2018年6月5日

【徹底検証!】Matchbook(マッチブック)で本当に出会えるのか、1ヶ月間本気で取り組んでみた

皆さん、こんにちは!マッチミー編集部の町田です。

私の『マッチングアプリ1ヶ月間本気で取り組んでみた』シリーズ第三弾です。with(ウィズ)Pairs(ペアーズ)では実にたくさんの女性と出会うことができました。

今回はマッチングアプリの一つであるMatchbook(マッチブック)を使って、本当に女性に出会えるのか検証していきたいと思います。私がMatchbook(マッチブック)を1ヶ月使ってみた感想なども交えながら使い方や活用術についてご紹介していきます。

まずはこのシリーズを読むのがはじめて方のために、私の簡単なプロフィールをご紹介します。

マッチミー編集部、町田のプロフィール

年齢 :28歳
身長/体重 :172cm/68kg
住所 :東京(渋谷区)
仕事 :営業(渋谷区)
年収 :380万円
趣味 :お酒
見た目 :中の下

ちなみに上のイラストは自分でも笑ってしまうほどソックリです。特徴も取り柄もなく、学生時代は根暗であまり発言しないタイプです。しかしそんな私も女性とヤリたいモテたいと思う気持ちは他の男性と変わりません。毎度のことながら今回も本気で取り組んでみたいと思います。

なぜMatchbook(マッチブック)にしたのか?

なぜ今回Matchbook(マッチブック)を選んだかと言いますと、無料会員時にかなりの確率でマッチングが成立したからです。これは出会いに期待できるのではと思い、有料にて使ってみることにしました。

今回使うマッチングアプリMatchbook(マッチブック)について

Matchbook(マッチブック)は、リクルートの子会社ニジボックスが運営している婚活や恋活を目的としたマッチングアプリです。

Matchbook(マッチブック)の特徴としては、会員数が少ないネット上の出会いに抵抗がある女性が多いというのが特徴です。会員数は「東京在住」、「23歳〜32歳」、「最終ログイン24時間以内」という検索で、681人の女性しかおりませんでした。ちなみにwithは6,000人、Pairsは16,500人と比べ、圧倒的に少ないです。

またもう一つの特徴であるネット上の出会いに抵抗がある女性が多いというのを顕著に表しているのが写真です。見ていただければわかりますが、Matchbook(マッチブック)の女性は顔写真がない女性が多くいます。彼女たちに話を聞くと「恥ずかしい」や「悪用されそう」と言っていました。そのようにアプリの出会いには興味があるけど、アプリでの出会いに不安を抱えている女性がたくさんいるということだと思います。

あなたが顔写真のない女性にいいねをしないのと同様、他の男性も顔写真のない女性に対していいねを送りません。そのため彼女たちは写真を表に出さないことからなかなかいいねが来なく、一度いいねを送ればかなりの確率でマッチングします。

このように私はMatchbook(マッチブック)での戦略を他のマッチングアプリとは変え、意外にもたくさんの可愛い女性と出会うことができました。それではMatchbook(マッチブック)の攻略法についてお伝えしていきます。

Matchbook(マッチブック)の料金プラン

まずは料金プランについて見ていきましょう。Matchbook(マッチブック)では4つの料金プランがあり、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月と期間別でプランが用意されております。有料会員ですと、1ヶ月3,980円から購入が可能です。

Matchbook(マッチブック)は会員数が少ないことからあまり長期的に使うアプリではありません。もし検討されている場合は、まず1ヶ月で購入してみることをオススメします。

Matchbook(マッチブック)はこんなあなたにおすすめ

Matchbook(マッチブック)は、他のマッチングアプリを使って成功しなかった方に大変オススメと言えます。なぜなら、Matchbook(マッチブック)には控えめな女性やネットでの出会いに抵抗がある女性が多くおり、王道であるPairsやwithなどでは出会えない女性がまだたくさん残っているからです。他の男性は顔の写っている女性を選ぶ人がほとんどのため、他のアプリではこのような女性は選ばれません。そのリスクを背負って良いねをすることができれば、可愛い女性に出会えるチャンスがかなりあるアプリだと言えます。

