^^

B>行ってみたいですね。

私>今度の土日休みとか空いてますか?良かったらご飯ついでにどうでしょう?

B>いいですね、宜しくお願いします。

途中から急展開で、まさかの1日のやりとりで会う事になりました。

トラブルから始まったデート

待ち合わせはもちろん、六本木駅、しかしここでハプニングが!私があまり六本木に慣れていないせいで、待ち合わせ場所を彼女が勘違いしてしまいました。

B>今どこですかー?今私ここにいます!

私>すみません、すぐ行きます!

結局15分程度の遅刻をしてしまいました。彼女は何とか許してくれたようです。六本木の蔦屋書店に向かいます。ここは色々な書籍がおいてあり、また、スターバックスカフェが併設されていることで、ゆっくり過ごせます。2階はCDショップになっており、たまにアーティストがライブをしています。

B>わー!棚いっぱいに旅行の本がありますね!

私>大分品揃えはいいでしょう。特に海外の本が多いですね。今まで行かれた国はありますか?

B>メジャーどころだとオーストラリアですかね?この本楽しそう。

本を見て色々と、お互いの旅行の経験を話しました。気が付くと2時間経過しており、さすがに彼女も疲れてきた様子。

私>カフェで休憩しますか。

B>そうですね。

何だか浮かない顔の彼女。昨日仕事で失敗をして、ひきずっているようです。コーヒーを飲みながら愚痴に小一時間ばかり付き合いました。夕ご飯は事前に彼女に要望を聞いていたので、池袋のお好み焼き屋さんへ

私>このお好み焼き屋はメニューが面白くて、中でもこの唐辛子もんじゃがすごく辛いんですよ。

B>へー、私辛いの結構好きなので自信ありますよ!

ノリノリです。運ばれてくるもんじゃ。色からして異様に赤い。嫌な予感がしました。

B>大丈夫大丈夫、これくらいなら多分いけますよ。

口に次々ともんじゃを運ぶ彼女。数秒後にはやたらと水を飲みだします。

私>大丈夫ですか?

B>・・・・・・

さすがにきつかったようです(笑)そんな感じで楽しい時間を過ごし、その日は別れました。

そのあと2回ほど会いましたが、段々とフェードアウトしてしまいました。なかなかうまくいかないものです。

Pairs(ペアーズ)は出会えるアプリです!

Pairs(ペアーズ)は、支持者も多いかわりに「サクラだらけではないのか」など否定的な情報もネット上にはたくさん見られます。ただ、いい人はいますし、しっかりとメッセージをやりとりできれば出会うことができますし、お付き合いするということもできます。

みなさんもPairs(ペアーズ)で素敵な恋愛を見つけていきましょう!登録料は無料です!