2018年9月14日

ハッピーメールで現金収入!?マイレージの換金の方法について徹底調査!

ハッピーメールは男性と女性でルールが異なることはご存知でしょうか。男性はポイントを購入してメッセージのやり取りやプロフィールの閲覧を行いますが、女性はほぼ無料で全ての機能を利用することができます。

また、ハッピーメールでのマイレージは女性限定で現金化することができます。今回はハッピーメールを行う上で、あまり知られていないマイレージについてご紹介していきます。

ハッピーメールの特徴・料金・評判・攻略方法はこちら!!

ハッピーメールのマイレージとは


ハッピーメールのマイレージとは、マイページにあるMPと表示されているポイントを指します。男性の場合だとポイントを購入する際にマイレージポイントがついてきますが、男性はマイレージポイントを換金することができない仕様になっています。マイレージを現金化できるのは女性会員のみなのです。男性会員の場合はマイレージポイントをハッピーメールのポイントへ置き換えることが可能です。

1マイレージポイントは1ポイントとして換算されます。女性の場合は一定数以上貯めた場合に換金ができます。詳しくは後ほどお話しますが、女性の場合は男性と違いポイント購入以外でも、異性とメッセージのやり取りなどをするだけでマイレージポイントが付与されるのです。

マイレージの貯め方

では、実際にマイレージポイントを貯めるためには何をすればいいのでしょうか。

メールレディ

代表的なマイレージの貯め方に、メールレディという方法があります。これは実際に男性にメッセージを送り、やり取りを重ねることでマイレージを貯める方法です。女性は男性にハッピーメールのメッセージを送信すると、1通辺り2マイレージポイントを獲得することができます。男性との会話を盛り上げれば、自然とメッセージの往復は続くので、メル友の様な関係性を複数同時に行いましょう。

テレフォンレディ

テレフォンレディは、ボイスメッセージのやり取りでマイレージポイントを稼ぐ方法です。先ほど紹介したメールレディよりもハードルは高くなりますが、ポイントが高いので効率的にマイレージポイントを貯めることが可能です。

ボイスメッセージはかけ放題プランで30マイレージポイント/1分、フリーダイヤルで20マイレージポイント/1分です。ハッピーメールでいきなり電話をするユーザーは少ないですが、相手と良い関係を構築できれば十分可能です。メールレディから仲良くなってテレフォンレディへ発展させるのも一つの手ですね。

掲示板

ハッピーメールは不特定多数のユーザーが閲覧できる掲示板への書き込みも可能です。女性の場合は掲示板に書き込んだ内容について、返信があった場合、マイレージポイントが貯まります。

1回の返事につき1マイレージポイントが付与されます。メールよりも非効率的と思われるかもしれませんが、多数のユーザーから返事がくる可能性も高く、場合によってはメッセージよりも効率がよくなります。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ユーザーが所有するブログなどの宣伝媒体でクライアントの宣伝や広告を行い、報酬を貰うものです。ハッピーメールのHP(PC版のみ)で左側にある「アフィリエイト」を選択すると、専用のURLが発行されます。

このURLをブログなどに貼り付けて宣伝を行います。このURLからハッピーメールへ訪問をして会員登録を行った場合に、キャッシュバックがあります。報酬は最大で5,500円分になるので、他のマイレージ換金と比べて少ない工数で成果を得ることができます。デメリットとしては、紹介が0人では報酬も0という点です。

マイレージの換金方法

まずハッピーメールへログインを行います。ログイン後に「マイレージ」を選択して「現金振り込みへ交換」を選択します。すると、振り込み先の入力フォームへ移動するので、そこで振込先を入力して「送信」を押します。これで申請が終了します。

マイレージポイントを換金するには3000ポイントからとなっているので、3000ポイント以下だと換金は不可能です。もし3000ポイント貯めていた場合は、換金申請の手続きを行うことができますが、換金する場合はweb版でしかできません。アプリ版では申請ができないので、間違えないようにしましょう。

振り込みにかかる期間・手数料

振込の手数料についてはハッピーメールが負担するので、ユーザーは原則無料です。ただ、振込先口座を間違って入力してしまっていた場合に情報を訂正して再度振込をお願いすると、手数料が発生します。金額にして1,400円にもなるので、振込先を登録する際には十分に確認をして入力しましょう。