実際に私も何人か顔写真のない女性とマッチングしましたが、顔写真のない女性の中には可愛い人も何人かいました。そのため他のマッチングアプリで女性と巡り合うことができなかった方でも、チャンスのあるアプリと言ってもいいでしょう。

またMatchbook(マッチブック)は競合である男性会員も少ないです。メッセージに自信がない方でもマッチングすれば比較的容易に出会うことができます。女性の人数は多くないですが、初心者やモテない男性には非常に易しいアプリと言えるでしょう。

Matchbook(マッチブック)の使い方

では、早速Matchbook(マッチブック)の使い方についてみていきましょう。

プロフィールを設定しよう

※ブラウザ版のMatchbook(マッチブック)のプロフィール欄です。

まずはプロフィールの設定についてです。

プロフィールの設定は、アプリを起動しホーム画面に右下にある『・・・』というボタンをタップします。そこから左上にあるプロフィールの設定をタップをすると、プロフィール画像や自己紹介などの設定ができます。

ここでは基本プロフィール、詳細プロフィール、自己紹介などの項目が編集できますので、すべての項目を入力するようにしましょう。また、プロフィール画像は上限なく設定することができます。あなたの特徴や性格、顔がわかる写真を10個程度は載せるようにしましょう。

※基本的にはすべて埋めましょう。

他のアプリ同様自己紹介文やプロフィールは充実していればいるほどマッチング率が上がりますので、プロフィールにはこだわるようにしましょう。

いいねをしよう

虫眼鏡のボタンから女性を探して、いいねをしましょう。どのアプリにも共通していえますが、女性からのいいねはないと思ったほうがいいです。女性からいいねを送るのはかなり勇気がいることなので、興味ある女性にはあなたからいいねを送るようにしましょう。また、Matchbook(マッチブック)のいいねは女性会員が少ないのでなくなる心配はいらないので、良さそうな女性には片っ端からいいねを送るようにしましょう。

今回は顔写真がない女性にいいねをすることが重要です。顔が写っていて可愛いと思う女性はもちろんですが、顔が写ってない女性もいいねを送るようにしましょう。のちに写真のもらい方や、可愛くなかったときの逃げ方などについて説明しますのでご安心ください。

マッチングをしたらメッセージを送ろう

Matchbook(マッチブック)ではだいたい半分くらいはマッチングします。そして返信も高い確率で返ってきますので、ここから会いたい人を絞っていきましょう。

Matchbook(マッチブック)の良いところが女性会員は非常に前向きに会おうとしてくれることです。何通かやり取りをしたら、ほとんどの女性が会ってくれますので、メッセージやLINEに入ってから写真を見せてもらい、最悪の場合は丁寧に断りを入れて、キャンセルするぐらいの姿勢で臨みましょう。

町田の1ヶ月間の成果を公開!

では、実際に私町田が1ヶ月間Matchbook(マッチブック)でどれだけの女性と出会えたかについてお伝えします。

・対象期間(30日間)
・いいねを送った数 101名
・いいねをもらった数 31名
・マッチング数 69名
・LINE登録数 15名
・会った人数 7名
・二回目以降のデート数 4名

また、会った女性7名の経歴を言うと、
・29歳 美容室受付(香里奈似)
・28歳 保育士(広末涼子似)
・27歳 銀行受付(清楚系)
・26歳 キャビンアテンダント(真矢みき似)
・28歳 美容部員(上の下くらい)
・25歳 食品会社企画(堀北真希似)
・28歳 アパレル広報(道端アンジェリカ似)

といった女性とお会いすることができました。

しかもMatchbook(マッチブック)で出会う女性の特徴としては、かなりの確率でヤレるです。私が会った女性7名の内、5名とヤることができました。

恐らくこのような出会いの場で顔を出していないということは、男性経験が少ないのかと思います。そのため一度出会った男性とは関係を崩したくないと考えるようで、お家に誘っても躊躇なくついてくる女性が多くいました。

Matchbook(マッチブック)を使う時に工夫したこと

では、私がMatchbook(マッチブック)を使うにあたって工夫したことについて7つお伝えいたします。マッチングアプリにはそれぞれに特徴などがあり、どのようにすればマッチングが増えるかも変わってきますので注意しましょう。

