2018年4月24日

Pairs(ペアーズ)で好感度が高い女性のプロフィール写真ってどんなの?

現在日本と台湾で700万人が利用する恋愛・結婚マッチングアプリ「ペアーズ」。これまでに累計5600万組の男女がマッチングしており、その多くが結婚、交際に発展しています!「ペアーズ」はいわゆる出会い系ではなく、恋活・婚活のクリーンなイメージで絶大な人気を集め、真剣な恋人探しの場として世間に広く浸透しています。

そして、ペアーズの利用者としての大事な第一印象は「プロフィール写真」ではないでしょうか。相手を探す中で女性のプロフィール写真、男性はよく見ているんです!実際にペアーズでは写真の良し悪しで「いいね!」の数が全く違ってきます。

今回は女性の利用者がどんなプロフィール写真を使ったらより多くの男性の支持を得られるのか、徹底解説します!

ペアーズ女性のNG写真とは?

SNOW・プリクラ

プロフィール写真で一番大切なことは、一目でどんな女性なのか判断できるものであることです。最近流行りのSNOWなどの加工アプリやプリクラで、女性の写真写りが実物とかなり違ったものに見えるということは男性もちゃんと知っています。

ですので、SNOWやプリクラで「可愛い!」と思っても、実際に会ってみたら全く違う顔の人かもしれないな…と躊躇してしまう男性がほとんどのようです。できるだけ可愛く写っている、盛れている写真を使いたいという気持ちはわかりますが、ここはSNOWやプリクラではない普通の写真を使いましょう。

アップすぎる

アップすぎて顔がすべて写っていないような写真です。目元だけ写っている写真や顔半分しか写っていない写真をプロフィール写真に使っている女性をよく見かけますが、先ほど書いたSNOW、プリクラと同じように実物の雰囲気が掴みにくいため避けた方が良さそうです。

わざわざ顔の一部しか写っていない写真を使っているということで、実際見たらこの写真よりは劣るんだろうな…と男性に思わせてしまいます。しっかりと顔の全体を写した写真を使いましょう。

画像が荒すぎる

画像が荒すぎると顔の内容をしっかり判断することができません。プロフィール写真はものすごく高画質な写真でないといけないというわけではありませんが、せめて顔ちゃんと判断できる程度には画質の良い写真を使いましょう。

顔が写っていない

男性が付き合う女性を探す中で当然女性の見た目は重要なポイントになってきます。見た目をそこまで気にしないという男性であっても、顔も知らない雰囲気も掴めないような女性とはなかなかマッチングしたいとは思いませんよね。

プロフィール写真に自分の写真を載せておくことで、男性が一目でその人がどんな人かわかりやすくなりますし、実際に会う時の不安もなくなることでしょう。ペアーズでは顔写真の掲載は必須ではないのですが、出来ればやっておいた方がいいです。

異性が写っている

出会いを探す場なので、異性と一緒に写った写真を載せるのは絶対にNGです。一緒に写っている異性が彼氏などの関係ではなくただの友達であっても「遊んでいる」「チャラそう」という印象を与えてしまうかもしれません。ここでわざわざ異性と写った写真をプロフィール写真にする必要はないでしょう。

ペアーズで女性がメイン写真を撮るときのポイント

笑顔が一番!

誰しも笑顔の写真は一番魅力的に見えるものです。男性も笑顔が素敵な女性はそれだけで気になってしまうみたいです。笑顔で写っていると、「明るい性格なのかな」「一緒に過ごしたら楽しそう」と良い印象を与えることができます。プロフィール写真には暗い表情ではなく笑顔の写真を使うのが一番です!

自然光で明るく

女性は自然光の中で撮った写真が一番魅力的に見えるのを知っていますか??電機などの人口の光をたくさん当てて写真を撮るよりも日光の自然な明るさで撮った方が何倍も可愛く見えるんです。また、暗いところで撮った写真はそれだけでその人自身も「暗い人」というような印象を与えてしまうので注意です。

人に撮ってもらうと◎

自撮りでキメ顔の写真をプロフィール写真にしている女性も多いですが、男性は自撮り写真が盛れるものだということを分かっています。ですので、可愛く撮れている写真であっても「自撮りだから可愛く見えているだけかも…?」と思われてしまう可能性があります。よって、人に撮ってもらった写真の方が実物そのものな自然な感じがして好感度が高いようです。

自分一人が写っている写真にする

友達とのツーショットなどを使っている女性もたまに見かけますが、これだとどちらが利用者かわかりにくいです。わざわざ「右側のほうです」などと説明しなければいけない手間を省くためにも自分一人が写っている写真を使った方が良さそうです。

サブ画像の選び方

メインプロフィールの写真は相手の目を惹くための写真、サブ画像は自分の良さを伝える写真です。ここでおすすめのサブ画像の選び方をいくつか紹介します。

趣味や旅行の写真

なにか趣味がある人はサブ画像で趣味をアピールしましょう。プロフィールで「趣味は○○です」というよりも一目で趣味を伝えることができます。同じ趣味を持つ男性と出会えた時、ここで一気に会話も弾むことでしょう。

ペットの写真

ペットの写真をサブ画像にしている人は、ペットを可愛がっているという愛情が感じられ、温かい家庭を作っていけそうだという印象を与えることができて◎です。また、同じ動物を飼っている人や同じ動物か好きだという人とはその画像がきっかけに会話が弾みそうですね!

料理の写真

男性は交際相手、また結婚相手を探すうえで「料理上手である」ことを強く要求する人が多いです。ここでサブ画像に自分の手料理の写真を載せれば「料理ができる女性」であることをアピールできます。下手でも料理画像をアップするだけで家庭的な印象を与えることができるのでおすすめです!

このように、サブ画像は飾らない自然さ、充実感をアピールできる写真であることが大切です!付き合ったら楽しそうだな、一緒に暮らしたら幸せになれそうだな、と思わせられるような写真にしましょう。

顔写真を載せたくないときはどうする?

先ほど説明したように、ペアーズを利用するうえで顔写真を載せることは重要なことです。ですが、中には「不特定多数の人に自分の写真を公開したくない」「外見に自信がない」「中身を重視して選んでほしい」などの理由で顔写真を掲載することに抵抗があるという女性もいるかと思います。

実際に、ペアーズはほとんどの人が顔写真を載せていますが、絶対に顔写真を載せないといけないというわけではなく、載せてない女性もいます。では、顔写真を載せたくない女性はどうすればマッチング率を高めることができるのでしょうか?

プロフィール写真は、自分の雰囲気が伝わるような写真を選ぶ

男性の中には、顔がよく認識できなくても全体な雰囲気がわかればよいという人もいます。ですので、自分がどういう人間か雰囲気が伝わる写真を選びましょう。たとえば、遠くから全身を写した風景の写真や、後ろ姿の写真。また、顔の一部を手や自分の好きなもので隠すような写真もありです。

それも嫌だという人は、自分が勝っているペットや好きなぬいぐるみなどの写真も可愛らしい印象を持ってもらえそうです。このように、顔写真でなくても雰囲気や人柄を伝えられるような写真でも問題ありません。

まとめ


プロフィール写真は自分を知ってもらうツールです。適当な写真にせず、しっかり考えて選びましょう。自分をアピールする場としてうまく活用できれば素敵な出会いも期待できるのではないでしょうか!それでは、あなたが素敵な相手と巡り合えますように。