振込先の登録が行われると、いよいよ現金の振り込みが行われます。振り込みの締め日毎週の火曜日になっており、翌日の水曜日が振り込み日です。年末年始など金融機関の手続きが行われない期間を挟む場合は前後するので、留意した上で振り込みの確認を行いましょう。

指定できる金融機関

指定できる金融機関はほぼ全てと考えて良いでしょう。全国の銀行・ネットバンク・信用金庫・ゆうちょ銀行口座に対応しています。安心してご自分の口座を登録して振込手続きを進めましょう。

換金の審査に通過するポイント

アフィリエイトやマイレージポイントを貯めて、いざ換金するという時、全てのユーザーに対して換金が行われる訳ではありません。実は換金する「審査」が存在します。ここで言う審査とはローンなどの審査ではなく、ハッピーメールできちんと利用規約を守って利用しているかどうかの審査です。

では、利用規約を守って個人で利用しているユーザーも、運営の審査が通らず換金されないという事態になるのでしょうか。そこは安心してください。審査ではサービスを利用する上できちんとマナーが守れているかどうかがポイントになります。この記事で、自分の利用状況を確認した上で審査に臨めば問題はありません。

複数アカウントは使用しない

これはfacebookなどのSNSにも言える話ですが、一人のユーザーが複数のアカウントを利用することは原則禁じられています。ハッピーメールも同じで、1人につき1アカウントです。審査の際に複数アカウントに利用が判明した場合、利用規約違反として振り込みが行われないということがあります。それに加えて強制退会処分というペナルティがついてしまいます。振込云々の前にハッピーメールが利用できなくなります。複数アカウントの利用はやめましょう。

ネットで拾ってきた画像は使わない

ハッピーメールでは、アダルト画像の評価によってマイレージポイントが貯まります。凄くいい評価で20マイレージポイント、いい評価で10マイレージポイントです。しかし、これはあくまで自身が撮影したオリジナル画像でなければなりません。ネット上でアダルトな画像を拾って掲載してしまうと、不当にマイレージポイントを稼ぐことができてしまいます。それを防ぐためにネットで拾った画像を使っている人は審査に落ちるのです。

掲示板に大量に書き込まない

掲示板に大量に書き込みをすると、多数のユーザーの目に留まりやすくなります。ハッピーメールでは換金はあくまで附属サービス的な立ち位置になります。それを換金目的・営利目的で利用すユーザーが増加しないようにしています。掲示板に大量に書き込みをすると、営利目的の書き込みとみなされます。本来掲示板は出会いのきっかけとして設けられているので、それを阻害するユーザーは換金の審査に落ちてしまうのです。

ハッピーメールでは稼げるのか?

ここまで、主にハッピーメールのマイレージポイントと換金の方法についてお話をしてきました。マイレージポイントの貯め方には色々な方法があり、アフィリエイトも含めるとお金を得る手段としても使えそうな気がしてきますね。しかし、ハッピーメールの運営は営利目的の利用を強く禁止しており、あくまで換金は利用する中の「おまけ」でしかないのです。

実際に換金しようとしても、3000マイレージポイント集めなければ、現金にはなりません。メールの送信で2マイレージポイントですから、1500通のメールを送らなければならず、ボイスチャットやアフィリエイトもお駄賃程度にしか活用はできないでしょう。

マイレージを貯める・換金するときの注意点

マイレージを貯める、換金するには様々な注意点があることをこれまで説明してきました。男性ユーザーはマイレージポイントは換金できず、女性の場合は3000マイレージポイント以上で初めて現金化できます。換金には審査があるので、ここで営利目的なのか判別されるのです。まとめると注意点としては次の2点です。すなわち①現金化できる最低ポイント数(3000マイレージポイント)、②現金化の審査(営利目的の利用禁止)です。これらをクリアできる人は躊躇せず現金化を行いましょう。

サービスの目的を的確に捉えた利用を

ハッピーメールで現金収入は得られるのか?そして稼げるのか?そう思ってこのページを読んでくださる人もいたでしょう。しかし残念ながら結果はノーです。理由としては運営の方針がそもそも営利目的での利用を推奨していないので、ポイントの配分や規約から儲けられない設定になっているからです。ハッピーメールでは現金は「おまけ」程度に考えながら、純粋な出会いを楽しむことをお勧めします!