①プロフィールはこだわる

他のアプリ同様、プロフィールはなるべく詳しく記入しましょう。Matchbook(マッチブック)の場合は、優しい男性であることがプロフィール文から出ていれば、マッチング率が上がります。優しい男性だということをアピールできるような文章にしましょう。

②いいねはとりあえず年齢だけ絞り全員に送る

※全員にいいねを送りました。

Matchbook(マッチブック)では、女性会員が少ないため、年齢やログインしている期間だけを絞りいいねを上から送るようにしましょう。後のマッチングしたときに好みでない女性はメッセージを徐々に送らないようにしていけば問題ないので、まずはたくさんの女性にいいねを送るようにしましょう。もちろん、顔写真があり、あなたのタイプでない女性に対してはスルーして問題ございませんが、今までいいねをしなかった顔が写ってなかった人にもいいねを送るようにしましょう。

③メッセージは質問で終わるようにする

Matchbook(マッチブック)の女性は控えめな女性が多く、ちょっとでも会話が続かない、面白くないとすぐに返信が来なくなってしまいます。女性が興味のある話題をあなたから提供するようにしましょう。また返信が来なくなったと思ったら定期的に「最近忙しい?」や「元気−?」などこっちから再度連絡をしてみましょう。そうすると何人かに一人は返事が返ってきて会える確率もグッと上がるでしょう。

④メッセージの途中で写真をもらおう

※簡単に写真をもらうことができました。

メッセージをしているときに『顔みたいな(^^)』などと言って、写真をもらうようにしましょう。もちろんそのときは強要してはいけません。『こっちの写真送るから』や『もうちょっとやり取りしてからでも良いよ』と優しさを出しましょう。Matchbook(マッチブック)の女性は恥ずかしがりなだけであなたを信用すれば、徐々に心を開いていきます。約8割くらいの女性はメッセージの中で、写真を送ってくれました。

また写真が仮にタイプでなかったときは、その女性には申し訳ないですが、徐々にメッセージを送る頻度を下げて行きましょう。気づいたらメッセージが返ってこなくなったくらい徐々にやっていくことで、相手を傷つけにくく終わらせることができます。

⑤会うことが約束されたらLINEに誘導する

会うことが約束できたら、LINEに誘導しましょう。LINEに誘導することにより飲み会をキャンセルされる確率が下がります。またLINEでやりとりをすることにより女性の信用もかなり高まるため、相手が嫌がらなければLINEに誘導するようにしましょう。

⑥会うことが約束された後も会話を続ける

どのアプリでも同様ですが、合うことが約束された後でも会話を続けるようにしましょう。
男性は会うことが約束されてしまうと満足してしまいますが、女性は会うことが目的ではなくあなたを知ることや自分を知ってもらうことが目的であり、あくまで会うことのはその過程です。

そのため、会うことが約束されても会話は続け、女性に興味があることを示すようにしましょう。

⑦足あとが付いた女性はマッチング率が高いのでいいねを送る

※好みの人にはいいねをおくりましょう。

他のアプリと同様ですが、足あとが付いた女性はあなたに興味を持っているということです。積極的にいいねを送るようにしましょう。またMatchbook(マッチブック)では、モテない女性が多いため、足あとがたくさん付きます。

以上が私がMatchbook(マッチブック)を使う際に意識してみたことです。

Matchbook(マッチブック)はマッチングしたら、比較的容易に合うことができます。そのため、他のアプリを使ってみて『メッセージが苦手な方』や『なかなかマッチングしない人』に大変オススメだと言えます。

実際にマッチングアプリを使ってみるとあなたなりの発見があるかと思います。あなたの特徴や性格に合った自分なりのカスタマイズをしてみましょう。

Matchbook(マッチブック)は他のアプリで出会えなかった人におすすめ

さて、今回はマッチングアプリMatchbook(マッチブック)を使って実際に女性に会えるのかについて検証いたしました。

私の見解としては、他のマッチングアプリで出会えなかった人にオススメだと思います。実際に何の特徴もない私が7名の女性に出会え、5名の女性とヤれたというのは、他のアプリでははあり得ませんでした。

皆さんももしマッチングアプリを使うことを検討しているようであれば、ぜひMatchbook(マッチブック)を使ってみることをおすすめします。