2018年5月15日

with(ウィズ)を使ってみたけれどマッチングしない!原因と対策を徹底解説!

2015年の9月に開始されたマッチングアプリ「with」。株式会社イグニスが制作しており、20代などの比較的若い世代を中心に多くの支持を集めているコンテンツです。まだ開始されてからあまり時間が経過していないアプリということもあり、会員数をグングン伸ばしているまさに今旬のマッチングアプリともいえるでしょう。

あの超有名メンタリストのDaiGoさんがプロデューサーを務め、心理学や統計学を駆使した今までにない雰囲気のマッチングアプリということでも注目を集めており、最近始めたという方も多いのではないかと思います。しかし、始めてはみたけれどなかなかマッチングしない…という方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、どうしたらwithでマッチングしやすくなるのか、徹底解説します!

withでマッチングしない原因

プロフィール写真

あなたはどんなプロフィール写真を使っていますか?もしかしたら、適当に選んだような写真を使ってしまっているのではないでしょうか。プロフィール写真は、個人の第一印象として一番に相手の目に届く部分です。見た人を「会ってみたい!」と思わせるような渾身の一枚を使いましょう。

しかし、盛りすぎの自撮り写真やプリクラなど、実物と大きくイメージがかけ離れているような写真はNGです。そういった写真は、見る側も何となく「実物とは違うのかもしれないな…」と分かってしまうので、マッチングを避けてしまう人が多いようです。とにかく自然な写りを心がけましょう!

また、後ろ姿や風景など、顔が写っていないような写真であったり、横顔や顔の一部しか写っていないような写真だとなかなかその人の雰囲気がイメージしづらいので、マッチングしないという人も多いです。どうしても、全く見た目が想像できない人と会うのは不安になってしまいますよね。このように、withでマッチングしづらいという人は、一度自分のプロフィール写真を見直してみてはいかがでしょうか。

自己紹介文が簡素または長すぎる

あなたの自己紹介文はどれくらい書いていますか?自己紹介文は、簡素すぎるとその人個人の情報があまり入ってこないため、見る人を惹きつけにくくなります。また、同時にどこか冷たいような印象も与えてしまうかもしれません。自己紹介文はある程度考えて、自分がアピールしたい内容をしっかり書きましょう。

だからといって、長すぎる文章は読む人を飽きさせてしまいます。長すぎる自己紹介文を見ただけで読む気になりにくいという人もいるかもしれません。自己紹介文の中で伝えたいことがたくさんありすぎるあまり、つい長くなってしまうという人もいるかと思いますが、見る側が読みやすい程度の長さでとどめておきましょう。

あまりログインしていない

あなたはどれくらいの頻度でwithにログインしていますか?withでは、自分がいつログインしたのかが他のユーザーに分かるような仕組みになっています。なので、実はプロフィール写真や自己紹介文を見て気になっていたという相手でも、あまりログインしていないと「そんなにwithを使っていないのかな…」と考え、マッチングに至らないという場合が多いようです。マッチングしたいのならなるべく頻繁にwithにログインし、withを使っていますよ!とアピールするようにしましょう。

自分からいいねを送っていない

withの利用者は、いいねが送られてきた相手のプロフィール写真や自己紹介文をしっかりと見るという人が多いようです。自分のことをいいねしてくれた相手って、どうしても気になってしまう時がありますよね!マッチングしたいなら、いいねされるのをひたすらに待つだけではなく、気になる相手には自分からいいねしてみましょう。

マッチングするためにしたいこと

積極的に足跡を残す

自分のプロフィールを見てくれた人がいたら、自分もその人のプロフィールを見に行くという人が多いようです。マッチングするためには、まず気になる相手の視界に入らなければいけません。なので、気になるユーザーを見つけたら積極的に足跡を残すようにしましょう。何度も何度も足跡を残していれば、「この人いつも見に来てくれているな…」と気にかけてもらえるかもしれません。

アクティブユーザーにいいねを送る

あまりwithを使っていない人よりは、頻繁にwithにログインしているような人にいいねした方がマッチングしやすいです。このようなアクティブユーザーは、誰が自分にいいねしてくれたかよく見ているので、いいねするだけで目に留まりやすいです。withをたくさん使っているユーザーがいたら要チェックです!

自分らしさが伝わる自己紹介文を書く

自己紹介文は、一番自分をアピールできる場です。他の人と同じような文章を書いているだけでは、見る人の印象に残りにくいかもしれません。逆に、他の人とは違ったような内容が書かれている人って、少し気になってしまいますよね。せっかくの自己紹介文なのですから、精一杯の自分らしさを出しましょう。自分らしさが伝わるような文章は、自然と人を惹きつけます。

プロフィール写真を変更する

プロフィール写真を変えると、「あれ?この人写真変えたな…」と自然に目が行くことが多いです。また、何枚もその人の写真を目にすることで最初に見たときとは違った印象を受けたり、新たな魅力を感じることができたりするかもしれません。そこまで頻繁に変えすぎるのはあまりよくないですが、一定の期間が経ったら一度プロフィール写真を変えてみるのも良いかもしれません。

グループに入るとマッチング率が高くなる?

現実の出会いでも感じることはあるかと思いますが、共通の趣味があることで距離が縮まりやすいのは間違いないですよね。withでは、趣味が共通の人たちで集まり、グループを作れるという機能があります。最初にプロフィールを登録する際に入力した情報をもとに、自分に合いそうなグループを自動で表示してくれるようです!間違ったこう情報を入力してしまったという人でも、後からカテゴリー検索で自分に合ったグループを見つけることができます。

こういったグループに入ると、共通の趣味がある異性と出会いやすくなります。同じグループに入っているというだけで、親近感も生まれやすいです。同じグループの参加者からプロフィールを閲覧されやすくなる傾向もあるみたいです。なので、少しでも気になるグループがあったら入ってみると良いかと思います。また、グルメ系や映画鑑賞のグループ、ドライブ好きのグループなどに入ると、デートへの布石を打ちやすいかもしれませんね!

このように、グループに入ることで、共通の趣味を持つ異性とマッチングする確率はグンと上がります。

マッチング率を上げるには有料会員の方がいい?

まず、withを使う上で男性ユーザーは全員有料会員です。しかし、VIP会員という制度があり、毎月払うお金に2800円多く支払うことで更なる特典を受けることができます。VIP会員になると、毎月のいいねの数が30個から50個に増えたり、検索上位に表示されやすくなります。まさに特別待遇です。これなら毎月2800円も多くお金を支払うだけあって、マッチング率も上がりそうですね。VIP会員は、期間限定で無料で登録できてしまうキャンペーンがやっていることもあるみたいなので、そのようなキャンペーンの最中に登録するのが得策かもしれません。

まとめ

このように、withでなかなかマッチングしない原因はいくつか考えられます。しかし、マッチングしやすいように対策することだってできるんです!withを始めてみたけれどマッチングしない、と悩んでいる方はそのまま何もせずに待っているだけではなく、とりあえず自分から何か行動することが大切ですよ!それでは、あなたに素敵な出会いが訪れますように。