2018年4月27日

お見合いバーってどんな場所?気になる客層や料金を徹底解説!

「お見合いバー」とは何かご存知でしょうか?最近、新しい婚活の場として話題になることが多い「お見合いバー」ですが、実は気になっていたという方も多いのではないでしょうか。今回は、「恋活バー」や「カップリングバー」、「シングルスバー」、「婚活バー」ともいわれる「お見合いバー」について、そもそも「お見合いバー」とはどのような場所なのか、安全に利用できるのか、気になるお店のシステム、料金、客層、利用するときのポイントなどを徹底解説していきます!

お見合いバーとは


近年、ますます急増する未婚率を背景に「婚活」のツールは多様化し、世間から多くの注目を集めています。現在はお見合いパーティーや合コンなどの定番の方法だけにとどまらず、様々な方法で男女の出会いを探すためのイベントが開催されています。

そして、最近人気が急上昇しているのが、美味しいお酒を嗜みながら出会いを探す「お見合いバー」です。「お見合いバー」は、落ち着いた雰囲気のバーでお酒を飲みながら、出会いを探している異性同士で気軽にコミュニケーションが取れる新たなスタイルの婚活なんです。

独身である男女が恋人や結婚相手を探す場所であるということから「シングルスバー」と呼ばれることもあります。出会いを求めるための場であるということは他の婚活と変わりはないのですが、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと話をするということに重点が置かれているため、軽い気持ちで訪れるナンパのような浮ついた雰囲気が全くないのも大きな特徴です。今までの婚活よりも1ランク上の大人の婚活が楽しめるようですね。

お見合いバーと相席居酒屋の違い

会員登録の有無

20歳以上ならだれでも入ることができる相席居酒屋とは異なり、お見合いバーの多くはまず会員登録しないと入ることが出来ないというところが多いです。また、会員登録の際には身分証のほかに会社の名刺を提出しなければなりません。

なので、お見合バーの会員登録の審査に通過するのは比較的難しく、無職の人は男女ともに利用できないようになっています。しかし、その分セキュリティもしっかりとしていて会員の人の職業も判明しており、会員の質が全体的に高いので、危険な人や怪しい人が利用している可能性は極めて低いです。これならほかの婚活に参加するのが不安だったという人も安心して参加できそうですね!

サービス利用料金

婚活パーティーや合コンはほとんどの場合女性も参加料金がかかりますが、お見合バーの料金は女性が無料または低価格で、男性が女性の分の飲み物の料金を支払います。この点は相席居酒屋と同じシステムです。

ドレスコード

お見合いバーは「カジュアルすぎる服装はNG」など、ドレスコードが設けられています。そこまで厳しく規定されているわけではありませんが、ジーパンやビーチサンダルなどのあまりにもカジュアルすぎる格好は避けた方がいいです。また、女性の場合は過度な露出もNGとされているところが多いです。多くのお見合いバーでは男性客はスーツ姿、女性客はワンピース姿の人が多いようです。

お見合いバーの客層年齢層

お見合バーには、年齢制限が設けられているところもあります。年齢制限の幅は、女性が20歳~35歳、男性が20歳~40歳程度までというお店が多いです。学生は入れるお店と入れないお店があります。婚活が目的というだけあって若すぎる人は多くないようです。

女性は20代半ば~、男性は30~くらいの結婚適齢期の人が多く利用しています。また、お酒の場なので夜に適していることもあり、お仕事帰りのサラリーマンやOLの参加率も高いそうです。そして、男女比は2:8で女性が多いです。女性客が無料ということもあり、女性の利用者はかなり多いので、男性客は出会いを見つけるうえで有利になる場合が多いかもしれませんね!

お見合いバーは一回どれくらい料金がかかる?

前述したように、女性客は無料または低価格で、男性が女性の飲み物代を支払うシステムです。そして、男性客がお見合バーで支払う1回分の料金の相場は1万円~2万円で、かなり高めに設定されています。

料金が安く利用できるところはナンパ目的など真剣な婚活を目的としない人が大半になってしまうので、会員の質を求めるなら料金が高いのも仕方ないですね。また、女性は無料で利用できるのでお得ですが、その分規則が設けられています。女性は2時間以上滞在しないと無料にはならないのです。

この規則を守れば無料で利用できますが、2時間未満の滞在になってしまうとペナルティーとしてテーブルチャージ料と飲み物代を支払わなければなりません。もし、訪れた日に好みの男性がいなくても男性客が少なかったとしても2時間以上必ず滞在しなければいけないんです。

お見合バーの料金は、男性客は比較的高く、女性客は条件付きで無料というシステムをとっています。

お見合いバーを使う時に気を付けたいポイント

ドレスコードを守った服装

前述したとおり、お見合バーにはドレスコードが設けられている場合があります。もし来店客の服装がその店のドレスコードにふさわしくないと判断された場合は入店することができません。また、途中で退室を促されてしまう場合もあります。お見合バーのドレスコードはそこまで厳しく設定されていないことが多いですが、比較的フォーマルな服装で行くことをお勧めします。

アルコールは適度に

お見合バーはお酒を嗜みながらも自分に合ったパートナーを探すというコンセプトで作られた場なので、ほとんどの人がお酒を飲んでいるでしょう。しかし、お酒が飲めなくてもお酒を飲むことを無理に強要されることはなく、ソフトドリンクも用意されています。

お酒がどうしても苦手だという人や、車で来ている人も安心して楽しめるシステムですね。また、お酒を楽しむ場だからといって飲みすぎて酔っぱらってしまわないようにしましょう。出会いを探すための場所で初対面の人たちの前で酔いすぎてしまうのは、自分自身を制御できない、だらしがない人だと思われてしまうかもしれません。お酒は適度に楽しむようにしてください。

初めてで不安な時はお店に問い合わせてもいい?

初めての利用で不安な時は遠慮なくお店に問い合わせてみましょう。どんなことでも温かく対応してくれることかと思います。

まとめ


いかがでしたか?新たな婚活のスタイルとして定着しつつあるお見合バー。ここでは、いままでの婚活より一層質の高い大人な出会いが期待できそうですね!敷居が高めの出会いの場なので、参加するのに少し抵抗があるという人もいるかもしれませんが、お見合バーではたくさんの男女が気軽にコミュニケーションを取りながらお酒を楽しんでいます。

普段は口下手でなかなか一歩が踏み出せない、という人でもアルコールの力を借りることで緊張しすぎてしまうということもなくスムーズに出会いを探すことができるかもしれませんよ。

お酒を飲む場所なので、ルールを守りながら大人としてのマナーに気を付けて利用しましょう。1ランク上の婚活がしてみたい人は、ぜひ一度お見合バーに訪れてみてはいかがでしょうか?それでは、あなたに素敵な出会いが訪れますように。